30代が持つべきメンズビジネスバッグ5選!選ぶときの注意点も紹介!

30代のメンズビジネスバッグは、機能性も気にしつつ、大人なデザインを選ぶ必要があります。

「バッグはなんでもOK!」は、できれば学生時代まで…遅くても20代前半までです。

今回は、30代が持つべきメンズビジネスバッグや、選ぶ時の注意点をご紹介します。

30代がメンズビジネスバッグを選ぶときに気をつけること

では、具体的にどのようなことを気を付ければいいのでしょうか。

ビジネスバッグを選ぶポイントを、4つにまとめました。

1.置いても倒れない「自立型」

営業先や商談で、置いたらへたるビジネスバッグを持っていくと、それだけで悪い印象になります。

中の書類が折れるかもしれませんし、バッグも汚れやすくなり、何よりだらしなく見えます

特に、取引先の人と接することが多い仕事の場合、自立型のビジネスバッグを選ぶことをおすすめします。

見栄えが良いだけではなく、型崩れがしにくく、長年使えるものが理想です。

2.「素材」にこだわる

ビジネスバッグを選ぶ上で、ビジネスシーンに合う素材を選ぶことも大切です。

  1. こまめに手入れができるか
  2. 外回りか(外出が多い)
  3. 高級感があるデザイン

主に確認すべき点は、この3つになります。

普段、どのようにバッグを扱うかで、素材を選んだ方が後悔しにくいです。

では、素材についてもう少し詳しくご説明します。

①ナイロン

出展:サムソナイト

ナイロンは、軽くて手入れがしやすく、比較的安いのが特徴です。

種類も豊富で、ポケット数が多いブリーフケースや、ノートパソコン用の仕切り付きなど、ナイロン製が主流。

雨に強いのも、メリットの1つです。

ただし、型崩れしやすく、長い時間太陽光に当たると、変色する恐れがあります。

②合皮(合成皮革・フェイクレザー)

出展:目々澤鞄

布地に合成樹脂を塗って作られる合皮は、水を弾くため、手入れの簡単さが特徴です。

本革に近い質感なので、革風のビジネスバッグを、安く手に入れたい人に向いています。

ただし、劣化しやすいデメリットがあり、長くても2~3年程度で買い替えが必要になるでしょう。

③本革

素材の風合い・高級感を楽しみたい人なら、本革がおすすめです。

他の素材と比べても、丈夫・長持ちするメリットがあります。

タンニン鞣(なめ)しされた革を選べば、使うほど味わいが増していく「エイジング」が楽しめますよ。

ただし、天然皮革は高価で、重量があるものが多いです。

外回りなど、バッグを持ち運ぶ機会が多い人には、ショルダーにもできる2wayタイプにしましょう。

本革は手入れが必要

出展:Amazon

先ほどご説明した通り、革は”手入れをすれば10年以上使える”と言われています。

ただ、手入れ方法を間違えたり、サボったりすると、トラブルが起きて質を下げてしまうのです。

革製品は、その上品な見た目やしなやかさで、「大切に使おう!」と思う人もいれば、「手入れが面倒…」と感じる人もいます。

まず、手入れに使う道具は何か、手順はどうするのかなど、基礎とポイントを押さえましょう

それを踏まえた上で、素材選びをすると良いですよ。

3.「用途」を確認する

普段、どんな仕事道具を持ち運ぶのかによって、ビジネスバッグのタイプも変わってきます。

どんなビジネスバッグにするか迷う人は、まず用途を確認してみましょう。

中には、出先でバッグを使い分けている人もいます。

①外回り営業:軽量タイプのビジネスバッグ

出展:IKETEI ONLINE

バッグを持ち運ぶことが多い職種の人は、1㎏くらいの軽量タイプがおすすめです。

大容量タイプや本革のバッグは、どうしても重くなってしまいます。

長時間持ち運ぶとなると、その分体力が削られてしまいがち。

ナイロン素材や、革と組み合わせたバッグなら、比較的軽めになっています。

②人と会う:口が閉まるファスナータイプ

「取り出しが楽だから」という理由で、口が開いたタイプのバッグを持つ人がいます。

自分が使いやすいバッグを使うのは良いことですが、人と会う仕事をしているなら、少々見直した方が良いでしょう。

なぜなら、ぐちゃぐちゃしたバッグの中身が見えたら、お互い気まずい雰囲気になるからです。

そのため、ファスナーで開け閉めできるタイプがおすすめ。

ただし、安物のバッグだとファスナーの滑りが悪い物があるので、買う前に滑りを確認してくださいね。

4.バッグの「色」は職場に合わせる

昔から、ビジネスバッグの定番カラーといえば「黒」でした。

しかし最近は、ネイビーや茶系のバッグを持つ人も増えています。

お堅い職業に勤めている人は、黒が無難でしょう。

明るめの茶色は、カジュアルな印象が強く、スーツと合わせづらいかもしれません。

職種によっては、ネイビーや暗めの茶色がOKの場合もあります。

クリエイティブな職種・私服勤務OKなら、明るめの茶色も十分似合います。

30代におすすめ!メンズビジネスバッグ人気ブランド5選!

自分がどんなビジネスバッグを選びたいか、イメージしやすくなってきましたね。

では、30代男性が持つべきビジネスバッグの、人気ブランドを紹介していきます。

1.Orobianco(オロビアンコ)

出展:ACE

オロビアンコは、イタリア・ミラノで創設されたブランドです。

取っ手に付いている、イタリア国旗のリボンが印象的。

オロビアンゴのビジネスバッグは、「使い勝手の良さ」と「万人受けするデザイン」が魅力です。

2way・3wayタイプがほとんどで、ファスナーポケットも充実しています。

出展:ACE

値段は3~6万円で、セール品になると2万円台のビジネスバッグも販売されています。

店舗数も多いので、現物を直接確認できるのもメリットの1つです。

  • Orobianco(オロビアンコ)の公式サイトは、こちらから。

2. Felisi(フェリージ)

出典:フェリージ

イタリアの小さな街・フェラーラで、若い女性の趣味がきっかけで人気が出た、世界的ブランドです。

フェリージは主に、ナイロン生地のバッグの人気が高く、高品質のナイロンを使用しています。

そのため、頑丈でやぶれにくいのに、軽いのが特徴です。

値段は、5~10万以上と決して安くありません。

しかし、品質が良く、軽いことから「30代のビジネスマン」を中心に、高い支持を得ています。

  • Felisi(フェリージ)の公式サイトは、こちらから。

3.STEFANOMANO(ステファノマーノ)

出展:STEFANOMANO

2004年にスタートした、新しいブランドです。

1974年創業のガスプコム社が展開しており、イタリアでの完全生産なのが特徴です。

ステファノマーノは、シンプルなデザインで、機能性・使い心地を重視した作り

それが、ビジネスマンの間で人気となっています。

出展:STEFANOMANO

特に、本場イタリアの高級タンニンレザーを使用した、レザーバッグの評判が高いです。

値段は、4~10万以上と幅広い価格設定なので、自分に合ったレザーバッグが見つかります。

  • STEFANOMANO(ステファノマーノ)の販売サイトは、こちらから。

4.土屋鞄製造所(ツチヤカバンセイゾウショ)

出典:土屋鞄製造所

1965年に、ランドセルの製造から始まった土屋鞄製造所。

今では、世界的に有名な日本レザーブランドになりました。

1つ1つ職人が手作業で作られるレザーバッグは、機械でできない繊細(せんさい)な作りになっています。

革ならではの「使いこむほど手放せなくなるバッグ」を、手に入れたい人におすすめです。

値段は、5~20万円と幅広く、レザーバッグを長く愛用したい人はチェックすべきブランドでしょう。

  • 土屋鞄製造所の公式サイトは、こちらから。

5.GOLD MEN(ゴールドメン)

出展:楽天市場

2011年に、日本で誕生したばかりのゴールドメン。

低価格ながら、海外ブランドに負けない高品質なバッグを展開している、今大注目のブランドです。

ナイロンの7倍の強度の”コーデュラナイロン”と、本革を合わせて作ったビジネスバッグが一押し製品。

撥水性・耐久性が高く、内ポケットの数もたくさんあります。

出展:楽天市場

値段は、1~7万円とお財布に優しい価格設定なのも魅力的です。

「あまり予算はかけられないけど、安っぽいバッグは嫌。」という人におすすめです。

  • GOLD MEN(ゴールドメン)の公式サイトは、こちらから。

30代のビジネスバッグ選びは”見た目と機能性”を重視!

出展:Yahoo!JAPANショッピング

30代におすすめの、メンズビジネスバッグブランドをご紹介しました。

スーツや靴ばかりに目が行きがちですが、ビジネスバッグにこだわるのもデキる男の必須条件です。

ぜひ、30代らしい素敵なビジネスバッグを見つけてくださいね!