ワニ革・概要

ワニ

エキゾチックレザーの代表格として人気があるのがワニ革です。近年では加工技術が発達し様々なカラーやデザインの商品が存在しており、圧倒的な存在感がある革素材です。

しかし現在需要に対して供給が追いついておらず、希少価値をさらに高めていますが、その要因としてワニの成長スピードが上げられます。ワニ革として使用できる大きさになるまでに最短で3年ほどかかり、さらに卵を産めるまでの親ワニになるまでには10年ほどかかるのです。ワニの成長にはとても時間が必要になるため、供給に間に合わなくなっているのです。

ワニ革は価値が高く、高級ブランドでもバッグや財布、ベルトなどに使用されています。

*エキゾチックレザーとは、家畜として飼育された動物から供給される皮革でない、希少動物からえられる皮革のこと。

参考記事 【ワニ革】クロコダイル 特徴・手入れ方法
クロコダイル・概要 [caption id="attachment_792" align="alignnone" width="300"]...

ワニ革・特徴

ワニ革

美しく高級感のある雰囲気を楽しめる高級革素材として使われています。使うほどに独特な光沢がでたり、変化する風合いを楽しむことができるため、長く使う楽しみがある革です。

各種特徴・製造方法

クロコダイル

クロコダイル
出典;バリ島ハンター

ワニ革の中でも最高級の価値のある革です。野生のクロコダイルは条例に保護されているため、流通しているクロコダイルはほとんど養殖です。

クロコダイルはワニの種類により4つに分けられ、それぞれ革の特徴が違うため好みが分かれるところになっています。

クロコダイルの特徴や手入れ方法

アリゲーター

ミシシッピワニ
出典;1分で読める!!「違いは?」

アリゲーターといえば、ミシシッピワニや揚子江ワニが有名です。主にアメリカのルイジアナ州、フロリダ州などの沼や河川などに生息しており、養殖生産も大規模に行われています。

紳士用バッグや紳士鞄などの大型製品にも広く使われています。

ポピュラーなワニ革

アリゲーター
出典;クロコファンショップ カウディ

比較的供給量が安定しており、価格が他のワニ革に比べると安くなっています。ワニ革としては、「クロコダイル」よりも、若干ハリが弱いと評価されていますがポピュラーなワニ革ではあります。

穿孔がない

ミシシッピワニや揚子江ワニには穿孔がないため、アゴ部分以外のウロコにはクロコダイルのように小さな穴はありません。

*穿孔とは、感覚器官のこと。

カイマン

カイマンワニ
出典;TRANSIT

中米の沼や河川、南米の北部・中部に生息地しているワニ目アリゲーター科のワニで、カイマンワニ、石ワニとも呼ばれるワニの革です。

背中と腹の両方のウロコ部分に硬い骨のような物質があり、革をなめしても綺麗にならないため脇腹部分の革をと主に利用されます。

強度が高く水にも強い

カイマン
出典;革CROCODILE MANIA

ワニ革の中での評価は低くみられていますが、カイマンワニ革は、強度が高く、水や傷にも強いレザーです。

肚ワニ

胆ワニ
出典;MUUSEO SQUARE

ワニの皮の割き方により、名称が異なります。ワニのお腹(胆)のウロコを活かすために背中部分を割いた革のことを胆ワニといい、柔らかな質感が特徴です。

近年では肚ワニが主流となってきており、べべクロコという細かく均等なキレイなシボがある肚ワニは高級とされています。

よく使用されるのは、スモールクロコ・ラージクロコ・ナイルクロコ・シャムクロコ・アリゲーターです。

*べべとは、仏語で赤ちゃんという意味。
*シボとは、革表面のシワのこと。

背ワニ

背ワニ
出典;MUUSEO SQUARE

胆ワニとは逆に、背中のウロコ模様を活かすために腹部分を割いた革のことを背ワニといい、ゴツゴツした質感が特徴で見たままのワイルドな魅力がインパクト大きいです。

またウロコの硬さで呼び名が変わり柔らかいウロコは「玉符」、硬いウロコは「竹符」といいます。

よく使用されるのは、スモールクロコ・ナイルクロコ・シャムクロコ・アリゲーターです。

型押し

一見ワニ革と思える製品も、金属のプレス機を使って牛革に型押しした製品も多く出回っています。見分け方を知り、騙されないようにしましょう。

    • 表記を確認する。

製品に付いている表記を確認する癖をつけましょう。ワニ革であれば、「クロコダイル」「ワニ革」などと表記されています。「牛革(プレス機)」と表記されている製品は、ワニ革ではありません。また、「革」「レザー」としか表記されていない製品には注意が必要です。

    • ドットを確認する。

クロコダイルの革の斑には、ドットの模様があり斑の中に穿孔と呼ばれる点のような模様が見えます。製造過程で見にくくなっているものもありますが、よく目を凝らして確認してみましょう。

    • お店の人に聞く。

信頼のおけるお店を1つは作っておくことも大切です。そのようなお店なら店員さんに聞けば教えてくれます。ネットショッピングでは実物を見ることもできないので、気になった時にはメールや電話をして確認しましょう。

手入れ

汚れたと感じたら柔らかい布で乾拭きとブラッシングをするのが基本です。オイルやクリームを使って手入れをする場合は、専用クリームなどを布に取りかるく磨いて汚れを落とし保革しましょう。クリームを使ったあとは更にエキゾチックスプレーで保革や防水、ツヤ出しを行っても問題ありません。最後に柔らかい布で乾拭きして手入れは完了です。

ワニ革も水に弱いため、濡れた時には乾いた布で優しく拭き取るようにしましょう。熱にも弱いため、ドライヤーや直射日光で急いで乾かそうとするのは厳禁です。

またクローゼットなどの中に放置しているとカビの原因となります。湿気が少なく、直射日光の当たらない場所で保管しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です