HushTug NOTE レザー 革財布の黒ずみを落とす方法一覧!革製品の手垢・汚れ落とし手入れ

革財布の黒ずみを落とす方法一覧!革製品の手垢・汚れ落とし手入れ

革財布の黒ずみを落とす方法一覧!革製品の手垢・汚れ落とし手入れ

2020年11月16日

使えば使うほど味が出てくる革製品。中でも手帳や財布、iPhoneケースなど手にする機会が多いものは、その変化のスピードもかなり早いです。

いい感じに味が出るのなら問題ありません。しかし、中には常に気になってしまう黒ずみや汚れもあると思います。

今回は、自分でできる革製品の汚れの落とし方と手入れ方法について紹介します。

革財布などの黒ずみ・汚れの原因は?

革財布やパスケースなど、手で持つ革製品はいつの間にか黒い汚れが目立っていることがあります。

その原因とは一体何なのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

黒ずみは手垢や油分が元凶!

出展:Amazon

普段手にすることの多い革製品は、目に見えなくても手垢や汚れが蓄積していきます。その中に含まれる油分が付着して、徐々に色が濃くなってしまうのです。

また、摩擦により革表面のワックスが剥がれ、より汚れやすくなってしまいます。

隙間などにホコリが溜まると、革の劣化に繋がるのです。1日の終わりに柔らかい布で軽く拭き取ってもいいほど、日々のケアが大切になります。

オイル・クリームの塗りすぎにも注意

出展:Amazon

革に艶を出すために、オイルやクリームを試したい気持ちは分かります。しかし、革本来の艶を育てるためには保革に必要な量で十分なのです。

オイルを塗れば柔らかくなって耐久は増しますが、塗りすぎるとそれがシミになる恐れもあります

間違った方法で黒ずみや汚れを促進させないように気をつけましょう。

水に濡れたまま放置はNG

革製品は水に塗れると、革に含まれる油分が抜けていきます。その結果、シミになったり硬化したりすることがあるんです。

特に普段使いの革製品は天候の影響を受けやすいので、購入時に防水スプレーを使用するのがおすすめですよ。

created by Rinker
Collonil(コロニル)
¥2,410 (2020/11/24 21:58:33時点 Amazon調べ-詳細)

もし水に濡れてしまったら?

出展:Amazon

濡れた範囲がどのくらいか冷静に確認し、適切な対処をとってください。

  1. 濡れた部分を、乾いた布ですぐに拭きましょう。
  2. 全体的に濡れてしまった場合は、荷物を全部出して中にキッチンペーパーを詰めます。
  3. 風通しのいい日陰で干しておきます。
  4. 完全に乾いたら、革の油分を補うためのクリームを塗って完了です。

キッチンペーパーは吸水性が良いですし、型崩れを防げます。キッチンペーパーがなければ、清潔なタオルでもかまいません。

同じ効果で新聞紙が挙げられますが、インク汚れがつくかもしれないのでご注意ください。

基本的な革財布の手入れ方法

基本のメンテナンスの方法を紹介します。

れは2-3か月に一度意識して行う時の手入れの方法です。

  1. 財布の中身をすべて出す。
  2. ブラシを使って外側、内側と全体的にブラッシングして汚れを取り除く。
  3. ファスナーやボタン、カードケースなど凹凸がある所はブラシで丁寧に埃などを取り除く。
  4. 汚れが取れない場合は専用のクリーナーを使って汚れを落とす。
  5. 乾拭きをして革財布を落ち着かせる。
  6. 全体に栄養クリームをつける(水分と油分の補給/乳化性のクリームなどがオススメ)
  7. 全体にクリームが行き渡ったら、余分なクリームを拭き取り乾燥させる。
  8. 防水スプレーを少し離して(30㎝位)全体に掛ける。

革財布のメンテナンスのポイントは、栄養クリームを塗る前にしっかりと汚れを落とすことです。

財布はファスナーや縫い目部分、コインを入れる事で凹凸が出来やすいので埃を取り除くのが難しい場合も。

きちんと革財布の状態を整えてクリームを塗るようにしましょう。

また、余分なクリームはせっかく綺麗にした財布にシミをもたらす原因になります。

塗りすぎないように注意し、塗った後は忘れないで柔らかい布で拭き上げましょう。

革製品の手入れに必要な道具6つ

革製品の手入れに必要な道具は、

  • ブラシ
  • 柔らかい布
  • クリーナー
  • 艶出しクリーム
  • 乾燥防止クリーム
  • 防水スプレー

この6つです。

全て取り揃えるのがベストですが、お手入れの頻度や用途によっては無くても構わないものも。

例えば、普段の手入れにはブラシと柔らかい布があれば十分ですが、2-3ヶ月に一度の特別なメンテナンスには他の道具も有れば便利です。それぞれの道具について、順番に詳しくご紹介していきます。

汚れや埃をとるブラシ

馬の毛でできたブラシが、革製品の汚れを取るブラシとして使われています。

シューケア用品として売られている事も多い商品です。

力を入れすぎないように注意しながら、全体にサッとブラシをかけて汚れやゴミを落とします。

created by Rinker
M.MOWBRAY (M.モゥブレイ)
¥5,940 (2020/11/24 21:58:34時点 Amazon調べ-詳細)

乾拭き用の柔らかい布

出典:ショップ – 楽天市場

革財布のメンテナンスに使う柔らかい布は、使わなくなったTシャツなどでも良いですが、革製品のメンテナンス用品としてポリシングクロスという名前のコットン製のクロスが販売されています。

毎日のお手入れの基本として、使ったあとに乾いた布でサッと乾拭きをしてあげましょう。

乾拭きだけでなく、栄養クリームを伸ばしたり余分なクリームを拭き取ったりする時にも使えるため、ストックしておくと便利です。

created by Rinker
Collonil(コロニル)
¥440 (2020/11/24 21:58:35時点 Amazon調べ-詳細)

汚れを取り除くクリーナー

ブラシや乾拭きで取れない汚れや埃などを落とし綺麗にする事ができます。

強くこすりすぎると色が落ちたりキズの原因になることもあるため、軽くなでるようにして使います。

仕様するのは汚れが目立つ時だけで充分です。

初めて使用する場合は、目立たない場所で試してから使用しましょう。

※クリーナーは消しゴムで代用することも可能です。

created by Rinker
Collonil(コロニル)
¥880 (2020/11/24 21:58:35時点 Amazon調べ-詳細)

革に栄養を与え、乾燥を防ぐクリーム

 

出典:香久山鞄店

2-3ヶ月に一度の手入れの際に、革に栄養を与え乾燥を防ぐクリームを塗ります。

ゴミや埃を落とし革の状態を整えてから、柔らかい布にクリームを取り、薄く革全体に広がるように塗りましょう。

created by Rinker
columbus(コロンブス)
¥1,699 (2020/11/24 21:58:36時点 Amazon調べ-詳細)

革の艶を出すクリーム

出典: 楽天市場

革財布に使われている革の種類によっては、栄養クリームだけでなく艶が出るようなオイルを使うことがあります。

また、使っているうちに色や艶を楽しむエイジング(革の経年変化)を早く実感したい時にもおすすめです。

仕上げの防水スプレー

メンテナンスが終わったら防水スプレーをかけます。

革製品のメンテナンス用品は革靴をはじめ、ジャケットなどにも使う事が出来るため、ひとつ持っていると安心です。

最近は100円均一のお店で購入できるものも出てきています。

created by Rinker
Collonil(コロニル)
¥2,500 (2020/11/24 21:58:37時点 Amazon調べ-詳細)

 

革財布の黒ずみ汚れの落とし方

出展:Amazon

いくらメンテナンスをしていても、ちょっとずつ出てきてしまう黒ずみ汚れ。メンテナンス方法は、その度合いや汚れによって変える必要があります。

注意しなければいけないのは、革はデリケートということです。目の粗い布や硬い布を使うと、革を痛める原因になります。

また、間違った手入れで黒ずみや汚れが増すこともあります。汚れの程度ごとの落とし方をしっかりと確認していきましょう。

用意する4つの道具

出典;JODHPURS

簡単なケアでは取れないほどの黒ずみになっている場合は、以下のものを用意します。

  • クリーニングスポンジ
  • クリーニングブラシ(使い古した歯ブラシでも可)
  • クロス(柔らかい布、切ったTシャツなどでも可)
  • レザー用ソープ
created by Rinker
M.MOWBRAY(M.モゥブレィ)
¥990 (2020/11/24 21:58:39時点 Amazon調べ-詳細)

黒ずみ汚れの落とす手順

出展:Amazon

黒ずみ汚れを落とすための手順は6ステップです。作業に入る前に、中身を全て取り出しておいてください。

ステップ1:表面に水を付ける

クリーニングスポンジを使用して、革製品全体を濡らします。全体が均一に塗れるように丁寧に作業していきましょう。

均一に塗れていないとムラが出る原因になり得るので注意してください。

ステップ2:革全体にソープを付ける

革用ソープをクリーニングスポンジにつけてよく泡立てます。できるだけ細かい泡を作ると汚れが落ちやすくなりますよ。

そして、スポンジで作った泡を全体に乗せていくのです。

ステップ3:革の汚れを落とす

革用ソープの泡を使用し、ブラシで円をかくようにしながら革全体を軽くブラッシングしていきます。
強くこすりすぎると革を傷める原因になるので優しく行いましょう。

ステップ4:泡を拭き取る

全体を軽く磨けたら、クロスで表面の泡を拭き取ります。
革用ソープには皮革の潤いを保つ成分が入っているので、水で洗い流したりしないようにするといいですよ。

ステップ5:日陰で乾かす

泡を拭き取ったら、通気性の良い場所で30分ほど陰干しをします。陰干し後、水分が抜けたかどうかもチェックします。

日向で乾かすと色落ちのリスクがあり、ドライヤーは乾燥しすぎて革を傷める原因にしかなりません。

ステップ6:保湿をして仕上げ

乾燥により皮革の水分も必要以上に抜けて、そのままにしておくとひび割れてしまいます。オイルを少量取って全体的に馴染ませたら完了です。

この手順で黒ずみを落とすことによって、革本来の色合いや汚れ以外の経年変化だけが残った状態に戻すことができます。

革財布の手垢汚れの落とし方

手垢などの軽い汚れは、軽くブラッシングをしたり、柔らかい布で優しく拭いたりすることで落とせます。

created by Rinker
Collonil(コロニル)
¥1,760 (2020/11/24 21:58:39時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Collonil(コロニル)
¥440 (2020/11/24 21:58:40時点 Amazon調べ-詳細)

それでも落ちない場合は、皮革用の消しゴムや革用の保護クリームを使いましょう

革用の保護クリームを使用する場合

出展:Amazon

革製品についた手垢を落とす時は、革用の保護クリームを使用する方法があります。

  1. 手垢の気になる部分に保護クリームを少量塗ります。
  2. 革全面に薄く伸ばして馴染ませます。
    ※汚れ部分だけに塗ってしまうとシミになる恐れがあるので注意しましょう。
  3. 直射日光の当たらない風通しのいいところに30分ほど置いて乾かします。
  4. 清潔な布で、余分なクリームを丁寧に拭き取ります。
  5. 革製品から30〜50センチほど離して、防水スプレーを吹きかけます。
  6. 30分ほど置き、乾いた布で拭けば完了です。

この方法は、手垢が付きにくくなるメリットもあるのでおすすめですよ。

革製品専用の保護クリームと防水スプレーがあればできるので、ぜひやってみてください。

created by Rinker
columbus(コロンブス)
¥648 (2020/11/24 21:58:41時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
columbus(コロンブス)
¥1,473 (2020/11/25 16:08:33時点 Amazon調べ-詳細)

革用消しゴムを使用する場合

出展:Amazon

革用消しゴムは研磨剤が入っておらず、革に優しい仕様になっています。だからといって、強くこすりすぎるのは厳禁です。

汚れている部分に軽く当て、撫でるような強さでこするようにすれば問題ありません。

革用の消しゴムは使い方がとてもシンプルで、表面がつるつるしているスムースレザーだけでなく、スエードなどの起毛用もあるので便利ですよ。

また、使用できる製品も革靴や鞄、バッグ、ペンケースなど様々です。素材の種類別に持っておけば損はないでしょう。

created by Rinker
Collonil(コロニル)
¥880 (2020/11/24 21:58:41時点 Amazon調べ-詳細)

革財布のカビ汚れの落とし方

革製品はカビが生えやすいものです。手の脂や革用クリームはカビが好む栄養源で、さらに湿気が加わるとカビが繁殖しやすくなります。

日頃からこまめに手入れを行うのが1番の予防ですが、使ったまま放置してしまうこともあるでしょう。

いざ使おうと思ったら、カビが繁殖していたなんて経験はありませんか?ここでは、カビ汚れの落とし方を紹介していきます。

少しのカビの場合

少しのカビであれば、濡れた布を使えば落とせます

  1. 布を水に濡らして固く絞り、こすらないよう優しくカビを拭き取っていきます。
  2. 風通しのいい日陰で干します。
  3. 乾いた後にカビ臭さが取れていれば完了です。

革が水に濡れるとシミになる可能性があるので、まずは目立たない場所で試しましょう。布が届かない細かいところは、綿棒で取るのもおすすめです。

カビが酷すぎる場合

カビが酷すぎて、拭き取っても落ちないこともあります。カビが革の内部まで入り込んでいるためです。

カビが革の深くまで侵食してしまうと、自分で取り除くことは難しいです。革製品をクリーニングしてくれる専門業者にお願いしましょう。

アルコールは使用しない

カビの繁殖が広い場合、アルコールスプレーを使ってカビを取る方法があります。

しかし、アルコールは以下のような悪い影響を与える可能性があるのでおすすめできません

  • 原液を付着したまま放置すると色ムラやシミになる。
  • 刺激が強いので革にダメージを与える。
  • 塗装膜がはがれる。

ウイルス対策で使うアルコール系の商品を使うときも、手によく馴染ませてしっかり乾燥させてください。

アルコールが手に残ったまま革製品に触れるとダメージとなってしまいます。アルコールのシミは自分では落としづらいので、付けないよう気を付けましょう。

革財布のボールペンなどのインク汚れの落とし方

出展:Amazon

デスクで作業中に、ボールペンなどの油性インクの汚れがついてしまうこともあると思います。

その場合は、保護クリームを使用する方法と同じ手入れをしていきます。

  1. 汚れの部分にクリームを少量付け、馴染ませます。
  2. 汚れが浮き出てきたら、清潔な布で拭き取ります。
  3. 30分ほど日陰で乾かしたら完了です。

油性インクは落ちないと思っていた方、諦める前に行なってみてください。これで汚れを取ることができますよ。

家にあるもので代用できる道具とは?

革製品を愛用するのなら、革専用のものを持っていて損はありません。ただ、家にあるもので代用がきくこともあるんです。

革用ソープの代用に中性洗剤

頑固な汚れの場合は革用ソープで洗いますが、中性洗剤で代用することもできます

  1. 水で薄めた中性洗剤を布に含ませます。
  2. かたく絞り、目立たない場所でシミになったりしないか試します。
  3. 問題なければ汚れを拭き取ります。

これで革製品の黒ずみや汚れを落とすことができます。「道具がないけれど今すぐ落としたい」なんて時にいかがでしょうか。

保護クリームの代用にハンドクリーム

保護クリームの代用には、ハンドクリームを使うことができます。

  1. ハンドクリームを、汚れや黒ずみの気になる箇所に馴染ませます。
  2. 全体にのばして乾かします。
  3. 最後に布で優しく拭き取ったら完了です。

作業前には必ず、シミや色落ちしないことをチェックしてから使用してください。余計な汚れを増やすリスクがあります。

革用消しゴムの代用は普通の消しゴム

出展:Amazon

革用消しゴムが用意できないときは、普通の消しゴムでも代用可能な場合がありますよ。

力を入れすぎると傷や黒ずみの原因になるので、デリケートなものを扱っていることを忘れずに優しく少しずつ落としていきましょう。

 

 

 

革財布は手入れをして長く愛用しよう

出典:au PAYマーケット

手垢がひどくなったり、黒ずみが目立ってきたら買い替えを考える人も少なくないです。しかし、革製品の楽しみの1つは経年変化でしょう。

黒ずみや汚れが落とせれば、違った味のある表情を見せてくれるのは間違いないです。
1つのものにとことんこだわり、自分のアイテムだからこその風合いを楽しんでくださいね。

 

革製品のエイジングについてはこちらの記事から。

その他革財布の手入れや汚れ落としについてはこちらの記事でも紹介しています。