ブーツのクリーニングを自宅でするには?素材別の手順と必要なグッズを紹介!

冬になるとブーツを履く機会が増えてきますね。毎日履いていると雨や雪、泥はね等で汚れてしまいます。

そんなブーツたちの日々の汚れを自宅で洗ってみましょう!

スエードブーツ、ムートンブーツ、革ブーツの3つのクリーニング方法を種類別に解説します。

ブーツをクリーニングする前に必要な物

それでは、それぞれのブーツに必要な物をご紹介していきます。

スエードブーツ

  • スエード用ブラシ
  • シャンプー
  • スポンジ
  • 雑巾
  • 防水スプレー

ムートンブーツ

  • 馬毛ブラシ
  • 中性洗剤(デリケート衣類用)
  • 柔軟剤
  • バスタオル
  • 防水スプレー

革ブーツ

  • ブーツ用クリーナー
  • 柔らかい布 2枚
  • ブーツキーパー
  • 防水スプレー

ブーツをクリーニングする時の注意点

ブーツをクリーニングする時気をつけて欲しい事は、そのブーツが水洗いしても大丈夫な素材かどうかという事です。

ムートンブーツの場合は自宅で丸洗いする事は可能です。

しかし、スエードブーツの場合は水に浸けない用に注意しながら洗わなければいけません。

革ブーツの場合も、革が硬くなってしまう為水で洗うのはタブーとされています。専用のクリーナーを使いましょう。

 

ブーツをクリーニングする方法・手順

注意しなければいけない点を踏まえて詳しく方法・手順をみていきましょう。

スエードブーツの場合

手順① ブラッシングする

スエード用ブラシで表面についているホコリ等の汚れを落とします。汚れ取りなので毛の流れに逆らってブラッシングしましょう。

出典:Amazon

手順② 雑巾で全体を濡らす

硬めに絞った雑巾で汚れを取るように拭きます。スエードは水に浸けるとシミになってしまう事もあるので湿らす程度にしましょう。

 

手順③ スポンジで洗う

水に浸して一度ギュッと絞ったスポンジに普段使っているシャンプーを1プッシュ付け泡立てます。強く擦りすぎないように注意して全体をまんべんなく洗いましょう。

 

手順④ 泡を取り除く

別のスポンジ、もしくは泡を落とした先程のスポンジでシャンプーを取り除く作業です。この作業は結構時間が掛かって面倒臭くなってきますが、シャンプーが綺麗に取れていないとシミ等の原因になるのでしっかり取り除きましょう。

 

手順⑤ 乾かす

完全に泡を取り除いたら、日陰で風通しの良い場所に置いて乾かします。靴の中に新聞紙を入れておくと早めに乾きます。新聞紙はこまめに取り替えて下さい。

 

手順⑥ 仕上げ

完全に乾いたらブラシで毛並みを整えます。毛に沿ってブラッシングしましょう。

最後に防水スプレーを吹きかけて終了です。スプレーをしておくことで汚れも付きにくくなります。

created by Rinker
M.MOWBRAY(M.モゥブレィ)
¥660 (2021/10/22 12:56:34時点 Amazon調べ-詳細)

ムートンブーツの場合

手順① ブラッシングする

馬毛ブラシで表面についているホコリ等の汚れを取っていきます。(馬毛ブラシは100均にも売っています。)

 

手順② 洗剤液を浸透させる

ブーツが入る大きさのバケツ等の容器に中性洗剤と水で洗剤液を作ります。洗剤はアクロンやエマール等のデリケート衣類用が生地を傷めずに洗えるのでおすすめです。洗剤液の濃度は薄めにして下さい。洗剤の裏面に記載されている使用量を読んで作りましょう。

作ったらムートンブーツをゆっくり洗剤に浸透させていきます。

 

手順③ 洗う

全体に浸透したら馬毛ブラシ等の柔らかめのブラシで力を入れずに毛を整える感じで洗っていきます。ゴシゴシ擦ると生地を傷めてしまうので気をつけましょう。

 

手順④ すすぐ

全体を洗い終えたら洗剤を洗い流します。泡が出なくなるまで水を何度か替え、しっかりすすいで下さい。洗剤が残っていると色むらの原因になるので注意しましょう。

 

手順⑤ 柔軟剤で仕上げ

薄めに作った柔軟剤液を浸透させます。

 

手順⑥ 水気を取る

ムートンブーツを包み込めるくらいの大きめのバスタオルで水気を取っていきます。タオルにブーツの色が移ってしまうこともあるので捨てても大丈夫な物を使って下さい。

かなり水気を含んでいるのでしっかり拭き取りましょう。

 

手順⑦ 乾燥させる

ブーツの中に新聞紙やタオルを入れ、日陰で風通しの良い場所に置いて乾かします。ムートンは分厚いのでなかなか乾きづらいですが、ドライヤーや乾燥機で乾かすと高熱により硬化の原因になるので絶対に使用しないで下さい。

外側がある程度乾いたら中に入れた新聞紙等を取り、中もしっかり乾かしましょう。

完全に乾いたらブラシで整え、防水スプレーを拭きかけて終了です。

created by Rinker
アイフィット
¥780 (2021/10/22 05:33:54時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ヤシノミ
¥436 (2021/10/23 00:39:52時点 Amazon調べ-詳細)

革ブーツの場合

手順① ブーツキーパーを入れる

ブーツキーパーを入れ、型崩れ防止とシワを伸ばします。

 

手順② クリーナーで汚れを落とす

布に革靴用のクリーナーを均等にのばして汚れを拭き取ります。強く擦ると革を傷めてしまうので優しく丁寧に拭きましょう。

 

手順③ 仕上げ

乾いた布でクルクル円を描くように磨き、ツヤを出していきます。この作業も優しく丁寧に行って下さい。

最後に防水スプレーを拭きかけて完成です。

※革の場合、水で洗うと革が硬くなってしまうので自宅では洗えません。この方法で汚れが落ちない場合はクリーニング専門店にお願いすると良いと思います。

(エム.モゥブレィ) M.MOWBRAY ステインリムーバー300 靴磨き 靴ケア用品 メンテナンス 〔FL〕
M.MOWBRAY(M.モゥブレィ)

ブーツクリーニングをお店に頼む時の期間や料金

 

自宅でも簡単に落とせる汚れなら先程のクリーニング方法で大丈夫ですが、カビが生えてしまったりシミがどうしても落ちない!という時はプロにお任せしましょう。

ブーツをクリーニングに出す方法は、2つあります。

・靴やバッグを専門に洗ってくれるお店に持って行く方法(店舗型クリーニング)

・自宅から靴を送ってクリーニングしてもらう方法(宅配クリーニング)

2つの方法の期間と料金を比較してみましょう。

店舗型クリーニングの期間と料金

期間

地域や店舗で多少の違いはあると思いますが、仕上がりまでだいたい2週間くらいのところが多いようです。店舗のクリーニングの混み具合や汚れ具合で1ヶ月程かかる場合もあります。

料金

料金は3,000円~8,000円くらいです。ブーツの種類によって料金が違い、レディースとメンズでも料金が少し変わります。一度問い合わせて聞いてみると良いかと思います。

宅配クリーニングの期間と料金

期間

自宅で靴を梱包し発送、仕上がってからお家に届くまで最短で2週間です。発送に日にちがかかる事を考えると仕上がりがとても速いですよね!こちらも靴の状態でもっと日数がかかる事もあります。

料金

料金は3,000円~9,000円くらいです。店舗型とあまり変わらないですね。こちらもブーツの種類で料金が変わり、レディースとメンズでも多少の違いがあります。クリーニングコースによっても料金が変わるのでブーツの状態に合わせて決めると良いと思います。

 

多少の違いはあるものの、そこまで大きな差は無いという印象でした。それぞれ店舗ごとで特化したクリーニング方法があるのでお持ちのブーツの汚れ具合や状態に合わせてお店を選ぶ事をおすすめします。

ブーツをクリーニングしてキレイを保とう

ブーツを長くキレイに愛用するには時々クリーニングする事が大事なんですね!自宅で出来るクリーニング方法とプロにお願いする方法とご自分の持っているブーツの状態で決めると良いかと思います。ぜひ参考にしてみて下さい。