ブライドルレザーがひび割れる原因と長く使うための手入れ方法

ブライドルレザーの商品を買って、「使わないまま置いていたらひび割れていた」なんてことがあります。

そうなると、高級品であるはずのブライドルレザーも、見た目でガッカリしてしまいますよね。

この記事では、ブライドルレザーのひび割れの原因や、日々の手入れ方法を紹介していきます。

※ブライドルレザーを知らない人は、下の記事を先に読んだ方が分かりやすくなります。

ブライドルレザーがひび割れした!ひび割れの原因

出展:iichi

ブライドルレザーは革に厚みがあるため、乾燥してしまうとひび割れの原因となります。

つまり、時々手入れをして乾かないようにしていれば、ひび割れは防げるというわけです。

革が乾いてしまうのはなぜなのか、確認していきましょう。

1.使わないで置いたままにしている

出展:土屋鞄製作所

一番多い原因は、長い間置きっぱなしということです。

使わずに置いておくと、革の表面は乾燥してしまい、そこからヒビが入ってしまいます。

一度入ったヒビは、クリームを塗ったとしても元に戻りません。

逆に、使い続けていれば、こまめに手入れをする必要はなくなります。

手の油が革に移って、乾燥を防ぐからです。

やはり、普段から使い続けることが重要になってきます。

2.革のワックスがなくなった

出展:Creema

使い続けたとしても、ヒビが入る事があります。

それは、中に浸透しているワックスがすべて無くなってしまった時です。

新品の革は、ある程度の量のワックスが染み込んでいます。

ワックスの量は革の種類で差がありますが、ブライドルレザーならたくさんのワックスが含まれています。

しかし、使うたびに少しずつ抜けて行ってしまうのです。

ブライドルレザーがひび割れする前の予防方法

さっきお伝えした通り、ブライドルレザーは厚みがあるため、他の革よりもひび割れが起きやすくなってしまいます。

ひび割れが入ってしまうと、直すことはできません

毎日のブラッシングの時などに革をチェックし、乾燥してきたなと思ったら、手入れをすることが大切です。

また、夏よりも冬の方が、乾燥した日が多いため注意が必要です。

ブライドルレザーのブルームはひび割れを防ぐ

出展:三京商会

ブライドルレザーは、何度もロウを塗りこむ「ロウ引き加工」がされています。

このロウが、革の中までしっかり染み込んでいるので、だんだん表面ににじみ出てくるのです。

この浮き出て白く固まった部分を、ブルームと言います。

ブルームは、ブライドルレザーならではの質感を出すのです。

毎日使っていると、ブルームが少しずつ革に馴染んで、美しい艶が出てきます。

つまり、使い続けることが、基本的なひび割れ予防策と言えるでしょう。

ブライドルレザーの正しい手入れ方法を紹介

出展:三京商会

ブライドルレザーを使い続けるには、正しい手入れが重要になります。

ただ、手入れと言っても、毎日ワックスを塗るような事はしなくて良いです。

余分なワックスは、革が柔らかくなりすぎたり、カビやすくなったりする原因になるからです。

せっかくのブライドルレザーの良さが、無くなってしまうかもしれません。

ですので、革の表面が乾いている・パサパサしてきたタイミングで手入れをするのが良いでしょう。

基本的な道具

ブライドルレザーのお手入れで必要になる、道具を紹介します。

毎日の手入れは、ブラッシングや乾拭きだけで十分です。

まだ持っていない方は馬毛ブラシから買って、少しずつ揃えていきましょう。

  • 馬毛ブラシ
created by Rinker
アイフィット
¥780 (2021/10/22 05:33:54時点 Amazon調べ-詳細)

毛が柔らかく、ホコリや汚れを落とすことができ、革を傷つけません。

  • クロスまたは柔らかい布を数枚

使い古したTシャツを、使いやすい大きさに切り分けたものでも大丈夫です。

  • ペネトレイトブラシ
created by Rinker
M.MOWBRAY(M.モゥブレィ)
¥540 (2021/10/22 12:52:40時点 Amazon調べ-詳細)

細かい部分にワックスを塗る時や、ホコリや汚れを落とす時などに使います。

ペネトレイトブラシには、「馬毛」と「豚毛」があります。

ブライドルレザーはひっかき傷が付きやすいので、毛が硬めの豚毛タイプは向いていません。

相性が良い、馬毛タイプを選びましょう。

  • ブライドルレザー専用ワックス

ワックスにもいろんな種類があります。

慣れるまで、ブライドルレザー専用のワックスを使うようにするといいですよ。

  • 防水スプレー

ブルームが出てくるうちは、ロウが水を弾くのであまり使うことはありません。

出てこなくなったら、革は水を吸収しやすくなっているので、必ず使います。

ブライドルレザーの手入れ方法

出展:Amazon

ブライドルレザーの乾いてきた様子があれば、手入れをしてみましょう。

  1. 馬毛ブラシで、全体のホコリや汚れを落とす。
  2. ペネトレイトブラシで、細かな部分のホコリや汚れを落とす。
  3. ワックスを、布に米粒2,3粒くらい取り、全体に薄く伸ばしていく。
  4. 風通しの良い日陰に、しばらく置く。
  5. ワックスが乾いたら、馬毛ブラシでブラッシングしていく。
  6. 30㎝くらい離れたところから、ムラにならないよう、振りながら防水スプレーをかける。
  7. 全体を乾拭きをしたら完了。

防水スプレーは、吸うと健康被害を受けることがあります!

必ず、十分な換気がされた場所で使ってください。

ブライドルレザーのひび割れは毎日のチェックで防ごう!

出展:Creema

上品なアイテムとして、1つは持っていたいブライドルレザー。

以下に、ブライドルレザーの手入れの注意点をまとめておきます。

  • ブライドルレザーは厚みがあるため、他の革よりもひび割れしやすい
  • 革の表面が乾燥していないか、毎日のブラッシングでチェックする
  • 毎日使っていれば、手の油分で革は乾燥しにくくなる
  • もし乾燥していれば、ブライドルレザー専用のワックスで手入れをする
  • 夏よりも、冬の方が乾燥しやすくなる

ブライドルレザーは厚みがあって、高級感があり、持っているだけで気分が上がる品のあるアイテムです。

使えば使うほど、ツヤと味が出てきて、ますます魅力が増すことでしょう。

正しい手入れで、お気に入りの一品を使い続けてくださいね。