ジャケットの袖が長いと印象が悪い?採寸方法とオススメコーデをご紹介

ビジネスの場やコーディネートのアクセントとして幅広く活用できるジャケット。

カチッと決まるデザインの反面、ジャケットのサイズが合っていないとやぼったい印象を与えてしまいます。

「かっこよくジャケット着こなすための、正しいサイズ感とは?」

今回はこういった疑問にお答えします。

さらに自分で測れる採寸方法、おすすめのコーディネートも紹介していきますので、ぜひ最後までお付き合いください。

ジャケットの袖が長いのはNG?正しいサイズ感とは

ジャケットに限らず、着こなしに置いてサイズ感はもっとも大事になるポイントです。

では、その中でも袖の長さはどのようなポイントを押さえたら良いのか?

今回はビジネスシーンで使うジャケットを例にご紹介していきます。

ビジネスシーンでは見栄えと利便性を重視する

ジャケットの袖丈の正しいサイズ感の基準は、「親指の先から袖口まで約10センチ〜12センチ」と言われています。

これは、腕を伸ばした時に自然と時計を見ることができる長さです。

ビジネスマンにとって、時間管理は重要な仕事の1つ。腕時計はかかせません。

こういった基準で袖丈を合わせると、見栄えも利便性もカバーできます。

インナーのシャツの袖は1センチ〜1.5センチ

ジャケットの中に着たシャツは、袖から1センチ〜1.5センチでているのがベストです。

自然に腕をおろした状態で、シャツがどのくらいの長さ見えているのか確認してみましょう。

1.5センチ以上見えている場合は、ジャケットの袖が短すぎる状態です。

袖からシャツが何も見えない場合は、ジャケットの袖が長すぎるということになります。

ジャケットだけでなく、インナーのシャツの袖も確認してみてください。

長い丈はNG!信頼を得る為にもしっかり決める!

ビジネスシーンでのジャケットは、ジャストサイズでの着こなしがマナーです。

全体的に大きなサイズ感だと「少し頼りない」「ルーズ」な印象を与えてしまい、信頼も得られません。

袖丈も同様で、相手と会ってお話をする際のマナーとして、手を隠すほどの長さは「相手に手の内を見せない」という風に取られ、イメージはよくありません。

お互い気持ちよく話を進めるためにも、身だしなみ、袖丈にもしっかり気を配り、正しいサイズ感で着こなすことが大切です。

ジャケットの袖の正しい測り方

続いてジャケットの袖丈の採寸方法です。

現在ファストブランドでもセミオーダーが店頭でできる場所も増えています。

体のシルエットに合ったサイズをオーダーしたいですよね。

購入したジャケットをお直ししたい場合もあるでしょう。

事前にご自身でも採寸できるようになると、スムーズにオーダーができます。

袖丈の採寸前のチェック

袖丈の前に忘れてはいけないのは、肩幅・チェスト(胸まわり)です。

肩幅・チェスト(胸まわり)は、ジャケットの着心地や動きやすさに大きく影響します。

背中に横ジワが入っていたりすると、肩幅が窮屈になっている状態です。

またフロントボタンを留めた状態で、握りこぶしが収まるほどの余裕があるのが理想。

ここがズレていると正しい採寸ができないので注意が必要です。

袖丈の採寸方法の手順

肩幅・チェスト(胸まわり)を確認したら、袖丈を測ります。

採寸方法の手順は次の通りです。

【手順】

  1. ジャケットを羽織り、親指の付け根から遡って12センチのあたりで袖を折り返します。(この時にクリップなどでとめておくと測りやすい)
  2. ジャケットの肩の付け根の部分を掴み、平らな場所におきます
  3. 肩の付け根部分(縫い合わせ部)から先ほど折り返した場所までの長さを測ります。

 

注意点としては、シワやたるみが出ないようになるべくまっすぐ状態で置いて測ることです

もしも、自分の採寸方法に自信がない時は、クリップをつけたまま仕立屋さん、もしくは店頭に持っていくといいでしょう。

シャツの採寸方法と正しい袖の長さ

ジャケットの袖丈の正しいサイズと採寸方法を紹介しました。

ここではジャケットの下に着る、ワイシャツの採寸方法と正しい長さについても紹介します。

ワイシャツの採寸は裄(ゆき)丈を測る

ワイシャツの袖には、長さを採寸する基準があります。

ワイシャツの袖丈は「裄(ゆき)丈」という部分を測ります。

首の後ろの出っ張った骨から手首の関節の骨までの長さを測るのですが、この時に腕は軽く曲げておく事がポイントになります。

普段の姿勢に近い方が正しい採寸ができるためです。

ジャケットを着るときのポイント

前述したとおり、シャツの丈はジャケットから1センチ〜1.5センチ見えるくらいがベストです。

腕を自然とおろしたときに、上の画像のような見え方が品があり、スマートな印象を与えます。

ジャケットを使ったおすすめコーディネート4選

ジャケットの袖丈がバッチリ決まったところで、ジャケットを使ったおすすめのコーディネートをいくつかご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

キレイ目で決める!王道のジャケットスタイル

出典:wear

こちらはビジネスでもパーティでもいける、いわゆるジャケットの王道コーデ。

袖丈部分のワイシャツとの相性もキレイに決まっているので、見た目も良いです。

ニットでふわっと。ジャケットスタイルらしさを損なわないサイズ感コーデ

出典:wear

インナーにニットを着たコーデです。

インナーはゆる目のシルエットでも、ジャケットのサイズ感がしっかり決まっているので「もたつき感」がありません。

ニット自体の袖丈も大事になるので、少し難しいコーデかもしれませんね。

個性的に決める!サイズ感無視でも流行を押さえたコーデ

出典:wear

全体のサイズ感はかなり大きめの組み合わせです。

しかし、今男女ともにビッグシルエットのコーデが流行っています。

上下セットアップのアイテムなので全体的にまとまってみえます。

色使いもナチュラルな組み合わせなので「だらしなさ」は感じません。

サイズ感重視のコーデとは違う、ジャケットスタイルならではのコーデと言えます。

ジェケットとの相性は一番!簡単に決まるカジュアルコーデ

出典:wear

シャツ以外で一番の相性と言ったらパーカースタイルです。

ジャケットにパーカーを着るだけで程よいカジュアル感になり、色の組み合わせも簡単なのでオススメのコーデです。

写真のようにトラウザーのパンツと合わせればキレイ目スタイルに。

ジーンズだとアメカジ風になったりと、とにかくジャケットとの相性は抜群に良いアイテム。

袖丈は長くしすぎず、パーカーの袖もジャケットの中に収まるくらいか、少し覗くくらいがベストです。

 

そのほか夏のジャケットコーデもこちらの記事で紹介しています。

こちらもぜひ参考にしてみてください。

ジャケットの袖の長さに注意してスマートに着こなそう

 

ジャケットの主な舞台はビジネスや、パーティーなど人と会う場所での「正装」が多いと思います。

ジャケットやスーツは、デザインでの差別化はなかなか難しいもの。

だからこそ「サイズ感」が重要なのです。

あまり目立たない袖でも、少しの気遣いや身だしなみで相手に与える印象は全く違ってきます。

正しい基準でしっかり決めて、ジャケットをスマートに着こなしましょう。