日本人とアメリカ人のファッション意識における4つの違い。

アメリカ人が、日本のファッションにおいて、一番感じることをご存知だろうか?

それは、「日本人はおしゃれ」ということである。

日本人は、良くも悪くも流行に敏感(びんかん)であり、常に自分磨きをしているのだ。

対してアメリカ人は、流行を意識せずに自分の個性を大切にする。

では、日本人とアメリカ人は、ファッションに対してどのような違いがあるのだろうか。

調べるうちに明らかとなった、「4つの違い」をここで紹介する。

1. 誰のために服を着るかの違い

“服を着る”ことにおいて、日本人とアメリカ人の目的は、こんなにも違う。

真逆と言ってもいいのではないか。

日本人は「人に見てもらうため」に服を着る

出展:D&B

日本人は、自分の着心地よりも「他の人にどう見られるか?」を気にする

例えば、足を細く見せるために、ヒザを曲げるのも難しいほどの”スキニージーンズ”を履く。

もちろん、屈伸(くっしん)できないジーンズは着心地が悪い。

しかし、人からよく見られることが第一で、着心地は二の次なので、このようなジーンズも日本では流行るのだ。

アメリカ人は「自分の心地よさのため」に服を着る

アメリカ人は、「自分が気持ちよく着られるか?」で、着る服を決める

基本的に、カジュアルな服装をする人が多く、オフィスに部屋着のような装いで出勤する。

スーツに、ビーチサンダルで歩くビジネスマンを見るのも、アメリカでは多い。

ヨーロッパで、「アメリカの観光客を見つけたければ、半ズボンのやつを探せ。」と、からかわれるほどである。

出展:fitfit

また、ほとんどの女性も、ヒールの高い靴を履かない。

道路が舗装(ほそう)されてないデコボコした場所が多いこともあるが、歩きやすい靴を履くという文化がある。

いつもはスニーカーで、ヒールを履くのはパーティくらいである。

2. 流行に対する意識の違い

次に、トレンドについてはどうか。

話題となっていることに対して、ここでも大きな価値観の違いがあるようだ。

日本人は流行に左右されやすい

日本人は、基本的に「自分は周りと同じでいたい」という気持ちが強い

その結果、ファッション雑誌に載る、モデルのコーディーネートをそのままマネしたような人が、街中を埋める。

また、流行の期間が長ければ問題ないが、日本はそれがとても短く、1つの流行は長くても2年で終わる。

そして流行が終わると、前に流行った服はほぼ着なくなる。

周りと違う自分が、恥ずかしいからだ。

そうすると、次の流行が来れば、前に買った服はクローゼットの奥深くに眠る。

以下の記事のように、アメリカで生まれた小さな文化が日本で流行し、使われなくなるのはよくある話だ。

アメリカ人は流行に左右されにくい

アメリカ人は多文化国家のため、”人種のるつぼ(色んな民族が混ざって住む都市)”と呼ばれるくらいだ。

つまり、「人は人、私は私」という考えが根強い

なので、人がどんな格好をしていようが、それを自分の中に取り入れようという発想にはならない。

今年の流行カラーが発表されようが、それを意識する人はごく一部。

ほとんどの人間は、「自分に関係のないことだ」と考えている。

また、アメリカで、流行が全土に広がらない理由は他にもある。

それは、国土が広すぎることだ。

アメリカの面積は9,834,000 km²であり、これは日本の約25倍である。

東京で流行のファッションが生まれて、それが、仮に全国に広がったとする。

日本であればそれで全国的な流行となるが、アメリカでは、それをあと25回も繰り返す必要がある。

さらに、人のファッションをすぐに取り入れない国民性を考えると、流行が広がりにくいことがご理解頂けるだろう。

3.美の意識の違い

洋画などを見ていて、美の意識についてアメリカ人との違いを感じることはないだろうか?

日本人が思う美と、考え方が違うのだ。

日本人女性は幼い雰囲気で可愛く見られたい

日本人女性で言えば、ファッションの特徴として、可愛く見えるかどうかが重視される。

メイクで垂れ目にしたり、前髪を作ったり、幼さが残った見た目が好まれやすい。

年齢より若く見られる”美魔女(びまじょ)”と言われる女性も、その影響を受けていると思われる。

一方で、個性が際立つ「原宿系ファッション」も日本人に人気だ。

洋服や髪の色、ハデな模様が特徴で、自分が着るかどうかの判断は”可愛いかどうか”で選ぶ人がほとんどである。

わざと大き目サイズを着たり、髪形をツインテールにしたり、自分の好みの「可愛い」を表現している。

アメリカ人女性は大人っぽくクールに見られたい

アメリカ人女性は逆で、セクシーさやかっこ良さを表現することが多い。

前髪を作らないアメリカ人がほとんどなのは、あどけなさを出さないためである。

また、日本人とは顔の骨格が違うので、「大人っぽい見た目の方が似合う」という意味もある。

美のイメージの大きな違いの例を挙げてみよう。

日本人からみたらぽっちゃりな人でも、アメリカ人にはグラマーで色気があると判断される時があるようだ。

理由のひとつとして、男性からの印象が関係している。

日本人男性は若い女性を好む人が多いので、外見を幼くして、若さへのこだわりを持ったと言われている。

また、若さを絶賛(ぜっさん)する、日本のマスメディアの刷り込みが影響していると考えられる。

それとは対照的に、アメリカ人は年齢で判断せず、キャリアや人柄を見る場合が多い。

なので、アメリカ人の女性も、自立心が感じられるクールなファッションを好む。

4. 買いたいと感じる服の違い

ショッピングをしていて「買いたい」と思う服の判断は、日本人とアメリカ人でハッキリとした違いがある。

日本人は服自体が良いと感じたら服を買う

日本人は、その服がかわいい・カッコいいから着るのであって、自分に合っているかは二の次。

「これを着るのが流行だから」「これを着るのが良しとされてるから」と、常に他の人からの目線を気にする

褒(ほ)める時は、「その服かわいいね・かっこいいね」と、あくまで主役は服という褒め方をするのだ。

アメリカ人は自分に似合うと感じたら服を買う

アメリカ人は、自分に似合っているかどうかが一番大切。

それが、トレンドかどうかは気にしない。

体型や雰囲気などに合えば、それが例え流行の真逆だとしても、堂々と着るのである。

褒める時は、「その服は君の雰囲気にとても似合っているね、素敵だよ」と主役はあなた、という褒め方をする。

ここでも、日本とアメリカの、国民性の違いが分かる。

これは、選ぶ色にも関係する。

日本人は、黒やベージュなどの無難な色や無地を選びがち。

アメリカ人は、自分が好きなデザインや色を選ぶため、派手なファッションでもうまく着こなしている。

コンプレックスを隠す・目立たなくするではなく、自分の長所として、逆に目立たせるのである。

アメリカ風のおすすめファッション3選

ここでは、アメリカ風のおすすめファッションについて3つ紹介する。

アメリカンカジュアル

出展:WEAR

アメリカンカジュアルは、機能性が高い服で、フォーマルとは違うラフな雰囲気が特徴だ。

マストアイテムはジーンズ、チェックシャツ、スウェット、パーカー、スニーカーなどが定番。

カジュアル過ぎるのを避けたいなら、足元にパンプス・ワークブーツを合わせると◎。

小物なら、シルバーアクセサリーなどをプラスすると、上品な仕上がりになる。

タイトでスマートさを

出展:WEAR

トップスはボディラインが出るシルエット、ボトムスもスキニータイプですっきりとしたファッションである。

スタイルが良く見えるメリットがあり、色使いも落ち着いているため、大人っぽいクールな着こなしができる。

清潔感も感じられるので、ビジネスシーンで着ているアメリカ人が多い。

派手な色や模様

出展:WEAR

前にお伝えした通り、アメリカ人は自分に合った服を選び、個性アピールとして派手な服が多い。

また、アメリカ人は関わりを深めるためにパーティーをするので、ドレスコードとして派手な服にする面もある。

派手な模様や色のおかげで、シンプルな組み合わせでも、かっこ良くキマる。

他人の意見ではなく、自分の好みで着たい服を選ぼう!

日本とアメリカに、これほどまでファッションに対する意識の違いがあったとは驚きであろう。

日本では当たり前のことも、海外では当たり前ではない。

これを機に、アメリカ人の価値観を受け入れ、服選びに新たな項目を付け足しても面白いだろう。

ちなみに「服を選ぶ」ということは、そもそも服を知らなければ選ぶ基準さえわからない。

以下の記事でジャケットやパンツの種類を解説したので、ぜひ参考にしてみよう。