革製品の手入れまとめ!レザーの種類・製品別方法やおすすめグッズも紹介

革製品は長く愛用できることが多いです。
しかし、それは正しい手入れを行なってこそ手に入るものになります。

いざ、革製品を購入してもどう手入れをすればいいのか悩む方もいると思います。

そこでこの記事では、様々な革製品の手入れについて紹介していきます。
自分の持っている製品に合う手入れを行なっていきましょう。

【皮の種類別】手入れ方法

まずは皮の種類別で手入れ方法を紹介していきます。

牛革

革と言ったら牛革をイメージする方も多いでしょう。
1番流通しているのは牛革なので、手入れをしたい革が牛革であることも多いかと思います。

そして牛革はいくつか種類があり、手入れで注意することが違う種類の革もあります。
それぞれに適した手入れを行なっていきましょう。

カーフスキンの手入れ方法

 

カーフスキンとは、生後3ヶ月〜6ヶ月の仔牛の革のことを指しています。
革が柔らかく手触りがいいことが特徴ですが、その分他の素材よりもデリケートです。

革専用のアイテムで丁寧に手入れを行っていく必要があります。

ナポレオンカーフの手入れ方法

ナポレオンカーフ

出典:http://xn--fhq420bdtico9aeij.com

ナポレオンカーフとは、イタリアで生まれた仔牛にこだわり、表面を起毛させオイルを浸透させたもの(オイルヌバック)です。
手入れは他の革と比べると簡単に行うことができますよ。
ただし、注意点もあるので間違いないようにしましょう。

ステアハイドの手入れ方法

ステアハイドの手入れ

出典:http://www.franklinplanner.co.jp/

ステアハイド(ステア革)は、生後3ヶ月〜6ヶ月の間に去勢された食用の雄牛の革です。
革質が柔らかく加工しやすく耐久性も高いので、牛革で1番流通している革になります。
きちんとした手入れを行えばエイジングも楽しむことができるので、定期的に行ってみてください。

バッファローレザーの手入れ方法

 

バッファローレザーとは、水牛の革のことです。
他の革に比べると短期間でもエイジングを経験できる革なので、楽しめるよう手入れを行なっておくといいですよ。

馬革

馬革の中でも『コードバン』と呼ばれる革の手入れを紹介していきます。

 

コードバンとは、農耕馬のお尻の部分からとれる皮革です。
財布と靴の手入れ方法について、詳しく触れていきます。

山羊革

 

ゴートスキンとは山羊革のことで、型崩れがしにくく長く使用することができる革です。
そのため、エイジングを楽しみたくて購入する方もいます。
長く使用しエイジングを楽しむためにも、正しい手入れを行なっていきましょう。

羊革

羊革の中でも『ラムスキン』と呼ばれる革の手入れ方法を紹介します。

 

生後1年以内の子羊の革をラムスキンと呼びます。
牛革よりも柔らかく軽いので、ジャケットや手袋によく使用されています。
デリカートなので、優しく手入れを行う必要がありますよ。

【革の加工方法別】手入れ方法

皮から革へ加工していく方法は、いくつもあります。
そして加工方法によって革の特徴も変わっていくのです。

ここでは、加工別に手入れ方法を紹介していきます。

クロム鞣し

クロム鞣しの靴

鞣し(なめし)は皮を柔らかくして製品に使用する革にすることですが、クロム鞣しとはクロム化合物を使用した加工方法のことです。
革製品の基本的な手入れ方法とそれほど変わりませんが、行うのが難しいこともあるので把握しておきましょう。

ヌメ革

ヌメ革

ヌメ革とは、タンニンを利用して鞣し(なめし)た後に、表面加工して仕上げた革のことです。
ヌメ革は使用する前に行なったほうがいい手入れがあります。
他に普段の手入れと汚れた時に行う手入れがあるので、シーンごとに正しく行えるように方法を覚えておくとスムーズにできますよ。

スムースレザー

スムースレザー

スムースレザーとは、革の表面が平でなめらかなレザーのことです。
そんなスムースレザーの手入れに役立つアイテムや自分でできる簡単なお手入れ方法を紹介しています。
長く使うために、今までやったことがなかった方は行なってみてください。

ガラスレザー

 

ガラスレザーとは、クロムで鞣した後にガラス板やホーロー加工した鉄板に貼り付け、乾燥させて製造するレザーです。
ガラスレザーは他の革に比べると強い製品ですが、全く手入れをしなくていいわけではありません。
頻度は少なくても大丈夫ですが、手入れをすることで上品で深いツヤがでるようになりますよ。

パテントレザー

 

パテントレザーとは、エナメル加工された革製品のことです。

綺麗な光沢が特徴的な革ですね。
手入れをしっかり行えば、新品のような光沢を持ち続けさせることができますよ。

オイルレザー

 

オイルレザーは、工程過程でオイルを豊富に含ませた革のことです。
新品時と使い慣れてきてからの手入れ方法が違います。
その時に応じて、正しい手入れが出来るようにしておくといいですね。

プルアップレザー

 

プルアップレザーとは、通常のオイルレザーよりも染み込ませているオイルの量が多い革です。
渋く落ち着きのあるエイジングを楽しめる革なので、正しい手入れを行なって長く使用できるようにしましょう。

ブライドルレザー

ブライドルレザー

ブライドルレザーはロウを丁寧に染み込ませているため、革に厚みがあります。
そのため乾燥するとひび割れがしやすい革なのです。
ひび割れする前の予防策と手入れを行なって、長くブライドルレザーを楽しんでください。

長く使うための予防方法

ブライドルレザーは長時間放置しているとひび割れることがあります。
そうならないように、予防をしておくといいですよ。

基本

ブライドルレザーは手入れを行うことで、より長く愛用することができるようになります。
しかし、正しい手入れを行わないと逆に傷めてしまうこともあるのです。

正しく手入れが行えるように、やり方を把握していきましょう。

ツヤ出し

使用し続けているとツヤがなくなったと思えることがあります。
そんな時には、ツヤを出すための手入れを行なってみてください。

綺麗なツヤを復活させることができますよ。

エイジングを楽しむために行うこと

ブライドルレザーはエイジングを楽しめる革です。

しかし、何も手入れをしない状態で楽しめるようになるわけではありません。
エイジングを楽しむためには長く使用しないと、変化が現れるようにならないのです。

ブライドルレザーの特徴を知り、エイジングを楽しめるようにしましょう。

スエード

スエードとは、革の裏側を起毛させている革です。
その柔らかさと温かみある見た目で人気の高い革となっています。

起毛させた革が損なわれないように手入れを行なっていきましょう。

基本

 

スエードは毛が寝ないように手入れをする必要があるため、他の革製品と少し手入れ方法は違います。
しかし難しいことはありませんので、こちらで方法を確認してみてください。

丸洗い

実はスエードは丸洗いしても大丈夫な革なのです。
間違った方法で行なってしまうと痛めてしまいますが、正しい方法で行えば驚くほど綺麗にすることができますよ。

黒ずみ

 

スエードは起毛させることで肌触りのいいものですが、その分黒ずみしやすいのが難点です。
またわざと起毛しているため、デリケートな革になります。
正しい手入れを行わないとスエードの良さがなくなってしまいますので、注意して行ないましょう。

栄養補給

スエードの栄養補給

スエードを長く使い続けるためには、素材をいい状態に保つことが必要です。
そのためには栄養補給をし、潤いを与えて美しい毛並みを保てるようにしないといけません。
道具を把握して、長く使用できるよう手入れしていきましょう。

ヌバックの色落ち

 

ヌバックは、表面を起毛加工したものですが、正しい手入れを行わないと色あせや色落ちしやすくなってしまいます。
色落ちした場合の補色・手入れの方法と色落ち防止の方法をまとめています。
ヌバックが色落ちしやすいという方は参考にしてください。

オイルヌバック

 

ヌバックは革の表面側を起毛させ、スエードのような肌触りの革です。
その革に撥水性を高め耐水性をつけるために、オイルを染み込ませている革をオイルヌバックと読んでいます。
オイルを染み込ませているため若干手入れ方法が違いますので、準備する道具などに注意いしましょう。

ムートン

ムートン

冬によく見かけるムートンは、羊の毛皮が付いた状態で鞣して染色したものです。
ふわふわ感を残して手入れをしないといけないので、こちらで基本的な方法を把握してみてください。

型押しレザー

 

型押しレザーとは、革の表面をプレスすることで独自の表現をつける加工法の事をいいます。
元々は傷や汚れのある革をカバーするために行われていたので、傷など目立ちにくいです。
しかし、手入れを怠れば革が悪くなってしまうので、定期的に行うのがおすすめです。

シュリンクレザー

シュリンクレザー

出典:http://www.zeil.jp

シュリンクレザーとは、革の表面にシワをつける加工を行なった革のことです。
使用前に行なったほうがいい手入れもあるので、初めての購入を考えている方は確認しておくといいでしょう。

【革製品別】お手入れ方法

ここからは、製品別の手入れ方法を紹介していきます。

手入れを行ないたい製品の方法を確認してみてください。

ジャケット

まずはジャケットです。

革ジャン

 

革ジャンの手入れ方法は、大きく分けて2種類あります。
それぞれ役割が違うので、時と場合によって使い分けないといけません。
手入れを行う前に確認しておくようにしましょう。

こちらは、革ジャンの自宅でできるセルフケア方法です。
丸洗いの洗濯について紹介していきます。

スエードジャケット

スエードジャケット

スエードのジャケットは着心地が良く、愛用している方も多いのではないでしょうか。
長く着ていると、歴史を積み重ね味の出たジャケットになります。
お気に入りの1着をしっかり手入れをして、長く着れいるようにしましょう。

牛革ジャケット

 

防寒性と防風性を兼ね揃えた牛革ジャケットは、冬には欠かせないアイテムの方も多いと思います。
しっかり手入れを行えば長く愛用できる製品ですよ。

羊革ジャケット

 

羊革は軽くて薄く柔らかいので着心地抜群です。
しかし、その反面シミや傷が付きやすい素材でもあります。
ジャケットをしっかり綺麗な状態で保つためには、正しい手入れを行う必要がありますよ。

ラムレザーライダース

 

羊革の中でも、生後1年未満の子羊の革をラムレザーと呼びます。
きめ細かい表面と軽くて柔らかいので、ライダースの素材の中でも使い勝手がいいものです。
手入れも比較的簡単なので、定期的に行うようにすると長く着れますよ。

財布

革の財布はプレゼントでもらうこともありますし、初めての革製品で手にすることも多いのではないでしょうか。
手入れ1つで使用できる期間に違いが出てきますよ。

革財布

 

革財布の手入れで必要な道具にメンテナンス方法を紹介していきます。

手入れのコツも説明しているので、初めての革財布の手入れでも安心ですよ。

白い財布

 

白い財布は綺麗で神秘的です。
使いたいと考える方もいるでしょうが、汚れが他の色よりも目立つので注意が必要になります。

基本的な手入れから、汚れ別、予防方法まで紹介していきます。

カーフスキンの財布

 

カーフスキンとは、生後6ヶ月以内の仔牛の革で、牛革の中で1番高級な素材です。
デリケートで繊細な革なのでカーフスキンの財布は、カバンの中に入れていても何かに当たって傷つくこともあります。
月に1度はお手入れをして長く使用し、エイジングも楽しんでみてください。

財布についた傷

 

お気に入りのものほどよく使用したくなり、結果傷がつくことも多くなりますよね。
ここでは、革財布に傷が付いた時の手入れについて紹介していきます。

「社会人になったら靴はちゃんとしたものを履こう」
そんな風に考える方もいるのではないでしょうか。

意外に靴は見られているものです。
正しい手入れを行い、綺麗な靴を履けるようにしてみてください。

革靴

革靴

革靴の手入れは、時間がかかって面倒だと思っている方も少なくないのではないでしょうか。
しかし、実は毎日行う手入れはそんなに時間がかかるものではありません。
毎日の簡単な手入れで、革靴を長く履けるようにしてみてください。

新品の革靴

 

実は革靴は、買ったばかりの新品時にも行うべき手入れがあります。
これを行うかどうかで持ちが違うので、長く履きたい方はやってみてください。

光沢を復活させる

いい革靴を履いていても、汚れていては格好がつかないです。
ピカピカに光沢がある革靴は格好良さを倍増してくれますよ。

光沢がなくなってきたと思ったら、復活させるための手入れを行なってみてくださいね。

濡れた革靴

革靴は濡れたままにしておくと、シミができたり形が変形してしまうことがあります。

そうならないよう、濡れてしまったときの対処方法や予防方法を知っておきましょう。

ひび割れた革靴

革靴はいくつかの原因により、ひび割れてしまうことがあります。

原因と対処方法を知っておけば、もしひび割れてしまったときでも慌てずに対処しておくことができますよ。
手入れの手順を把握しておきましょう。

ローファー

 

靴紐のない革靴のことをローファーといいます。
様々なシーンで使えるので、お気に入りを持っている方もいると思います。
使用頻度の高いローファーこそ、クリーンな状態とツヤを保つために手入れを行なってみてください。

レザースニーカー

レザースニーカー

出典:https://www.locondo.jp

レザースニーカーを長く履くためには、定期的なお手入れが効果的です。
普段の手入れ方法と洗い方のコツをマスターしましょう。

ムートンブーツ&レザーブーツ

冬に活躍するブーツですが、手入れをしないおくと大変なことになるかもしれません。
使用している間もですが、履く時期が終わり仕舞っておく際は、きちんと手入れして次も気持ちよく履けるようにしておくといいですね。

つま先の傷の補修

 

靴のつま先の傷にも複数の種類があります。

それぞれ補修方法が違いますので、まずは傷の状態を把握することが大切になります。
ここでは4つ紹介しているので、どの傷なのかを判断して直していきましょう。

革靴のコバ(エッジ)

 

コバとは、靴の土踏まず部分より前方を縁取るウェルトのうち、甲革よりも外側にはみ出た部分のことで、エッジと呼ばれることもあります。
コバは傷つきやすいので、手入れが必要不可欠です。
5つの道具を揃えて行なっていきましょう。

レザーソール(革の靴底)

 

レザーソールとは、レザーでできた靴底のことです。
普段履いていて1番ダメージを受けているのは靴底ですが、手入れしたことないという方も少なくありません。
長く愛用するためには、履く前と雨に濡れた時、定期的にお手入れを行なっていきましょう。

カバン

革製のカバンも持っている方が多い製品の1つでしょう。
自分好みのカバンを持っていると仕事もやる気になりますよね。

しかし、せっかく良いカバンを持っていても手入れをしないとボロボロになってしまいます。
結果、悪い印象を与えてしまうこともあるのです。

正しい手入れ方法を把握して、いつでも綺麗なカバンを持てるようにしていきましょう。

ベタつき

カバンを久々に使おうと思った時にベタついていて、いざ使おうと思ったら使えなかった経験はありませんか。
それは故障ではなくて、劣化が原因の可能性が高いです。

ベタつく原因と手入れ方法を知って、使いたい時に使えるようにしておけるといいですね。

カビ

カバンにカビ

カバンは使用しない間は、クローゼットに仕舞っている方も多いと思います。
しかし、湿気が高い場所にずっと置いておくとカビてしまうことがあるのです。

カバンがカビる原因とカビてしまった時の手入れ方法を紹介していきます。

手袋

革製の手袋は防寒に効果的な製品が多いです。

手袋にしては高価なものもありますが、丈夫なので長く使用していくことが可能ですよ。
手に入れる価値は十分にあると思います。

そんな手袋の手入れ方法を紹介していきます。

革手袋

革手袋

高品質な製品も手入れをしないと、長く使用できなかったり革の魅力が半減してしまうことが多いです。
こちらで革手袋の基本の手入れ方法に内側の手入れ、おすすめクリームを紹介しています。
普段からの定期的な手入れを心がけましょう。

【革の汚れ別】手入れ方法

革製品につく汚れにもいくつか種類があります。
それぞれの汚れに適した手入れ方法があるので、確認してみてください。

手垢

財布やカバンは手入れをしないで長く使用していると、自分の手垢が黒ずみになってしまいます。
そして、そのまま放置しているとどんどん劣化してしまうのです。

黒ずみになる前に手垢を落としていきましょう。

黒ずみ

 

革製品は長く使用すれば味が出てくるものですが、気になってしまう黒ずみや汚れがついてしまうこともあります。

そうなった時に買い替えてしまう方もいますが、もしかしたら手入れ1つで落ちるものかもしません。
自分で手入れを行ない、革製品を蘇らせてみてはいかがでしょうか。

油染み

 

革製品にうっかり食べ物や化粧品を付けてしまい、気がついたら油染みになっていたなんて経験がある方も、いるのではないでしょうか。

慌てて擦って落とそうとすると、革製品自体を傷めることになってしまいます。
できるだけ早く正しい対処をすることが大切ですよ。

ベタつき(ヴィトン)

 

ヴィトンの製品は、ベタつきやすいと言われています。
その原因は、日本の気候にありました。

ヴィトンの製品がベタつく原因や対処方法、予防方法などを紹介していきます。

【革のエイジング】失敗しないための手入れ

革の楽しみに、年月を重ねるごとに味が変わっていくエイジングがあります。
革製品を持つ醍醐味の1つと考えている方も多いでしょう。

しかし、エイジングを楽しむためには正しい手入れが欠かせません。

ここでは、エイジングを楽しみたい、早く変化を楽しみたい方に向けての情報をまとめました。

基本

 

革製品を使用していく中での楽しみの1つはエイジングだと思います。
しかし、正しい手入れを行なっていかないとエイジングを楽しむことはできません。
ここでは、エイジングを楽しむためにも行うべき手入れについて紹介していきます。

ヌメ革のエイジング

 

ヌメ革はエイジングが楽しめる革の1つです。
そこが理由で、ヌメ革の製品を購入される方もいるでしょう。

そんなヌメ革を、綺麗に早くエイジングさせる方法や失敗したときの対処法を紹介していきます。

ミネルバリスシオのエイジング

 

ミネルバリシスオは、イタリアのランナー(革なめしを行う工房)バダラッシィ・カルロ社で作られている革高級革のことです。
エイジングが楽しめる革として記憶している方もいるでしょう。

そんなミネルバリシスオの正しいエイジングの方法やおすすめ製品を紹介しています。

ブッテーロレザーのエイジング

 

ブッテーロレザーは、イタリアのトスカーナ地方で生まれた希少なレザーです。
耐久性が高く肌触りが良い革で、エイジングも楽しめます。

また、ブッテーロレザーはオイルを補給しなくてもエイジングが楽しめると言われています。
エイジングのコツを把握していきましょう。

【頻度】正しい手入れはどのくらい行うべき?

 

革製品の手入れは、頻度が多すぎても少なすぎてもよくありません。
適度な頻度はどのくらいなのか、見ていきましょう。

【おすすめグッズ】革製品の手入れで用意するもの

革製品の手入れを行う上で、おすすめのグッズを紹介していきます。
必要だと思ったもの、気になったものを試してみてください。

クリーム

革の種類や製品別のおすすめや目的別、よく使用されているクリームを紹介していきます。

ラナパー

 

ラナパーは革製品の手入れクリームとしてよく名前の上がる製品の1つです。
どんな効果があるのか、どう使うのかはこちらから確認し、正しく手入れに使用していきましょう。

コロニル1909

出典:https://item.rakuten.co.jp

コロニル1909は、革製品の手入れグッズとしてよく聞くものの1つです。
いくつか種類があるので、ここではコロニル1909について紹介していきます。

サフィールカラー補修クリーム

出典:https://emptygarage.jp

サフィールは高級革靴ケア用品のブランドで、1920年にフランスで誕生しました。

そんなサフィールの製品の中で色落ちをした際に役立つのが、サフィールカラー補修クリームです。
その特徴や使い方をまとめてあります。

皮革手入れ用クリーム8選

 

革製品の手入れで用意するものの中には、クリームやオイル、ワックスなどがあります。
しかし、何が違うのかを把握できていない方も多いのではないでしょうか。

ここでは、クリーム・オイル・ワックスの違とおすすめ製品を確認できます。

レザークリーナーおすすめ3選

 

レザークリームとは、革の汚れを落とす洗剤のことです。
「いろいろ種類があり何を使っていいのか分からない…」
そう悩んでいる方は、こちらを参考にしてみてください。

手入れ・補修のおすすめクリーム5選

 

革製品の手入れにおすすめのクリーム3点、補修におすすめのクリーム2選を紹介しています。
100均のクリームの使い心地も解説しているので、購入を悩んでいる方は参考にしてみてください。

おすすめデリケートクリーム3選

革製品の手入れグッズには、デリケートクリームというものがあります。
特徴や他のクリームとの違いを見ていきましょう。

中には、デリケートクリームを使わないほうがいい革製品もあります。
間違って使用しないように確認してみてください。

ユニバーサルレザーローションおすすめ3選

 

ユニバーサルレザーローションとは、革製品全体に使えるレザーローションのことです。
いろいろな製品に使えるので、1つは持っておくと便利ですよ。

ラムレザーにおすすめクリーム

 

ラムレザーの手入れにおすすめなクリームを3点紹介しています。
効果や塗りやすさが違うので、どんな手入れをするかで使い分けてみてください。

ブライドルレザーにおすすめのクリーム

 

ブライドルレザーにおすすめのクリームを3点紹介しています。
乾燥してきたら手入れをしないとひび割れしてしまうこともあるのです。
やりすぎは良くないですが、やらなすぎるのもよくないですよ。

革靴におすすめクリーナー

革靴をよく履いていても、手入れ方法は意外に知らなかったりしますよね。
お気に入りの革靴の美しさを保つためにも、定期的に手入れをしていきましょう。

ブラシ

革製品の手入れで使用するブラシにも種類があります。
それぞれ適したものを使用していきましょう。

スエード用ブラシ

スエード用ブラシ

出典:http://onlineshop.columbus.co.jp

スエード専用のブラシは、普通のブラシと形や使用している材料が違います。
スエード製品を持っている方は、1本持っていると手入れしやすいですよ。

防水スプレー

革は基本的に水に弱いものです。
なので、使用する前に防水スプレーをかけたほうがいいことも多いですよ。

ここでは、そんな革を守ってくれる防水スプレーについて紹介していきます。

鞄におすすめ防水スプレー5選

 

革の鞄におすすめな防水スプレーを5つ紹介します。

防水スプレーは水から守ってくれるものですが、使い方を間違うとシミになってしまうこともありますよ。
正しい使用方法を知り、シミにならないように使いましょう。

【代用品】革製品の手入れグッズの変わりになるものは?

革製品の手入れは、普段日常で使用しているものでも代用できるとも言われています。
本当に使用することができるのか、まとめてみました。

ワセリン

 

革の手入れにワセリンが使用できるという噂があります。
本当に使用できるのでしょうか。

ニベア

ニベア

出典:https://www.amazon.co.jp/

スキンケアに定評のあるニベアですが、革製品の手入れに使用できると言われることがあります。
使用できるのか、使用する場合はどう使うのかを紹介しています。

革製品の手入れは正しい方法で行おう!

いかがでしたか。

一口に革製品の手入れと言っても、その素材や製品、目的によって方法は変わってきます。
間違った方法で行なってしまうと、革の良さがなくなってしまうことも少なくありません。

自分の製品に合うように手入れを行ない、長く愛用できるようにしてみてください。