牛革が雨に濡れてしまったら?手入れや対策方法を教えます!

朝は晴れていたのに、急に激しい雨が降ってくること、ありますよね。

そんな時に限って、大切な牛革の鞄や牛革靴で出かけていて濡れてしまうことも。どうしたらいいんだろうと困ってしまいます。

でも安心してください!そんな時は、すばやくお手入れをすれば大丈夫です。

この記事では。うっかり濡らしてしまった牛革製品の対処方法についてご紹介します。事前の対策についても紹介していきますので、参考にしてください!

牛革が雨に濡れるとどうなる?


牛革が雨に濡れてしまった後、面倒だからとそのままにしておくとどうなるでしょうか?

革は水を吸ってシミができやすくなります。また水膨れによってくたくたになったカバンは、変形し元の形には戻らないことも。

染色の色が落ちたり、カビなどが生えるリスクもあります。

このような事態を避けるためには、すぐにお手入れをすることが大切です。

牛革が雨に濡れた時にまずやるべきこと

牛革が雨に濡れた時にまずやるべきことは「水分を拭きとる」ことです!

とにかく早く水分を吸い取ることが重要。乾いた柔らかい布やタオルで優しく拭き取りましょう。この時、強くこすると染料が落ちたり革の風合いを損なったりすることがあるので、注意が必要です。優しく水分を取りましょう。

すぐに家に帰れずなかなか革のお手入れができない時は、ハンカチやティシュなどでひとまず水分を吸い取っておくだけでも、後のダメージが少なくなります。

牛革が雨に濡れた後の手入れ方法

牛革が雨に濡れてしまった時の、具体的なお手入れ方法についてご紹介します。

①乾いた布やタオルで水分を拭き取る

バッグの場合は中身を全て出します。濡れた箇所にそっと布を押し当てるようにして、牛革の外側表面の水分を拭き取ります。金具などの部分は錆を予防するために丁寧に拭いておきましょう。ジッパーなどの開口部も忘れずに拭きます。

濡れ方が少しの場合は、このまま自然乾燥させ革用クリームを塗っておけば大丈夫です。

②新聞紙を詰める

濡れ方がひどく、水分が革に浸透してしまっている場合は、革靴やバッグに丸めた新聞紙を詰めます。これは、新聞紙が水分を吸い取ると同時に、型崩れを防ぐためです。

牛革は、濡れて伸びた状態になっています。出来るだけ元の形になるように形を整えながら新聞紙を詰めていきましょう。新聞紙が無い場合はキッチンペーパーなどでも代用できます。

注意することは、新聞紙を詰めたら放置しない事。ある程度水分を吸ったら、新しい新聞紙と交換してあげましょう。

③陰干し

表面の水分を出来るだけ吸い取り、新聞などを詰めて形を整えた後は、陰干しをします。直射日光が当たらず、風通しの良い所で2日間ほどゆっくりと乾燥させましょう。

ここで気をつけたいのは、決して短時間で乾かそうとしないこと。

ストーブやドライヤーの熱、直射日光に当てたりすることは厳禁です。シミが出たり、ひび割れ、縮みなどが起きてしまいますよ。

④最後にクリームでお手入れ

牛革の靴やバッグが十分に乾燥した後は、クリームで油分を補給します。この場合は乳化性の革用クリームが適しています。

出典:Amazon

 

バッグの場合は、ニベアなどのハンドクリームを手で擦り込んでも良いでしょう。これで雨で牛革が濡れた場合のメンテナンスは完了です。

雨に濡れない為の予防方法 / 対策

雨に濡れないための対策として、防水スプレーの使用がおすすめです。

出典:Amazon

十分に牛革を乾燥させ油分を補給した後、防水スプレーを靴やバッグ全体に吹き付けます。

この時、スプレーを吸い込まないように注意してください。必ず屋外で行いマスクも着用しましょう。防水効果は商品によります。説明書を確認し、必要なサイクルで定期的にスプレーをしましょう。

また、雨の降りそうな日には牛革カバン用のビニールカバーなどを用意しておくのも有りです。見栄えは悪いですが、急なときにはポリ袋でも役に立ちますよ!とにかく牛革はなるべく濡らさないことが重要です。

created by Rinker
Collonil(コロニル)
¥2,070 (2021/12/07 17:12:22時点 Amazon調べ-詳細)

雨の日でも対策をしっかりして牛革製品を使おう

牛革のバッグや靴が濡れてしまった時の対処方法などについてご紹介しました。

メンテナンスをしっかり行えば、万が一お気に入りの靴やバッグが濡れてしまっても大丈夫!事前の防水対策をすることでさらに安心して使用できます。雨の日でも楽しく牛革製品を使うために、お手入れや事前の対策について、知っておきましょう。