革靴の光沢を復活させる手入れ方法!鏡面磨きの手順も紹介!

スーツの似合う素敵な男性の靴が汚れていたら、どんなにビシッときまっていても印象が悪くなってしまいます。

そう思われない為に靴をピカピカに磨いてみませんか?少しの手間でとってもキレイになりますよ!

革靴はなぜ磨くの?

毎日履いているうちにどんどん汚れてしまう革靴。とてもデリケートな素材なので、お手入れをしないで放っておくと汚れがこびりついてしまい、落ちにくくなったり、ひび割れができたりします。大切な革靴を長持ちさせる為にも、靴磨きはとても重要です。

革靴の光沢を復活させる前に準備するもの

  • 馬毛ブラシ(ホコリを取る)
  • 豚毛ブラシ(クリームを塗る時に使う)
  • シューツリー(型崩れ防止)
  • リムーバー(古いクリーム等の汚れを取る)
  • クリーム(栄養と潤いを与える)
  • ワックス(防水効果)
  • 布(着なくなったTシャツの切れ端などでもOK)
  • ストッキング(あれば)

①ブラシをかける

革靴にシューツリーをはめてシワを伸ばし、靴紐を取りお手入れしやすい状態にしたら、作業開始です。

まずブラッシングをしましょう。馬毛のブラシは毛が柔らかいため、ホコリ落としに向いています。ホコリ等の小さな汚れを落とさずにクリーム等を塗ってしまうと靴に傷がつく原因になるため、しっかり取り除きましょう。

created by Rinker
Collonil(コロニル)
¥1,880 (2022/01/20 19:08:22時点 Amazon調べ-詳細)

②リムーバーで汚れ落とし

古く残っているクリームや汚れを取る作業です。布を指に巻き付けて優しく拭き取ります。古いクリームが残ったままの状態で上塗りしてしまうと、キレイにクリームがのりません。また、革が曇って光沢がキレイに出なくなってしまうためとても重要です!

created by Rinker
M.MOWBRAY(M.モゥブレィ)
¥1,101 (2022/01/20 17:25:33時点 Amazon調べ-詳細)

③クリームで栄養と保湿を

クリームには乳化性クリームと油性クリームがあり、それぞれに異なった役割があります。

乳化性クリームは、革に栄養を与え保湿するために使用します。

油性クリームは、ツヤを出すために使用するものです。

豚毛ブラシに少量のクリームを取り、靴に塗っていきましょう。豚毛は馬毛よりも硬めで、クリームを均等に伸ばしてシワの中まで入り込んでくれるため、キレイに仕上がります。

仕上げに、余分なクリームをキレイな布で拭いて取り除きましょう。

④ワックスでピカピカに!

ワックスは革靴をピカピカにしてくれるのはもちろんですが、傷がつきにくくなったり、防水加工の効果があったりと役立ちます。多少の雨の日にも気にせず履けたり、うっかり飲み物をこぼして汚れてもワックスをしていればササッと拭くだけで大丈夫。大切な革靴も安心して履けます。

created by Rinker
ハイシャインポリッシュ65ml
¥880 (2022/01/20 11:51:01時点 Amazon調べ-詳細)

 

自分の顔が映る!?鏡面磨きの手順と注意点!

出典:SAPHIR

鏡面磨き(ハイシャイン)とは、主に靴のつま先とかかとを鏡のようにピッカピカに輝かせる磨き方の事をいいます。

実際に、自分の顔が映る程ピカピカにしてみたくないですか?

先ほど紹介した①、②、③の工程が終わったら、ワックスで楽しい鏡面磨きの始まりです!

鏡面磨きの詳しい手順

手順①

つま先とかかと部分に、ワックスを少しずつ円を描くようていねいに塗っていきます。靴の表面の凸凹を埋めるような感覚で塗っていきましょう。

出展:Amazon

手順②

指に布を巻き付けて少量の水を含ませます。塗ったワックスを伸ばすようにさらにクルクルと磨いていきます。

水の量は多すぎると良くありませんが、布が常に湿っている状態を保つようにしましょう。

水分量に不安な場合には、布に水を含ませるのではなく、靴に一滴ずつ垂らして磨く方法がおすすめです。特に初めての方はこの方法を試してみてください。水分量で輝きが変わってくるため、重要なところ。慎重に磨いていきましょう。

手順③

手順①と②を交互に繰り返していくと(20分以上)、徐々に鏡のようにピカピカと輝いてきます。どんどん輝いてくると楽しくなってきますよ!

あまり力を入れてゴシゴシ擦るのは逆効果。ワックスを塗った部分が剥がれてしまうので注意してください。力加減も重要なポイントです。

出展:Amazon

手順④

仕上げにキメの細かいストッキングで磨き上げると、さらに輝きが増します!!

鏡面磨きの注意点

ワックスの主な成分はロウのため、あまり塗りすぎると革が呼吸できなくなります。ひび割れの原因にもなってしまうので、塗りすぎには注意しましょう。

革靴の光沢を復活させるおすすめワックス3選

ワックスにはいろいろ種類があります。いざ使ってみようと思っても、何を使ったら良いのかよく分からないという方も多いのではないでしょうか?

そこで、革靴の光沢を復活させるのにおすすめのワックスを3つ紹介していきます。

 

KIWI シューポリッシュ

出典:Johnson

革靴用のワックスと言えばコレ!と言っても過言ではないくらい、メジャーなワックスのひとつ。KIWIのシューポリッシュは柔らかめのワックスで、ツヤとノビの良さが大きな特徴です。

リーズナブルで扱いやすいワックスですのため、初めて革靴用ワックスを購入するかたにもおすすめです。

created by Rinker
キィウイ(KIWI)
¥373 (2022/01/20 11:51:02時点 Amazon調べ-詳細)

 

SAPHIRビーズワックスポリッシュ

出典:SAPHIR

SAPHIRのビーズワックスポリッシュも、普段から革靴を磨いている人なら一度は手にした事があるくらいメジャーなワックスです。

フランス製の油性ワックスで、光沢が出やすく栄養分も入っています。色の種類が豊富なところもおすすめポイント。KIWIに比べると少しだけ値段が上がりますが、高すぎるほどではないでしょう。革靴のお手入れに慣れてきたら、こちらも使ってみてください。

 

SAPHIR ミラーグロス

出典:Amazon

鏡面磨き専用のワックスのため、光沢が出る速さはダントツです。時間が無い!だけど鏡面にしたい!という方におすすめ。

上記2つのワックスに比べると高額ですが、何度も使う事を考えたら持っておいても損は無いでしょう。

 

おすすめワックスを3つ紹介しました。どれもそれぞれに良いところがありますので、自分が持っている革靴に合うワックスを選んでみてください。黒色や茶色等、ワックスには色も数種類あります。迷った時はどんな色の靴でも大丈夫な無色を買うのが無難ですよ。

まとめ

鏡面磨きは難しいという方もいますが、コツを掴めば誰でもピカピカに出来ます。ワックスを塗る前のブラシやリムーバーでの汚れ落とし等、前段階も重要。ていねいにお手入れをしていきましょう。

キレイな靴を履いていると気持ちがいいですよね。毎日頑張って働いてくれてる靴に感謝の気持ちを込めて、ピカピカに磨いてあげてくださいね。