HushTug NOTE レザー 革靴にできるシワの原因は?シワを伸ばす方法とおすすめグッズも紹介

革靴にできるシワの原因は?シワを伸ばす方法とおすすめグッズも紹介

革靴にできるシワの原因は?シワを伸ばす方法とおすすめグッズも紹介

2018年12月5日

革靴はビジネスシーンに欠かせないアイテムのひとつで、どれだけ髪型を整えて良いスーツを来ていても革靴がくたびれていたら印象は一気に落ちてしまいます。

特に簡単な手入れをして小奇麗な革靴であればまだしも「シワができてひび割れしている革靴」を履いていては自分自身が恥ずかしい思いをするだけではなく、相手に失礼な事にもなります。

そこで、この記事では革靴にシワができる原因やシワを伸ばす方法、シワを作らない為の予防方法を解説します。

後半ではシワ伸ばしに役立つおすすめのシューキーパーについても紹介しているので、この記事をしっかりと読んでいただければ革靴の手入れについてマスターできるはずです。

革靴にシワが出来る原因

出典: シューズセレクト

 

革靴にシワができてしまう原因はたくさんあります。
シワができる原因を理解し、日々の生活で革靴にシワができないよう管理をしておくことが大切です。

革靴にシワができる原因がどんなものがあるのか5つ紹介します。

革の種類

革にも色々な種類がありますが、革靴は柔らかい革の方がシワができにくいです。

硬い革は歩くたびに折れ目ができやすいので、硬い革ほどシワになりやすくなります。

履く頻度

毎日、同じ革靴を履いていませんか?

ひとつの靴だけを毎日履いていると、消耗するスピードが早くなってしまいます。
ですので、革靴に限った話ではなく、靴は2〜3足は準備してローテーションしながら履くのが良いとされています。

同じ革靴を履き続けると革が休む期間がなく、シワができる原因になります。

サイズ違い

サイズが合わない革靴を履いている場合もシワができる原因になります。

特に、サイズが大きい場合は足と革靴にスキマが生じます。
そのスキマがシワを寄せるスペースになってしまうので、シワができてしまいます。

小さい場合は革が少しずつ伸びていくので、大きい場合に比べると問題ありません。

栄養不足

革は動物の皮膚から作られています。
ですので、革の中の栄養が無くなってしまうと劣化するスピードが早まります。

革の栄養は日々のお手入れが大切になってくるので、定期的に革に栄養を与えられるようにしましょう。

乾燥

人の皮膚も乾燥しているとカサカサするのと同じで、革靴の革も乾燥しているとカサカサになります。

革靴が乾燥するとシワやひび割れが起きやすくなります。

人の皮も靴の革もしいかりとうるおいを与えてあげなければいけないので、乾燥対策も日々のお手入れが大切です。

就活でも気をつけたい革靴のシワ

出典:リクナビ

毎日のように革靴を履くビジネスマンと同じく、就活生も革靴のシワは気をつけた方が良さそうです。

実は、企業の面接の際に面接官から「身だしなみ」をチェックされていることがあるようです。

いくら受け答えが良くても、靴が汚れていたり、シワがたくさん入っているのはあまり印象がよくないようです。

綺麗な革靴で、清潔感のある印象を与える為にも、革靴のシワを取る方法を確認しておきましょう!

革靴のシワを伸ばす方法・手順

革靴にシワがついてしまった場合、軽度であればシワを伸ばすことが出来ます。

しかし、しばらく放っておいた深いシワや乾燥によってひび割れてしまったシワはすぐには直せません。
革靴のシワを手入れする方法としてスチームアイロンを使った方法と専用のスプレーを使った方法の2つの手入れの方法を紹介します。

また、重度のシワを直す場合、かなり厳しそうであれば靴専門の修理業者などを利用してみるのもおすすめです。

スチームアイロンでシワを伸ばす方法


自宅にあるものでシワを伸ばす方法のひとつとして、スチームアイロンを使用する方法があります。
革靴を履く方であればシャツを着ることも多く、アイロンを使用するかと思います。

自宅にあるものでシワを伸ばすには一番手軽な方法です。

  1. 靴にシューキーパーや新聞紙を入れておきます。
  2. 水を含み固く絞ったタオルやハンカチを靴のシワの部分に被せます。
  3. シワの部分に浮かせながら、スチームを当てていきます。(アイロン本体をあてないように注意してください)
  4. 最後に乾いた布で拭き上げ、革靴用のクリームを塗っておきます。

このやり方は浅いシワであればある程度取ることができます。

ただし、ひび割れや深いシワには効果はありません。
また、革靴そのものを悪くしてしまう可能性もあるので、慎重に行う必要があります。

専用のスプレーでシワを伸ばす方法

出典:Amazon

安全確実に革靴の手入れをするのであれば、専用のスプレーやクリームを使うのがおすすめです。

今回はより手軽に使うことが出来るスプレーでの方法を紹介します。
スプレーだけではなく「シューキーパー」という、革靴の形を保つためのアイテムとこのスプレーを併用することで軽度のシワを伸ばすことができます。

  1. 革靴に自分のサイズに合ったシューキーパーを入れます。
  2. シワのある部分にスプレーを吹きかけます。
  3. 数日間、放置しておく。

たったこれだけで固まってしまい伸ばしづらいシワ部分の革が柔らかくなり、シワを伸ばすことが可能です。

革靴にシワを作らない為の予防方法

出典:シューズセレクト

革靴にシワを作らないようにするためには、普段のお手入れをどれだけしっかりできるか次第です。

まず、定期的にすべき簡単な手入れとして

  • ブラシでホコリや汚れを払う
  • シューキーパーを入れて保管する

は最低限行うようにしましょう。

簡単な手入れでも、サボるとサボるだけ革靴へのダメージが大きくなっていきます。

更に時間があるときは、クリームなどを使ってしっかり磨いてあげましょう。
クリームなどで手入れをすることで革そのものの状態が良くなり、更にシワがつきにくくなります。

シワは放置しておくと更に深いシワになったり、他にもシワが増える原因にもなります。

シワを予防するためには、手間でもこまめに手入れをしておくことが大切です。

同じ革靴を毎日履き続けるのも、革靴にダメージを与える原因になります。
靴にも休養を与えるイメージで2〜3足をローテーションすると良いです。

革靴のシワ伸ばしに役立つおすすめシューキーパー3選

ここまでシワの伸ばし方や予防方法を解説しましたが、どの方法でも必須なのが靴の形を保つための「シューキーパー」です。

シューキーパーは安価なものから高価なものまでありますが、機能が違ったりするためどれを選ぶべきか迷ってしまう方も多いでしょう。

どのようなシューキーパーを選んだらいいか、おすすめのものを3つご紹介いたします。

Natural Stuffシューキーパー 木製レッドシダー

木製でつま先がななめに切れているタイプのスプリング式です。

靴のサイズが細いので、自分の靴に合ったものを選ぶことができます。

甲までしっかりと支えますのでローファーにも使用できます。

価格は2,000〜3,000円ほどです。

マーケン アロマティックシーダートゥリーディプロマット

マーケンのシューキーパーで木製のものになります。

少しお値段がはりますが、その分しっかりとした作りで、安心感が違います。

表面の木のバリを綺麗に取り除いてあるので、うっかり引っ掻いて靴を傷つける心配もありません。

価格は4,000円前後です。

アイリスオーヤマ シューズキーパー 2足セット

こちらはプラスチック製のシューズキーパーです。

作りの良さは高価な木製のものには劣りますが、軽いので持ち運びやすく旅行に行くときはかなり便利です。
金具の位置を変えれば、様々なサイズに対応できます。

価格は200〜400円ほどなので、コスパを抑えたい方にもおすすめです。

革靴のシワを伸ばしていつもキレイな靴に

革靴のシワは普段のお手入れで、ひどいシワになるのを防ぐことができます。

シワがひどくなったりひび割れになってしまう前に、正しいお手入れとシューズキーパーで大切な革靴をかっこよく履きこなせるようにしましょう。