ライニングとは靴のどこの部分?破れの修理や予防をする方法を紹介

「ライニング」という言葉を、聞いたことがありますか?

靴のある部分の言葉で、なじみがないという人も、多いと思います。

しかし、ライニングの破れの修理や予防は、靴を長く履(は)く上で、大切なポイントです。

今回は、そんな「ライニング」について、特徴や敗れた時の修理・予防方法を、ご紹介します。

ライニングとは?素材ごとの特徴の違い

出典:SHOE REPUBLIC

ライニング(Lining)とは、衣服などにつける裏地であったり、内側を指す英単語です。

靴の分野においては、靴のアッパーの内側(肌に接する側)の、布・素材のことを意味しています。

ライニングに必要なのは、以下のようなものです。

  • 歩く時の、かかる力に耐える強さ。
  • かかとにフィット感を持たせるため、滑りにくくなっているか。
  • 通気性が良いか。
  • 靴の中は蒸れやすいので、湿度に強い素材か。

素材としては、レザー・布・合成皮革があり、それぞれに特徴が異なります。

1.天然皮革(レザー)ライニングの特徴

出典:靴工房106

本革(レザー)のライニングのメリットは、

  • 高級感がある。
  • 耐久性が高く、破れにくい。
  • もし破れても、直しやすい
  • 足の形に、革が少しづつ馴染んでいき、履き心地が良くなってくる。
  • 手入れをしっかりやれば、長く履ける。

などがあり、慣れるまで大変でも、質の良い革靴をずっと履けるのは、嬉しいですね。

出展:Amazon

一方デメリットは、

  • どうしても蒸れるので、カビが生えやすい。
  • 履き始めは硬く、足に馴染むまでに時間がかかる。
  • 乾燥しないようにクリームを使う、など手入れに手間がかかる。
  • 水にぬれると、シミになったり型崩れしたりする場合がある。

といった、”革のデリケートさ”からくる内容が目立ちます。

2.布ライニングの特徴

布ライニングのメリットは、

  • 革よりも値段が安い。
  • 通気性が良く蒸れにくいので、カビも生えにくい。
  • ソフトな感触で柔らかく、新品でも履きやすい。

などがあり、手に入りやすい値段ということと、布こその柔らかさが特徴です。

一方デメリットは、

  • 傷みやすく、革より破れやすい。
  • 見た目が安っぽい。
  • 長く履いても足にフィットしないので、履き心地は変わらない。
  • 破れると直しにくい。

という、見た目と履き心地に関わる内容が、目立ちます。

3.合成皮革ライニングの特徴

合成皮革(ごうせいひかく)は、革に似せて人が作った素材ですが、これを裏地にすることもあります。

合成皮革ライニングのメリットは、

  • 雨などの水シミや、すり傷が付きづらい
  • 手入れは、ほとんとしなくても問題なし。
  • 本革よりも安い。

などがあり、本革のような見た目でも手入れが簡単なので、中々時間がとれない方も履きやすいです。

一方、合成皮革ライニングのデメリットは、こちらです。

  • 伸びにくく、柔らかさがほとんどないので、フィット感がイマイチ。
  • 通気性が悪く、蒸れやすい。
  • 経年劣化が起こりやすく、ひび割れが起こる。

合成皮革が傷みやすいのは、使われている樹脂が原因です。

加水分解が進むと、まずベタつきが気になるようになり、放っておくとボロボロになってしまいます。

靴のライニングにできた破れを修理する方法

出展:Amazon

ライニングの中でも、「カウンターライニング」と呼ばれるかかとの部分は、すれると傷みやすいです。

しかし、メリットでお伝えした通り、本革のライニングなら直すことができます。

ここでは、ライニングの破れを直す方法を、ご紹介します。

1.お店に修理に出す

靴の修理屋にお願いして、直してもらう方法です。

キレイに直してもらえますが、それなりにお金はかかります。

Spica*(スピカ)の場合

出展:スピカ

Spica*(スピカ)は、靴とバッグの本格メンテナンスをする修理屋です。

片足で2,000円(税別)、両足で3,000円(税別)という料金になります。

直しにかかる日数は、2週間くらいです。

職人が八方ミシン(縫う部分を360度動かせる)や、市切り(革を切る道具)を使って、キレイに修理してくれます。

Spica*の公式サイトは、こちらから。

MISTER MINIT(ミスターミニット)の場合

出展:ミスターミニット

ベルギーで始まった修理屋で、靴以外のサービスもたくさんあります。

バッグや傘の修理、合カギやハンコ作りなど、生活に必要な困りごとに、対応してくれる便利なお店です。

ミスターミニットの場合は、両足で税別4,000円というサービス料金になっています。

MISTER MINITの公式サイトはこちらから。

2.自分で修理する

靴のライニングを直すなんて、難しそうなイメージでしょうか。

直す部分の大きさによりますが、ちょっとしたアイテムを使えば、それほど難しくもありません。

丁寧な直し方より、安く・早く・手軽に直したいという人向けです。

用意するもの

用意するものは、たったのこれだけです。

両足合わせても、1,500円くらいで揃(そろ)えられます。

  • 馬毛の竹ブラシ
created by Rinker
SK11(エスケー11)
¥453 (2022/05/19 14:09:29時点 Amazon調べ-詳細)
  • すりきれ防衛隊 かかと補修
  • 布用ボンド
created by Rinker
コニシ(KONISHI)
¥496 (2022/05/19 14:09:31時点 Amazon調べ-詳細)
  • はさみ

「すり切れ防衛隊」は、Amazon(アマゾン)で800円くらいで買えます。

  • 合皮タイプ
  • 合皮メッシュタイプ
  • ポリエステル

など、素材の種類が多くて選びやすいため、革靴からスニーカーまでバッチリ直せます。

「すり切れ防衛隊」だけでも一応直せますが、はがれないよう、ボンドでくっつけることをオススメします。

ボンドは、「裁ほう上手」や「ボンド布上手」であれば、700円くらいで買えます。

ライニングの補修方法

出展:Amazon

直す方法といっても、特に難しいことをするわけではありません。

  1. 竹ブラシで、直したい部分のホコリや汚れを取る。
  2. 「すりきれ防衛隊」を、はさみで適当な大きさに切る。
  3. 切った「すり切れ防衛隊」の裏面に、接着剤を塗る。
  4. 破れた所に「すり切れ防衛隊」を貼り付ければ完了。

この手順通りなら、それなりに見た目もキレイになって、履くのをためらうようなことはないでしょう。

接着剤は、ドライヤーで乾かした使った方が効果が上がりますが、革以外の素材で使ってください。

熱は、革を傷めてしまうので、型崩れや色ムラの原因になります。

すり切れ防衛隊を使う注意点

出展:Amazon

めくれたり剥(は)がれたりしないよう、気を付けることがあります。

  • 接着剤は、剥がれやすい周りの部分を丁寧に塗る
  • テープ式の接着剤は、周りに貼りにくいのでオススメできない。
  • 切るとき、角を丸めた方が取れにくくなる。
  • ハンマーなどで、叩いて圧着(あっちゃく)させると、よくくっつく。
  • 少し厚みがあるので、靴のサイズが0.5㎝くらい変わる場合がある。

はさみでカットするとき、サイズを間違えると、中敷きなどに貼りついてしまいます。

そこから、めくれやすくなるので、何度か確認しながらやってみましょう。

靴のライニングが破れないような予防策は?

ライニングは直せるといっても、なるべくならライニングが破れない方が良いですよね。

ここでは、ライニングが破れないための、予防策を紹介します。

1.靴べら(シューホーン)を使おう

出展:楽天市場

そのまま履こうとすると、どうしてもかかと部分を内側に踏(ふ)んでしまうので、破れやすくなります

靴ベラを使えば、そのようなこともなくなりますので、靴の形を崩さずに履くことができます。

靴ベラは長いイメージですが、コンパクトで軽い、持ち運べる靴ベラもあります。

バッグに入れておくと、出かけた先で靴ベラがなくても困りません。

created by Rinker
コンドウ(Kondo)
¥786 (2022/05/19 16:35:18時点 Amazon調べ-詳細)

2.靴はシューツリーで保管しよう

シューツリーとは、靴を履いていないときに、内側に入れておく道具です。

シューキーパーとも呼ばれています。

履いているときに付いたシワや、型崩れを直すために使います。

また、靴の内側の湿気は、カビが生えやすくなり、ライニングも破れやすくさせます。

靴を脱いだ後、少しそのままにして蒸れが落ち着いてから、シューツリーを入れましょう。

ちなみに、シューツリーと似た名前・形の「シューストレッチャー」という道具があります。

こちらは、靴の型崩れを正すというより、革を伸ばしてサイズを大きくしたいときに使います。

クリームでも柔らかくなりますが、効果が薄ければ、革を伸ばすスプレーを使うとスムーズです。

使い方を間違えないよう、お気を付けください。

3.正しい姿勢で歩こう

地面に接する部分は、圧力がかかるため傷みやすくなります

特に、かかとやつま先は、体重を支えたり踏み出したりするとき、力が入りやすい部分です。

力がアンバランスにならないよう、正しい姿勢で歩くことを意識しましょう。

4.毎日同じ靴を履かない

人が働いたら休むのと同じで、同じ靴を毎日履くと、その分靴に負荷がかかります。

時々靴を休ませ、湿気やニオイ、汚れを落とすなどの手入れも必要です。

そうすれば、ライニングの破れも起こりにくくなり、キレイな状態をキープできます。

少なくても3足くらいを用意し、ローテーションで履くのが理想です。

1日履いたら、最低1日は保管することを意識しましょう。

雨でぬれたら2日以上休ませる

雨などで革靴がぬれると、柔らかくなったように感じます。

しかし、乾いてくると、革が硬くなって型崩れしてしまいます。

これは、革の中のオイルを水が流してしまうため、栄養が足りなくなっているサインです。

よく乾かないうちにクリームを塗ったり、履いたりすると、革にダメージを与える場合もあります。

中までしっかり乾くよう、2日以上は干しましょう。

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥4,281 (2022/05/19 14:09:33時点 Amazon調べ-詳細)

靴のライニングの手入れ方法

靴を長持ちさせるには、日々の手入れが大切になります。

基本の手入れは、水気を硬く絞った柔らかい布で、拭くだけでOKです。

(※布のライニングなら、消毒もできるアルコールティッシュを使ってもかまいません。)

かかと部分にホコリが溜まってきたら、馬毛の竹ブラシで取り除きましょう。

1.湿気をとる

元々、足は汗をかきやすい部分で、靴の内側は湿気がこもりやすいのです。

カビが生えないよう、乾かす時間も必要です。

手入れを忘れると、靴のニオイや汚れが、ひどくなることもあります。

布であれば、洗剤で水洗いをして、ニオイをなくす方法もとれます。

しかし、革はできないので、毎日のこまめな作業が大事になります。

2.クリームで栄養を与える

出展:Amazon

本革のライニングは、乾燥しないよう栄養を与えなくてはいけません。

2~3か月に一度は、保革クリームを塗りましょう。

ライニングは、ツヤを出す必要はありません。

乳化性クリームよりも、デリケートクリームを使うことをオススメします。

靴のライニングは手入れをすれば履き続けられる

出展:楽天市場

今回は、靴のライニングについて説明しました。

日本は、他の国より高温多湿になりやすいと言われています。

猛暑(もうしょ)が続く夏や、ジメジメした梅雨は、特に湿気が気になりますよね。

ライニングの経年劣化は、気が付きにくい部分なので、チェックをお忘れなく!

ライニングのお手入れを気をつけることで、好きな靴を長く履き続けられますよ。