メンズのモッズコートはなぜダサい?似合うコートの選び方

「モッズコートはダサい」と聞いたことがありませんか?地味なカラーが使われていてシンプルなデザインなので、場合によってはイモっぽい・あか抜けない印象を受けることもあります。

しかし、ダサく見えてしまう原因は、モッズコートそのものにあるのではなく、モッズコートの選び方やコーデにズレがあるからです。

この記事では、モッズコートの特徴や魅力を知り、ダサく見えないおすすめモッズコートについてご紹介します。ポイントを押さえることで、ダサいとはいわせないおしゃれなモッズコートを選べますよ。

モッズコートとはどんなコート?

さまざまなコートの種類があるので「モッズコート」と聞いただけでは、いまいちピンとこない方もいるのではないでしょうか?モッズコートの特徴やほかのコートとの違いをご紹介します。

正式名称はM-51、由来は軍用に作られたコート

出典:楽天市場

モッズコートの正式名称は「M-51」です。アメリカ軍で採用された防寒用コートとして使われていた、PARKA SHELL M-1951が由来であり、簡略化してM-51と呼ばれています。

元々は軍用コートとして使われていた歴史から、カーキをメインカラーとしたミリタリー感を感じる見た目が特徴です。着脱しやすいデザインや頭までしっかり防寒できるフードなど、機能性に優れています。

デザインはシンプルなものが多い

出典:楽天市場

メンズ用コートとしてイメージされやすい、チェスターコートやダウンコートなどとは異なり、シンプルなデザインがほとんどです。柄がなく単色で統一されていて無駄がありません。フード付きで上までボタンをきっちり閉めることができ、冬の寒さ対策をバッチリできます。

シンプルな分、数多くのブランドから販売されているモッズコートの違いは大きくありません。選ぶときは、サイズやシルエット、機能性をチェックしてみましょう。

モッズコートとミリタリーコートの違いは?

出典:楽天市場

先ほどご紹介した通り、モッズコートは軍用の防寒着をもとにして作られたコートです。ミリタリーコートの一種であり、ミリタリーコートの1ジャンルとしてモッズコートが存在しています。店舗やネット通販で購入する際は、ミリタリーコートのキーワードで探すと、ミリタリージャケットなども含まれるので注意しましょう。

モッズコートはなぜダサイと言われるのか?

なんとなく「ダサい」といった印象のあるモッズコート。シンプルなデザインから誰でも着こなしやすそうなコートですが、ダサいと言われてしまう場合もあります。せっかく購入したモッズコートがダサ見えしてしまわないよう、3つのチェックポイントをご紹介します。

サイズが合わないモッズコートを着ている

出典:楽天市場

シンプルなデザインだからこそ「着られている感」がでないよう、サイズのあわないモッズコートを選ばないようにしましょう。あえて大きめを選びゆったりと着るコートもありますが、モッズコートには不向きです。大きめを選んでしまうと、コーデのバランスが取りにくくなり、ダサく見えてしまう原因になります。

ネット通販で購入するときは、普段着ているちょうどいいサイズのコートの着丈をチェックしてください。店舗で購入する場合は、試着してから購入するといいですよ。

癖のあるカラーのモッズコートを着ている

出典:Amazon

モッズコートのスタンダードなデザインは、カーキ一色でデザインにクセがありません。なかにはカーキ以外のカラーに、ポケットのデザインが個性的だったり、首元が広めに覆われているデザインだったりクセのあるタイプもあります。

一見するとおしゃれではありますが、単品で見るとおしゃれなモッズコートでも、実際に着てみると「似合わなかった」というパターンも。またアウターが個性的だと、コーデがうまくまとまらない可能性もあります。定番はカーキの単色なので、おしゃれ初心者は王道のデザインを選ぶのがおすすめです。

身体にフィットするタイプのモッズコートがおすすめ

出典:Amazon

失敗しないモッズコート選びのポイントは、定番デザインで身体にフィットするサイズです。丈はひざ上くらいで、長すぎても短すぎてもNG。カラーとサイズの2つに注目すれば、失敗する心配はありませんよ。

また普段からオーバーサイズのアイテムや、ゆったりしたシルエットのパンツを身につける機会が多い方は、タイトなボトムスをセットで購入しておきましょう。モッズコートはスッキリとしたシルエットではない分、バランスを考えてタイトなボトムスをあわせるのがおすすめです。せっかくモッズコート選びに成功しても、合わせるボトムスによってダサく見えてしまうこともあるので、全体のコーデを想像しながらアイテム選びをするといいですよ。

メンズコーデに合わせやすいモッズコート9選!

メンズに似合う、おすすめモッズコートを9着ご紹介します。スタンダードなカーキだけではなく、あわせやすいブラックやおしゃれなベージュもあるので、ちょっと攻めたモッズコートを探している方はこちらもチェックしてください。

1.8(eight)/モッズコート

出典:Amazon

カラーデザイン、ちょうどいい丈の2つをクリアした、スタンダードなモッズコートです。ボタンを全部閉めてもダサく見えず、首元をゆったりと覆うデザインが魅力。コットン100%で作られているので、丈夫でしっかりとした作りにより長年愛用できます。

体にぴったりフィットするのではなく、ほどよくゆとりがあるシルエットのおかげで、ニットを着ても着ぶくれしにくいです。秋から春にかけて着れる、王道のモッズコートですよ。

ブランド/商品名8(eight)/モッズコート
価格5,980円
created by Rinker
8(eight)(エイト)
¥5,980 (2021/12/06 20:08:12時点 Amazon調べ-詳細)

2.クロスワールド/モッズコート

出典:Amazon

一風変わったモッズコートを探している方におすすめです。ブラックをベースにゴールドの金具で輝きをプラス、フード周りにファーをプラスして華やかさをアップさせたデザインです。モッズコートは薄手のタイプが多い中、こちらは全体に中綿を入れてボリュームをだしています。寒い冬でもしっかり防寒ができますよ。

ウエストの内側に縛り紐が入っていることから、タイトなシルエットに調整できるところがポイント。着ぶくれしやすい冬でも、スタイリッシュな見た目に変えられます。取り外し可能なファーなので、2WAY感覚で楽しめるモッズコートです。

ブランド/商品名クロスワールド/モッズコート
価格10,780円
created by Rinker
Cross World(クロス ワールド)
¥10,780 (2021/12/06 20:08:13時点 Amazon調べ-詳細)

3.WEEN CHARM/モッズコート

出典:Amazon

ダウンとモッズコートをミックスさせた、進化系アウターです。スタンダードなモッズコートと比べてちょっと攻めたデザインではありますが、落ち着いたカラーとちょうどいい丈によりチャレンジしやすいアイテム。ボリュームのあるシルエットではありますが、細身に見える立体感と軽さが魅力です。

使われている素材は、はっ水性と耐久性の高いポリエステル。保温性にも優れているので、真冬での外出時にぴったりなアウターですよ。

ブランド/商品名WEEN CHARM/ダウンモッズコート
価格5,799円

4.somari/フェイクファードルマンロングモッズコート

出典:楽天市場

シルエットにこだわったモッズコートは、着るだけでおしゃれに見せてくれます。身体のラインをきれいに見せつつも少しゆったりとしたシルエットなので、こなれ感を演出できるところが魅力。ほどよくドルマンスリーブになっていることから、ニットを着ても袖がパツパツになる心配がありません。

フード周りのファーと、内側にあるボアは取り外しOKです。ボアをつけるときは、袖をまくってボアをチラ見せすると、さらにおしゃれに見えますよ。

ブランド/商品名somari/フェイクファードルマンロングモッズコート
価格14,000円

 

5.ヒューストン/M-51パーカ モッズコート

出典:Amazon

ヒューストンのモッズコートは、映画「踊る大捜査線 THE MOVIE」で採用されたモデルです。映画で採用されたことをきっかけに爆発的な人気を誇り、現在ではヒューストンの代表作として知られています。

サイズ展開はUSサイズなので、いつも着ているサイズよりも2~3サイズ落としたものを選びましょう。日本サイズでの4L~5Lにあたるサイズまで展開されているので、大柄の男性も選びやすいですよ。ドローコードを使って、ウエストと裾のフィット感を調節できる仕様です。

ブランド/商品名ヒューストン/M-51パーカ モッズコート
価格15,660円
created by Rinker
HOUSTON(ヒューストン)
¥16,580 (2021/12/06 20:08:14時点 Amazon調べ-詳細)

6. BEAMS/モッズコート

出典:Amazon

メンズにも人気のブランド、BEAMSもモッズコートを販売しています。ほかのブランドと比べてAラインに近い広がりのあるシルエットが特徴なので、オーバーサイズの服装が好きな方におすすめ。雨や雪を弾くはっ水性の高さと、見た目以上の軽量が魅力です。

定番のオリーブだけではなく、ラフな印象の強いベージュも展開しています。襟が短めに作られていることから、タートルネックやハイネックのニットとのバランスがよく、上手に着こなせますよ。またフードがついていないタイプなので、パーカーとの相性も抜群。ウエストのドローコードでフィット感を高めれば、全閉めしてもおしゃれに見えます。

ブランド/商品名BEAMS/モッズコート
価格38,500円

7.InnoBase/モッズコート

出典:Amazon

ディテールにこだわりのあるInnoBaseは、ほかのモッズコートとひと味違ったワイルドな雰囲気が特徴です。硬い印象を受けますが、表地は型崩れしにくい100%コットン、裏地には肌触りが心地いいボア素材を使用しています。厚手に作られているので、真冬の時期に活躍してくれますよ。

4つのポケットと内ポケットがあり、手荷物が少ない男性はこちらのモッズコートひとつで十分の収納能力です。

ブランド/商品名InnoBase/モッズコート
価格7,990円

8.HOUSTON/M-51 メンズ モッズコート

出典:楽天市場

スタンダードな王道モッズコートながらも、どこかおしゃれな印象を受けるアイテム。サイズやシルエット、ディテールにこだわり、誰が着てもバッチリ決まるアイテムに作られています。裏地は保温性のあるボア素材になっていて、取り外しもOKです。

ネットでの購入はサイズ感がイマイチ分かりにくいですが、販売ページにサイズ別の着用イメージが掲載されているので、サイズ選びの参考になりますよ。カーキに加えて、ブラックとベージュの全3色展開です。

ブランド/商品名HOUSTON/M-51 メンズ モッズコート
価格15,660円

9.FRED PERRY/モッズコート

出典:Amazon

FRED PERRYのモッズコートは、ほどよく体にフィットするスタイリッシュさがプラスされたアイテムです。フード周りについているファーは、よりリアルに近いエコファーを採用。ダウンのように綿が詰められているので、薄手のインナーでも十分な保温性を実感できます。

採用されているキャストナイロンは、耐久性や耐熱性、耐摩耗性に優れた素材。長年愛用できるよう、素材にこだわったモッズコートです。

ブランド/商品名FRED PERRY/モッズコート
価格49,500円

まとめ

ダサく見えない、おすすめのメンズモッズコートを9アイテムご紹介しました。記事の初めにご紹介した、ダサく見えない選び方のポイント3つを押さえられているアイテムばかりです。

初めてモッズコートを購入する方は、王道のカーキがおすすめ。おしゃれに自信のある方は、カーキ以外のカラーを選んでみましょう。