メンズパンツ(ズボン)の種類と特徴29選まとめ!もうショップで迷わない!

ファッション業界に飛び交う横文字の数々。
スキニー、テーパード、ジョガー、などなど、ファッション用語は時代と共に変化しつつ、たくさんの呼び方が存在します。

なんとメンズパンツ(ズボン)だけでもざっと29種類も。

種類や呼び方がありすぎて混乱してしまう方もいるかもしれません。

そこで今回はパンツに焦点をあてて、29種類のメンズパンツを、カテゴリーごとに特徴も交えて解説していきます。

「あのダボッとしたズボンなんて言うんだっけ」「欲しいパンツの名称がわからない・見つからない」と頭を抱えてこの記事にたどり着いた方などは、ぜひここで覚えていってくださいね。

パンツとズボンの違いとは?

まず最初に「パンツ」と「ズボン」の違いについてはご存知でしょうか?

最近はズボンという言葉はあまり使われなくなりましたが、「パンツ=下着」とイメージする方もまだいらっしゃるかもしれません。

先に結論から言ってしまうと、日本で使われている「パンツ」と「ズボン」には大きな意味の違いはありません。

しかしその細かいニュアンスや語源に違いがあります。

パンツ(ズボン)の種類と特徴を紹介する前に、まずはこの「パンツ」と「ズボン」の違いをチェックしておきましょう。

パンツとは?

パンツとは、下半身に履く二股に分かれた衣類のことです。

語源はフランス語のパンタロン(pantalon)で、長ズボンを意味する言葉。パンタロンという名は、16世紀のイタリア喜劇の役者パンタローネが着用した衣装が由来です。

現在はパンツ=ズボンという意味でよく使われていますが、語源だけ聞くとパンツがなぜ下着と認知されたのか疑問ではありませんか?

実はイギリス英語では下着のことを「パンツ」と呼び、一番外側に着るボトムスは、トラウザーズ(trousers)と呼びます。

つまり日本でも当初はイギリスに習って「パンツ=下着」という認識で使っていたことになり、意味はあながち間違っていません。

一方アメリカでは、下着のことを「アンダーウェア(underwear)」と呼び、一番外側のボトムスは「パンツ」と呼んでいます。

現在の日本における「パンツ」は、アメリカ英語よりになっているということです。

同じ言葉でも国によって意味が違うので、外国では注意が必要ですね。

ズボンとは?

ズボンとは、両足それぞれを別に包む衣類のことです。

語源は、フランス語のペチコートの意味がある「ジュポン(Jupon)」が変化した言葉とされています。

また、パンツの説明でも挙げたパンタロンの用語から派生したもの中では、ズボンに関連する以下のような種類もあります。

  • 足にぴったりとしたズボン:パンタローネ(pantalone)
  • スカートの下に履く婦人用ズボン:パンタレット(pantalettes)
  • 裾の広がったズボン:ベルボトム(bell-bottoms)

どれもズボンを意味する用語です。

ちなみに、「ズボン」は日本だけで使われている用語で、外国では通じません。

日本の独自の造語であり、混乱を避ける意味でも今後は「パンツ」という言葉を使った方がいいかもしれませんね。

 

日本では、パンツとズボンの両方とも江戸時代頃から普及していったようです。

しかしながらパンツとズボン、改めてその意味を比較してみると、その違いはわずか。

ほとんど意味は同じですが、現在は「パンツ」を使う人の方が多い印象です。

メンズパンツ(ズボン)のカテゴリー

パンツここではカテゴリーに分けて、メンズパンツの種類を紹介します。

メンズのパンツは大きく分けて、以下の3つのカテゴリーに分けることができます。

  • 形(シルエット)
  • 裾丈の長さ
  • 素材

実は、そのパンツの形・裾丈の長さ・素材ごとに名前がつくため、ひとつのパンツを複数の名前で呼ぶこともあります

例えば近年よく見かけるスキニーパンツ。

スキニーはシルエットの分類ですが、素材はデニムであることがほとんどです。

そのため「スキニーパンツ」だけでなく、「デニムパンツ」にも分類され、呼び方が複数あることになります。

今回は上記であげた3つのカテゴリーで紹介するため、重複する場合は割愛していますのでご了承ください。

それでは実際に、パンツの「形(シルエット)」「裾丈の長さ」「素材」にカテゴリー分けした際の、呼称の違いや特徴をみていきましょう。

形(シルエット)別の種類

まずは「形(シルエット)」のカテゴリーです。

メンズパンツを以下の種類に分けることができます。

  • ストレート
  • スリム
  • スキニー
  • ワイド
  • テーパード
  • ブーツカット
  • オーバーオール
  • カーゴ
  • ペインター
  • ジョガー(トラック)
  • リブ
  • イージー
  • サルエル
  • ジョッパーズ

細かく分けると14種類ほどありますが、名前の違いがあるようにその特徴もそれぞれに変わってきます。

 

ストレートパンツ

出典;Amazon

「ストレートパンツ」は、付け根から裾まで幅の変化がなく、その名の通り裾までの幅がストレートに統一されているパンツのことをいいます。

流行りすたりのないシルエットで、パンツの定番の型とも言えるでしょう。

定番中の定番のため、カジュアルからフォーマルまで幅広く取り入れることができます。

ストレートパンツと相性が良いのは、シャツやブラウスです。

トップスのカラーをシンプルにしたら、ストレートパンツはモノトーンのチェック柄に。

また、逆にストレートパンツを黒・ブラウン・カーキなど落ち着いた色にしたら、トップスは明るめのカラーに。

トップスとパンツの合わせ方を意識してみましょう。

created by Rinker
Demon&Hunter(デモン&ハンター)
¥3,980 (2022/01/20 06:39:15時点 Amazon調べ-詳細)

スリムパンツ

出典;Amazon

「スリムパンツ」は、ストレートパンツに比べ全体的にスリムな形が特徴なパンツです。

腿からふくらはぎ、足首まで全部細めなシルエットのものがスリムパンツ。

欠点としては、細い分動きにくいところでしょう。

しかし、最近ではその欠点を補うために、ストレッチ素材を採用している製品も多くなっています。

その結果、動きにくいという欠点があまり気にならなくなってきました。

スリムパンツと相性が良いのは、Tシャツです。

アメリカンカジュアル感が出るので好みが分かれるところですが、シンプルな着こなしでスマートに見えます。また、デザインより着心地を優先しているので実用性もバッチリ。

スリムパンツ×Tシャツがカジュアル過ぎると感じる場合には、靴選びにこだわったり小物を使ったりするとメリハリが出て印象を変えることができますよ。

created by Rinker
Dickies(ディッキーズ)
¥5,939 (2022/01/20 06:39:16時点 Amazon調べ-詳細)

スキニーパンツ

スキニーパンツ

出典;Amazon

身体のラインにフィットしたシルエットが、「スキニーパンツ」です。

スキニーの言葉の意味は「皮状の、痩せこけた、ほっそりとした」など。

その言葉が意味する通り、スリムパンツよりも更に細く、パンツの中でも最も細身の種類といえます。

身体のラインがそのまま出るため、筋肉質だったり、脚が太かったりしてサイズが合ってないとパツっとした窮屈な見た目になってしまうのが難点です。

スキニーパンツの良さは、どんなコーディネートでもファッションの型を完成できること。

シャツ、ニット、コート、パーカーなど、季節問わず一年中使用できて合わせやすい定番アイテムと言えるでしょう。

スキニーパンツといっても、生地や柄、細部のデザインに違いがあります。

店頭に並んでいたら、まずはチェックしてみるのがよいかもしれませんね。

created by Rinker
Demon&Hunter(デモン&ハンター)
¥3,290 (2022/01/20 06:39:17時点 Amazon調べ-詳細)

▼スキニーパンツの関連記事はこちら

ワイドパンツ

ワイドパンツ

出典;Amazon

ストレートパンツと比べ、尻から裾まで全体的に幅広いシルエットが特徴の「ワイドパンツ」。

漠然と「ダボッとしたズボン」を探している方のほとんどは、おそらくこのワイドパンツの可能性が高いです。

ワイドパンツは、全体に幅広のために足元がスッキリとしない印象があり、実は履きこなすことが難しい上級者向け

逆に言えば、身体のラインが隠せるため、うまく着こなせばどんな体型の人でもおしゃれに活用することができるアイテムとも言えます。

ワイドパンツの選び方のポイントは、落ち着いたカラーを選ぶこと。

また、センタープレス(パンツの真ん中にある一本の折り目)があることや、裾はくるぶしの位置であること。

さらに、より大人っぽさを出すならツヤのある生地を選ぶことです。

派手なカラーやツヤが無い生地のワイドパンツは幼く見え、裾が長すぎても短すぎてもコーディネートがまとまりにくいため、ポイントをおさえて自分に似合うワイドパンツを選びましょう。

▼ワイドパンツの関連記事はこちら

 

テーパードパンツ

出典;Amazon

腰回りはゆったりしつつ、裾に向けてだんだんと細くなっていくデザインが「テーパードパンツ」です。

テーパードには「次第に細くなっていく」という意味があります。

腰回りの幅は狭くないため、スキニーパンツやスリムパンツがあまり似合わないという方も、スッキリとしたシルエットで着用できます。
さらに、裾に向かって細くなっていくことで、足の形がキレイに見え脚が長く見える効果も!

着こなしのコツは、テーパードパンツの裾をアンクル丈にすることです。アンクル丈とは9分丈くらいの長さのこと。

足首は脂肪が付きにくいため、その細い場所を見せることで全体のシルエットがよりスッキリします。さらにスマートさを際立たせるなら、革靴を合わせるのがおすすめです。

ブーツカットパンツ

ブーツカット

出典;Amazon

膝から裾にかけて広がっていくシルエットのパンツが「ブーツカット」です。

カウボーイが使用するブーツに合わせて裾部分を広げたことが発祥となっています。

2018年現在では、足元をスッキリと見せるテーパードがトレンドです。

そのため、その逆のシルエットとなるブーツカットパンツは、店頭に並ぶ頻度も減ってきているようです。

ブーツカットパンツで避けたほうがいいコーディネートは、タックイン(トップスの裾をパンツに入れること)することと、先の細い靴を履くこと。

タックインすると、ブーツカットパンツの裾の広がりが悪目立ちしてしまいます。

また、先の細い靴は一見似合いますが、古いファッションコーデに見えてしまうので、さけたほうが無難です。

デザインが派手なロンTとの組み合わせも、昔流行ったファッションイメージが強くなるため、気を付けたいコーデでしょう。

オーバーオール

出典;Amazon

胸当てとサスペンダーが一体となったパンツが「オーバーオール」です。

もともとは、中に来ているトップスが汚れないように作られた作業着

近年では、子供がよく着ている印象ですが、まだまだ愛用する大人もいます。

オーバーオールはそれ自体がファッションの主役になるため、ハットやアイウェア(目元を飾るもの。例:伊達めがね)などの小物でさらに個性を出すのも面白いでしょう。

オーバーオールの前当てを外して垂らす方法もあります。

片方だけ外すとアウトドアテイストに、両方外すならレザージャケット×ニット×シャツなどを組み合わせると、まとまりますよ。

カーゴパンツ

カーゴパンツ

出典;Amazon

カーゴパンツとは、大きなポケットが両側についたデザイン。

貨物を意味する「カーゴ」が名前についている通り、貨物船の乗員が履いていたパンツに由来しています。

腰をかがめたときに、ものの出し入れがしやすい膝上あたりにポケットが付いているのも特徴のひとつ。

作業用ワークパンツの一種にあたり、カジュアル要素の強いアイテムともいえます。

一番人気のカラーはカーキで、カーゴパンツと言えばこの色の印象が強いでしょう。カーキは着回しがしやすいという利点もあります。

二番目に人気のカラーはベージュです。

カーキとの違いは、カーゴパンツのワイルドさに上品さがプラスできること。

カーゴパンツは裾のだぼつきが特徴ですが、丈が長いとだらしない印象も。清潔感は損なわないよう、くるぶし丈くらいにしておきましょう。

ペインターパンツ

出典;Amazon

「ペインターパンツ」は、ペンキ職人が作業用として使用していたパンツのこと。

ハンマーループやパッチポケット、スパナポケットなど、作業時に使用する道具を吊るすためのアイテムが付いていることが大きな特徴です。

カーゴパンツよりもルーズでカジュアル要素の強いアイテムといえます。

ペインターパンツが最初に流行ったのは、90年代のストリート系全盛期の頃。当時のファッションを今に活用するのもよいでしょう。

たとえば、そのルーズさを活かしてトップスはスウェットに、足元は派手目な柄のスリッポンといったコーディネートにするとアメカジ風で味が出ますよ。

created by Rinker
8(eight)(エイト)
¥3,980 (2022/01/20 06:39:21時点 Amazon調べ-詳細)

ジョガー(トラック)パンツ

出典;Amazon

「ジョガーバンツ」は裾にゴムが付いたパンツのこと。

語源はジョガー(jogger:ジョギングする人)で、ジョギングするときに履くパンツを意味しています。

アンクル(くるぶし)丈で、裾に向けてだんだんと細くなっていくテーパードなシルエットに、裾がゴムなどで絞られているのが特徴。

ラフな印象が強く、リラックスしたコーディネートに合うアイテムです。

相性が一番合うのはスニーカー・パーカー・Tシャツなど、ラフさを感じるもの。

スニーカーではなくサンダルにしてみると、さらに抜け感が出て個性が表現できますよ。

ジョガーパンツを扱うブランドには、ナイキやパブリッシュブランドなどがあります。

質感・シルエット・履き心地など評価が高く、ジョギングのみならずファッションの外し(わざと着崩すこと)でも役に立つパンツです。

▼ジョガーパンツの関連記事はこちら

リブパンツ

「リブパンツ」は足首のあたりにリブ編みという伸縮性のある、うね状に編んだ編み方に由来しているパンツです。

ジョガーバンツよりも、裾の絞りの部分が太いことが特徴。

スウェット生地のパンツも多く、絞りで足先が細く見えることから男女ともに人気の高いアイテムです。

コーデに活用するには、リブパンツのスポーツ感をトップスや靴でどう中和するかがポイント。

カーディガンやローファーなどと組み合わせると、キレイ目に仕上がって違和感もありませんよ。

モノトーンが好きなら、ブラックのブルゾン×白のTシャツとブラックのリブパンツ×ブラックのスニーカーのコーディネートはいかがでしょうか。

シンプルでもリブパンツの特徴が映えてスマートな着こなしになるでしょう。

イージーパンツ(リラックスパンツ)

出典;Amazon

「イージーパンツ」は、ウエスト部分を紐やゴムで軽く締めて使用するデザイン。

着脱がしやすく、リラックス感があります。生地によってはフォーマルな見た目なものもあるため、キレイめなコーディネートにも使用できるアイテムでしょう。

おすすめは、テーパードパンツ(腰回りはゆったりで裾に向けて細くなるパンツ)型のイージーパンツ。

ウエストやヒップのサイズが気になってくる年代のかたも、履き心地が良いままスッキリしたシルエットに仕上げることができますよ。

ラフなビジネスシーンなら、キレイ目のイージーパンツにジャケットとカットソーを合わせたコーディネートは定番ですね。

サルエルパンツ

サルエル

出典;Amazon

「サルエルパンツ」とは、股下がすぐに分かれておらずゆったりとしたパンツです。

スカートとパンツの中間的な印象で、もともとはイスラム教徒の民族衣装として着用されていました。

他のパンツよりも股関節が大きく動かせるため、非常に動きやすいことがメリット

しかし、形が個性的な分、着こなし方は難しいパンツです。

着こなしによっては、子供っぽくなったり足が短く見えてしまうことも。

下の画像のようなワイドパンツと融合したワイドサルエルもあります。

created by Rinker
スピードオレンジ
¥2,999 (2022/01/20 06:39:24時点 Amazon調べ-詳細)

出典;ZOZOTOWN

個性的なサルエルパンツは少しハードルが高いと感じるなら、股下のゆとりが控えめな「ちょいサル」からチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ちょいサルなら、デザインによっては革靴でも問題ないですし、落ち着きのあるファッションが可能。

それでいて動きやすくリラックスできます。

ジョッパーズ

「ジョッパーズパンツ」は乗馬に使うために作られたパンツです。

馬にまたがりやすいよう腰回りはゆったりとして動きやすく、ブーツを履くことを前提として作られているため膝下は絞ってあります。

上記で紹介したサルエルパンツと見比べてみると、ジョッパーズパンツとシルエットが似ています。

具体的な違いは、だぼっとしたゆとり部分の位置。

サルエルパンツは股下にゆとりがあり、ジョッパーズパンツはもも回りにゆとりがあるように作られています。

しかし、デザインによってはゆとりの位置が変わることも。見た目通り似ているパンツということですね。

 

以上、形(シルエット)別のメンズパンツ14種類の紹介でした。

探していたものはありましたか?

次に「裾丈の長さ」別のメンズパンツを特徴をふまえて見ていきましょう。

裾丈の長さ別の種類

メンズパンツを「裾丈の長さ」で分類すると、以下の6種類に分けることができます。

  • アンクル
  • クロップド
  • ハーフ
  • クウォーター
  • ショート
  • ※スラックス

それぞれ特徴を一緒に紹介していきます。

アンクルパンツ

アンクルパンツ
出典;Amazon

「アンクルパンツ」は英語の「足首=アンクル(ankle)」に由来しており、裾丈がくるぶしあたり、またはそれよりもやや短い丈のパンツのことです。

くるぶしが見えることで清涼感もあり、全体的なシルエットが足首以下から先細っていく形になるので脚長効果も期待できますよ。

アンクルパンツを履くなら、そのラフさを活かしてシンプルなファッションでまとめるがおすすめです。

トップスはシャツやカットソーにし、足元はサンダルやスリッポンなど。

アンクルパンツが主役になるような派手なカラーに挑戦するのも楽しそうですね。

春夏ならアンクルパンツを思い切ってホワイトにし、Tシャツとサンダルを合わせれば季節感もバッチリです。

▼アンクルパンツの関連記事はこちら

クロップドパンツ

クロップドパンツ
出典;Amazon

「クロップドパンツ」は、裾丈がアンクルパンツよりも短くカットされたデザインのパンツ。

クロップドには「切り込まれた、切り取られた」という意味があります。

アンクルパンツは9分丈が多いのに対し、クロップドパンツは6〜7分丈のものをさしています。

また、ウエストから裾まで、ピッタリとしないゆとりのあるものが多いのが特徴です。

その丈の短さから、夏に着用する人が多いパンツ。選ぶ時は、膝が隠れるくらいの長さにすると着回ししやすいでしょう。

また、裾の幅が狭い方がカジュアル感が出にくくなります。

カジュアル寄りにしなくなければ、肌の露出を控えた裾がピッタリ目のクロップドパンツを履きましょう。

ハーフパンツ

ハーフパンツ 出典;Amazon

「ハーフパンツ」はひざ丈のパンツのことです。

文字通り長ズボンの半分(ハーフ)の丈のためハーフパンツと呼ばれています。

クロップドパンツと同様、暑い夏場に着用したいスタイルのひとつ。

子供っぽいイメージとカジュアルさが目立つのが特徴でもあり気をつけたいところ。

大人感を出すために、装飾が無い落ち着いたカラーやツヤがある記事を選ぶのがおすすめ。

また、丈が膝上位のハーフパンツが使いやすいです。

トップスは、ボーダーのTシャツ・リネンシャツ・サマーニット(吸水性や通気性に優れた春夏着られるニット)などと相性が良いです。

クウォーターパンツ

「クウォーターパンツ」のクウォーターは「4分の1」を意味し、その名の通りハーフパンツよりもさらに丈の短い、太もも丈のパンツです。

ショートパンツとも呼ばれ、主にトレーニングウェアとして販売されることが多いアイテム。

スポーツではなくファッションとして着こなしたい場合は、テーパードタイプのクオーターパンツにすると幼さが出にくくなります。

[セウルブルウ] メンズ ショート パンツ チェック 柄 通気 サルエル ハーフ 七分丈 ゆったり ショーツ ハーフパンツ カジュアル 短パン スポーツ 綿麻 薄手 清涼 ステテコ 速乾 男 人気 ショートパンツ 半ズボン 無地 調整紐 通気性 旅行 ジムウェア ローライズ リラックス パンツ スキニー パンツ ミディアム パンツ ストレッチ チノ パン ズボン (L, コーヒー)
一碧モード

スラックス

出典;Amazon

「スラックスパンツ」は長ズボンの呼び名の一つで、ロング丈のパンツ全体のことです。

スーツや制服などの、ジャケットなどに合わせるパンツのことをスラックスと呼ぶことも多いですね。

スラックスという言葉は「ゆるい」という意味ですが、スーツの下に履くような見た目のパンツと思っておけば間違いないでしょう。

センタープレスと呼ばれるパンツ中央に折り目がついているものも多く、生地の素材に明確な定義はないようです。

キレイ目のパンツなので、襟付きのシャツと合わせるとまとまりやすくなりますよ。

スラックスのカラーも豊富で、ネイビーやブラウンの一色のもの以外に、チェックやボーダーといった柄ものも人気です。

誰にでも似合うデザインのため、コーディネートの幅が広がりやすいのも特徴です。

素材別の種類

最後に紹介するのは「素材別」のメンズパンツです。

素材の名前がついているパンツは、耳にしたことがあるものが多いでしょう。

素材別のメンズパンツは、以下の6種類です。

  • デニム
  • チノ
  • コーデュロイ
  • リネン
  • シアサッカー
  • スウェット

特徴と一緒に紹介していきます。

デニムパンツ・ジーンズ

デニムパンツ ジーンズ 出典;Amazon

まずは定番の「デニムパンツ」。「ジーンズ」や「ジーパン」とも呼ばれます。

大きく分けてしまえばどれも同じ意味ですが、ここで細かい違いを確認していきましょう。

  • 「デニム」
    デニムは丈夫な綾織の厚地綿布のことで、生地そのものをさす言葉です。
  • 「ジーンズ」
    ジーンズは、一般的にはデニム生地や他の綿素材の厚手織物生地で作られたズボンのこと。また、ジーンという素材(細綾織りでインディゴブルー染めの丈夫な綿織物)から作られたものでパンツ(pants)やソックス(socks)と同じようにジーン(jean)を複数形で表記しジーンズ(jeans)となったと言われています。
  • 「ジーパン」
    ジーンズ素材でできたパンツの和製英語です。

 

チノパン

出典;Amazon

「チノパン」は、丈夫な綾織の綿布の一種「チノ・クロス」で作られたパンツです。

イギリス陸軍のカーキの軍装やアメリカ陸軍の作業着が起源とされています。

チノパンを着こなすコツは、トップスとのメリハリを作ること。チノパンが濃い色(黒など)ならトップスは淡い色を、チノパンが淡い色(ベージュなど)ならトップスは濃い色と意識すると考えやすくなりますよ。

チノパンのサイズ感も注意し、だぼつかないようにしましょう。

created by Rinker
Demon&Hunter(デモン&ハンター)
¥3,980 (2022/01/20 06:39:28時点 Amazon調べ-詳細)

コーデュロイパンツ

出典;Amazon

「コーデュロイ」は、綿横ビロード織りをした織物を使用したパンツです。

日本に浸透したのは1960年代で、アメリカンカジュアルのマストアイテムとして広まりました。

そのため、カジュアルな印象が強めです。

保温効果が高く、冬服に使用されることが多い素材で、縦うねが入っていることも特徴のひとつ。

また、学校の黒板消しの素材としても使われる素材です。

生地自体に季節感を感じさせることもあり、秋冬のコーディネートに便利なアイテムともいえます。

カジュアル向きではありますが、うねの幅が狭ければ大人っぽい上品なファッションとして活用できますよ。

 

リネンパンツ


出典;Amazon

「リネン」はその名の通り、リネン(亜麻の繊維を原料とした生地)を使用したパンツ

光沢があり、薄地で肌触りもよく、丈夫で吸湿性も高い素材です。

そのため、夏物に使用されることも多く、見た目にも涼しい印象です。

コットンやシルクと比べて吸水や発散性に優れているというメリットもあります。

上下ともリネン生地で合わせるのもOK。

スニーカーだとより夏らしさが演出できますが、そこをあえてローファーにしたり、スカーフなどの小物をアクセントとして身に着けてみてはいかがでしょうか。

鉄板のコーディネートは、リネンパンツ×Tシャツです。

夏の暑さに負けない涼やかなコーディネートで、自身も快適に過ごしやすいでしょう。

 

シアサッカー

「シアサッカー」は、しじら(縞状のしぼ)の入った織物のこと

日本ではしじら織やサッカーとも呼ばれています。シアには「薄い、透き通る」という意味があります。

もともとはインド産の柔らかい亜麻布をシアサッカーと呼んでいましたが、現在では綿製のものも多いです。

涼しくて着心地がいいのが最大の魅力。見た目からも涼し気な印象を持てるので夏におすすめのアイテムでしょう。

しぼのおかげで肌に触れる生地面積が狭くなるため、汗ばみやすい夏でもサラッとした感覚です。

しぼのメリットはもうひとつ、通気性を高くしてくれることです。

上品さを意識するなら白シャツを合わせるのがおすすめ。

印象をより軽やかにするには、シアサッカーのジャケットをあわせること。また、パンツをロールアップするとこなれ感が出ますよ。

 

スウェット


出典;Amazon

スウェットは、吸湿性の高い綿ジャージーの生地で伸縮性、吸湿性、防寒性に優れています。

スウェットは英語で「汗」という意味です。

部屋着として着用されることも多いですが、定番のボトムスとして定着してきました。

また、フォーマルな雰囲気をあえて着崩すために使用するなど、汎用性の高いアイテムともいえます。

パンツをスウェットにするなら、トップスはラフなものではなくシルエットが細い大人感のあるアイテムを組み合わせるのがコツ。

上下ともゆとりのあるアイテムだと、部屋着のようになってしまいます。

コーディネートをまとまりよくするには、ゆとりとサイズ感のメリハリとつけることです。

 

番外編:ウエストの位置による違い

購入する際に、着心地のよさを確認することも多いのではないでしょうか。

パンツ(ズボン)は、ウエストの位置によっても、以下のように3つの名前があります。

  • ハイウエスト
  • ノーマル
  • ローライズ

種類分けされているとはいえ体形や骨格で個人差もあるため、試着してみるのが一番です。

(この分類は標準体重を基に商品が作られているようです)

「ノーマル」はその名の通りスタンダードなデザインのものなので、ここでの紹介は割愛します。

ここではハイウエストとローライズの2点をチェックしていきましょう。

 

ハイウエスト


出典;Amazon

「ハイウエスト」とはその名の通り、通常よりも高いウエストラインのパンツのこと。

ドレスやワンピースなど、レディースに多く見られるデザインですが、男性のパンツにも取り入れられています。

上手く着こなせば足が長く見える効果もあります。

しかし、ウエスト周りに圧迫感があるので、着心地が悪いと感じる人もいるようです。

ハイウエストの良さを活かすなら、タックインのコーディネートが実践しやすいでしょう。

ローライズ

ローライズ ジーンズ
出典;Amazon

「ローライズ」は股間からウエストまでが短いデザインのこと。

フロントボタンがへそよりも下にくることが特徴です。

主に女性向けのファッションとされていますが、ジーンズを中心にメンズのパンツ(ズボンも下着も)も販売されています。

腰回りに注目が集まることで、ウエストから上半身がスマートに見える効果があります。

また、ベルトラインも低いため、腹部を圧迫することなく楽に履くことができるのも特徴のひとつです。

 

まとめ

29種類のメンズパンツを紹介しました。

形(シルエット)、裾丈の長さ、素材によって、メンズパンツだけでもいろいろな呼び方があります。

すべて覚える必要はありませんが、自分好みのスタイルは呼び方を覚えておくと便利です。

それぞれの呼び方を知っておけば、アパレルショップに行ったときやネットで購入するときに迷うことがなくなります。

この記事を参考に、自分のスタイルに合ったお気に入りを探してみてくださいね。