パテントレザーとは?手入れ方法とおすすめケアグッズ

「パテントレザー」という素材をご存知でしょうか?

聞き慣れない方がいる中、私達の持っているアイテムに多く使われているものです。

そこで、この記事ではパテントレザーとは何か、そして手入れ方法やおすすめケアグッズについて解説します。

パテントレザーとは?その特徴

出典:楽天市場オレンジヒール

パテントレザーとは、革の表面をウレタン樹脂などでコーティングしたものです。「エナメル」とも言います。

一番の魅力は美しい光沢。革の表面を覆う形で加工しているので、水や汚れが付きにくくなっています。

そのため、耐久性と耐水性がとても高いです。革=水が弱点な心配もほぼ不要で、ある程度の汚れであれば布でサッと落とすことができます。

見た目・実用性共にメリットのある素材ですが、意味は同じなのになぜ2つの呼び方があるのでしょうか?

パテントレザーとエナメルの名の由来

よく聞く「エナメル」の元々の意味は、”焼く前の陶磁器に塗る釉薬(うわぐすり)”のことです。

釉薬は、陶磁器に塗ってから窯で焼くとガラスのような形状に変化するので、光沢のある商品はエナメルと呼ばれるようになりました。例えば、靴やバッグなどです。

一方のパテントレザーは、英語の”特許(Patent)”という言葉が使われています。日本語に訳すと、特許革ですね。

その名の通り、エナメルを開発した会社が特許を取ったことで名づけられました

パテントレザーは光沢に目が行きがちですが、本来はレザーを水や汚れから守るために作られています。

革靴の場合、靴墨を使用せずとも艶が出るので、ドレスやズボンの裾を汚さない点も人気になった理由です。

パテントレザーのデメリット

手入れが簡単なパテントレザーでも、ケアをしないまま使っていると光沢が濁ったり、保管方法を間違えると傷んでしまうことがあります。

それぞれ異なる性質のため、温度や湿度で差異がある

革には柔軟性がありますが、ウレタン樹脂はしっかり固めてしまうので伸びたり縮んだりする作用はありません。

この性質の違いにより、使っていくうちに素材にダメージがかかってしまうのです。

また、ウレタン樹脂は熱に弱く、夏場の猛暑などで溶けてベタベタになることがあります。革から樹脂が剥がれるなんてケースも。

ケアをしないと樹脂に亀裂が起こる

パテントレザーの手入れを怠ると、亀裂になってしまうため修復ができなくなります。

サインとして、割れる前に不自然な線がいくつか出てくるので、それを見つけたら速やかに修理業者に依頼しましょう。

亀裂になっていなければ、修理できる確率は上がります。

長期使用で黄色く変色する

出展:Amazon

ホワイトやベージュなどの薄い色は特に目立ちやすく、経年劣化によりくすんだ黄色に変化していきます

色の劣化はパテントレザーの特徴でもあるので、染め直してもらってもまた黄色がかってきます。

色の変化が気になる方は、思い切ってブラックなどの暗い色にカラーチェンジするものひとつの手です。

エイジングや風合いなどは楽しめない

出展:Amazon

樹脂が革を覆ってしまうので、エイジングは起こりません。また、使っていくうちに革の味が深まる経年変化もありません。

革を育てたい・エイジングを楽しみたいという方は、タンニン鞣しされたヌメ革などの革製品を選ぶと良いです。

パテントレザーは他の革より手入れが簡単な分、本革ならではのメリットが減ってしまうのでじっくり検討しましょう。

パテントレザーの3分で出来る手入れ方法

パテントレザーの製品は普通の革製品と比べると手入れはしやすいです。パテントレザー製品をケアする手順をご紹介します。

パテントレザーのケア方法・手順

出典:R&D CO.,LTD.

手順1:シューキーパーで形を整え、靴紐などを外す

まず靴の場合はシューキーパーを利用し形を整えることで、靴のしわを伸ばし、効果的なケアをすることができます。

また靴紐やカバンのバックルなど外せるものは外してから始めましょう。

手順2:タオルで汚れを落とす

次にタオルなどで表面についたほこりを落とします。傷がつかないように綿100%のタオルやTシャツなど目の細かいもので丁寧に拭きましょう。

手順3:専用のクリーナーで汚れを除去する

次に少量のクリーナーを布に乗せて隅々まで拭きます。同じように柔らかい布やコットンなどを使いましょう。

手順4:布で乾拭きする

最後に乾いた布でパテントレザー製品全体を拭きあげて完了です。

きちんと手入れをして、いつまでも新品のような光沢感を楽しみましょう!

パテントレザーの雨に濡れた時のケア方法

パテントレザーは水に強いですが、突然の大雨などでびっしょり濡れてしまった場合は以下のケアを行ってください。

柔らかい布と新聞紙、あればキッチンペーパーを用意します。

  1. 革表面の水分を、柔らかい布で優しく拭き取ります。
  2. 2~3枚の新聞紙を敷き、その上にパテントレザー製品を置きます。
  3. 中にも丸めた新聞紙を詰め、30分くらいで濡れた新聞紙を交換します。表面をキッチンペーパーで覆うのもおすすめです。
  4. こまめに新聞紙を交換し、一晩置きます。
  5. 水気がとれてきたら風通しの良い日陰で乾燥させます。

最後の乾燥では、靴ならシューキーパーを入れて形を整えましょう。

パテントレザーをケアする時の注意点

パテントレザーの魅力を損なわないために、扱い方には注意が必要です。

1.防水スプレーは使用しない

パテントレザー製品に防水スプレーを使用してしまうと表面の樹脂が溶けてしまい、ツヤが失われたり、シミの原因になります

防水スプレーをしなくても、汚れや水をはじいてくれるので大丈夫ですよ。

2.新聞紙のインク移りに注意

新聞紙のインクは落ちやすく、製品を汚してしまうかもしれません。

丸めた新聞紙などを使うときは、外側をキッチンペーパーで覆うと汚れにくくなります。

3.ドライヤーは厳禁

ドライヤーの熱風は革を傷める可能性があるので、使用せず自然乾燥させてください。

パテントレザーのおすすめケアグッズ4選

出展:Amazon

パテントレザーのお手入れ方法や注意点を紹介しました。

更にパテントレザーのお手入れに役立つアイテムがあるので、ここでは4つ紹介します。

①コロンブスエナメルクリーナー

出展:Amazon

パテントレザー専用のクリーナーです。ホコリや手垢を落とすことができます。インターネットで1000円程度と比較的安価で買うことができます。

created by Rinker
columbus(コロンブス)
¥1,092 (2022/05/19 21:21:48時点 Amazon調べ-詳細)

②コロンブス靴クリーム

出典:Rakuten

パテントレザー製品は乾燥状態のままではひび割れの危険があります。そこでクリーナーで汚れを落とした後、クリームで油分と水分を与えてあげましょう。

コロンブスの靴クリームはチューブの先にスポンジがついているため、手を汚さずにクリームを塗ることができます。

created by Rinker
コロンブス(Columbus)
¥880 (2022/05/19 21:21:49時点 Amazon調べ-詳細)

③M.モゥブレィ レザーマニキュア

出典:R&D CO.,LTD.

パテントレザー製品についたちょっとした傷や剥がれはレザー専用のマニキュアで目立たなくすることもできます。

クリーナーで汚れを落とした後に製品と同系色のマニキュアを塗りましょう。蓋に刷毛がついているのでそのまま塗ることができます。

created by Rinker
M.MOWBRAY(M.モゥブレィ)
¥1,320 (2022/05/19 21:21:50時点 Amazon調べ-詳細)

④コロニル ラックムース

出展:楽天市場

パテントレザー製品、ガラス加工の革製品専用の保護ムースです。防水スプレーが使用できないパテントレザーには重宝します。

表面の樹脂を保護しひび割れを防止し、ツヤを保ちます。保管中のべたつきやシミ防止も可能です。

パテントレザーを手入れして購入したときのツヤを取り戻そう

出展:Amazon

パテントレザー製品はケア・保管を適切に行うことでいつまでも新品のツヤを保つことができます。

ケアもそれほど難しいものではないのでぜひ、ケアを行ってパテントレザー製品を楽しんで使用してください。