メンズのおしゃれなボウタイ(蝶ネクタイ)の結び方!アレンジ方法も紹介!

メンズのファッションアイテムになっている「ボウタイ(蝶ネクタイ)」。

コーデのワンポイントになるため、レディース(ウィメンズ)にも人気となっています。

コーデを上品にまとめるボウタイの結び方は、数十種類あります。

リバーシブルで楽しめるボウタイもありますし、大人の男性の嗜(たしな)みとして、手結びのやり方を知っておきたいですよね。

誰にでもできる定番の結び方と、ファッションのアクセントになる結び方を、ピックアップしました。

今回は、メンズのボウタイについて、形・サイズ・結び方・おすすめボウタイなどをご紹介します。

 

ボウタイとは?

ボウタイ

ボウタイとは、蝶結び型のネクタイの全般を指した総称です。

もともとは、夜の礼装用のネクタイとして、パーティーなどで使用されていたスタイル。

ルーツは古く、1960年頃にまでさかのぼります。

当時のクロアチア兵たちが、無事の帰還を祈り、妻や恋人から贈られたスカーフを首に巻いていました。

その後、宮廷や市民にもファッションとして広がっていきます。

1800年代になり、その結び目だけに注目した蝶ネクタイが生まれ、ファッションアイテムとして浸透しました。

フォーマル・ビジネス・カジュアルまで幅広く使うことができ、カジュアルであれば、好みの柄や素材を選ぶことができます

  • フォーマル:柄が無い、シンプルな無地が定番。素材は、自然な光沢のあるシルクがおすすめ。
  • ビジネス:無地か、派手ではないストライプやドット柄。光沢は控えめなシルク・コットン素材。
  • カジュアル(パーティー):好きな色柄・季節感のある素材など、ボウタイファッションを楽しむ。

ボウタイは、ビジネスで使うネクタイより小さめなので、胸元が少し物足りなく感じる人もいます。

気になる方は、ベストやポケットチーフなど、別のアイテムも使ってみましょう。

ポケットチーフは、いろいろな形やデザインがあるため、ボウタイと合わせることでおしゃれさをアップさせてくれますよ。

 

ボウタイの形

出展:cozy vintage

ビジネス用のネクタイとの大きな違いは、ボウタイがキレイなリボンになるような形になっていることです。

画像のように、太い部分と細い部分があり、くびれを作っています。

ボウタイは大きく5つの形に分けられ、このデザインも完成形ごとに、異なるフォルムになっています。

 

1.ビッグバタフライ

出展:cozy vintage

リボンとなっている先端部分が太く、大きいものです。

先端の幅が7.6〜8.9cmもあるので、存在感があります。

1番フォーマルで、伝統的なものになっています。

 

2.セミバタフライ

出展:cozy vintage

現在主流のデザインで、バタフライよりも小型のもの。

先端の幅は5.7〜7cmほどです。

 

3.ストレートエンド(バットウィング)

出展:cozy vintage

名の通り、コウモリの羽に似ていると言われています。

先端の幅は3.8〜5.1cmほどです。

顔が小さめの方に、似合うデザインです。

 

4.ポインテッド(ダイヤモンドチップ)

出展:cozy vintage

先端が尖っているものです。

パーティー用とされていますが、カジュアルでも使用できます。

好みがわかれるデザインです。

 

5.クラブラウンド

ポインテッドと対照的なフォルムなのが、「クラブラウンド」。

ラウンドという名の通り、リボンの先端が丸くなっていて、楕円形に広がるデザインになります。

(しかし、需要が少ないためか、店舗やネット通販でもあまり見かけません。)

 

クリップ式や金具で止めるタイプ

出展:Amazon

手結びの他に、クリップで簡単に止められる「クリップ・オン」と、サイズ調整が簡単な「プレタイ」があります。

Paul Smith(ポールスミス)やBEAMS(ビームス)などの人気ブランドからは、プレタイが多く発売されています。

ウェイターなどが、仕事をする上で簡単に付けられるように設計されたものなので、上品な雰囲気を出したいなら、手結びの方がおすすめです。

クリップ・オンとプレタイは、ボウタイの手結びを練習の方や、ブランドごとの個性的なデザインでコーデを楽しみたい方に向いています。

 

ボウタイのサイズ

ボウタイを選ぶ時は、顔の大きさに合わせます。

目尻~顔の輪郭(りんかく)までの間に収まるサイズを選ぶと、バランスよく使うことができますよ。

選ぶ時は、できるだけ着用して、バランスはいいか・似合っているかを確認しましょう。

  • 主張が激しいビッグバタフライは、コーデの外しやワンポイントに。
  • スタンダードなセミバタフライは、ボウタイコーデのマストアイテムに。
  • スマートなストレートエンドは、細身のスーツと相性が◎。

サイズを間違えると、だらしなく見えたり、ダサくなったりするので気を付けてください。

自分が必要なボウタイを、探してみてくださいね。

 

ボウタイの正しい結び方

ボウタイの特徴などが分かったところで、次にボウタイの結び方についてです。

蝶結びと、交差結びをご紹介します。

 

①基本の結び方:蝶結び

一番使われている、オーソドックスな結び方が「蝶結び」です。

  1. 襟(えり)を立て、ボウタイの右側を10㎝くらい短くして、首にフィットさせます。
  2. 長い方を上にしてクロスし、短い方にくぐらせてゆるく結びます。
    ※シャツとボウタイの間に隙間ができないよう注意してください。
  3. 短い方を、リボン型に折ります。
  4. リボンの真ん中になるよう長い方を垂らして、こちらも折りましょう。
  5. 4で折り曲げた方(長い方)を、ループに通して結びます。
  6. 輪になった部分を引っ張り、ボウタイの形や長さを調節し、襟を戻したら完成です。

初めて手結びのボウタイを買った人は、まずこの結び方から練習するといいでしょう。

基本の結び方なので、どんなコーデにも合わせやすいメリットがあります。

 

②蝶結びのアレンジ「交差結び」

結ぶ角度をちょっと変えるだけで、見た目が大きく変わる「交差結び」です。

こちらの結び方は、ストレートエンドのボウタイを使います。

  1. 襟を立て、ボウタイの右側を5㎝くらい短くして、首にフィットさせます。
  2. 長い方を上にしてクロスし、短い方にくぐらせてゆるく結びます。
  3. 前に垂れた方を、リボン型に折ります。
  4. 肩にかけていた方を前に垂らし、首元まで持ち上げます。
  5. 持ち上げたら、ループに通して結びます。
  6. ボウタイの形や長さを調節し、襟を戻したら完成です。

蝶結びと似た結び方なので、蝶結びに慣れてきて、応用したい方におすすめです。

 

ボウタイの長さを調節するコツ

ボウタイを結ぶ時、片側を長くして首にかけますよね。

5㎝や10㎝長くする、とお伝えしたのはあくまで目安で、人によって首の太さが違います

そのため、目安の長さで結んでみても、中にはキレイなリボンの形にできない人もいるのです。

ボウタイの種類によっては、外側から見えない部分に、目印が書いてあるものもありますので、慣れない方は利用してみましょう。

自分の首周りのサイズさえ分かれば、他のボウタイでもサイズ調整ができるようになります。

 

ボウタイを使ったコーディネート

ここでは、ボウタイを使ったおしゃれなコーディネートを、3つご紹介します。

 

相性バッチリ!ジャケットと合わせる定番スタイル

出典:WEAR

ボウタイは、フォーマルな場から生まれたので、テーラードジャケットと合わせやすいアイテムです。

写真のコーデは、ストライプ柄のパンツで可愛く仕上がっていますね。

画像のように、トップスをシャツではなくニットにすれば、季節感も表現できます。

足元は革靴に見えますが、実はスニーカーだそう。外出先での実用性も考えられていますね。

 

クラシックなコーデのアクセントとして活躍

出典:WEAR

チェスターコートとチェックシャツが、ボウタイにピッタリなコーディネート。

画像の男性は、身長が170㎝以下ということを踏まえ、明るい色を上半身に持ってきて、視線が上に来るようにしているそうです。

また、タックイン(シャツの裾をボトムスの中に入れる)により足を長くみせることで、全体的にスマートな印象ですね。

男性からも女性からも、「可愛い!」と好まれるファッションに仕上がっています。

 

シンプルだけどカッコいい清潔感のあるコーデ

出典:WEAR

大人感を演出したいときに、ベストなコーディネートです。

モノトーンカラーでそろえることで、シックな雰囲気を際立たせています。

小物のサングラスで、さらにクールな印象が増していますが、違った印象にしたいなら黒縁メガネも相性◎。

ボウタイを使いこなせると、ファッションが面白くなりそうですね。

 

ボウタイの洗い方

ボウタイは、普通に洗濯してしまうと色落ちや型崩れを起こす可能性も

まず、裏側の選択表示を確認して、「洗濯OK」であれば洗濯ネットに入れて洗います。

また、「ドライクリーニングOK」の表示があれば自分でキレイにすることができますよ。

 

準備するもの

デリケートなものなので、基本的には手洗いがおすすめです。

  • おしゃれ着用の衣類用洗剤
  • バケツまたは洗面器
  • 清潔なタオル
  • ハンガー

 

洗濯する方法

水で洗っても問題ありませんが、お湯(ぬるま湯)の方が汚れ落ちは良いです。

  1. 洗面器に40℃くらいのお湯を入れ、そこへおしゃれ着用洗剤を約20ml入れてよく混ぜます。
  2. 溶液ができたら、ボウタイを浸して5分ほど放置します。
  3. 5分後、揺らして汚れを落としたら、きれいな水ですすぎます。
  4. タオルで包んで、水気を拭き取ります。
  5. 形を整えてハンガーにかけ、風通しの良い場所で乾燥させたら完了です。

汚れを落とす時とすすぐ時は、こすらないように気を付けましょう。素材が傷む原因になります。

50度以上の熱湯は、使用しないでください。

 

ビジネスからカジュアルまでボウタイをおしゃれに使いこなそう!

出典:WEAR

ボウタイの紹介と、その結び方について説明しました。

ボウタイにすると、同じ結び目が付いていても雰囲気が変わります。

差し色に使いやすいので、さまざまなカラーや柄のボウタイをいくつか持っておくと、ファッションの幅が広がりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください