HushTug NOTE ファッション 今買うべきメンズ黒リュック20選!ブランドや価格、素材別に黒いリュックのおすすめと選び方を紹介!

今買うべきメンズ黒リュック20選!ブランドや価格、素材別に黒いリュックのおすすめと選び方を紹介!

今買うべきメンズ黒リュック20選!ブランドや価格、素材別に黒いリュックのおすすめと選び方を紹介!

2021年02月10日

若い年齢層を中心に人気の高いのが黒リュックです。
使い勝手の良い色という事もあり、さまざまなブランドが黒いリュックを販売しています。

なぜ黒リュックがおすすめなのでしょうか?

その理由から導き出した今買うべき黒リュックのブランドを20個厳選して紹介します!

 

リュックの色は黒が良い3つの理由

ファッションとは難しいもので、小物ひとつとっても形や色などさまざまな種類があります。
ではなぜ、こんなにも黒のリュックをおすすめされるのか、独自に調べた3つの理由を紹介しましょう。

1.黒は高級感を演出する

こちらの記事(高級感を演出する「10個」の要素を言語化してみた。)で解説している通り、明度の低いもの、つまり色の暗いものは高級感を演出する効果があります。

どんな人でも自分の持っている物が安っぽく見えるのは嫌ですよね。明るい色というのは意外と使うのが難しく合わせにくいものです。逆に、ファッションにおいて黒は、さまざまな色に合わせやすく非常に便利。もちろん、普段持ち歩くリュックも同様です。

2.黒は全体を引き締める効果がある

黒のスキニーパンツが流行したように、黒という色自体に細く引き締める効果があるのは周知の事実でしょう。

しかしそれだけで無く、全身のコーディネートにおいても印象を変える効果があります。
明るい色や柄物の中に黒のアイテムを取り入れるだけで、全体の印象が締まりスマートな印象を与えます。

3.どんな服装でも使いやすい

 

1・2の効果という事もありますがどんな服装にも合わせやすいというのが最大のメリットです。

例えば、明るい色のリュックはフォーマルな服装やスーツには合いません。黒のような落ち着いた色のリュックであればスーツなどにも合いやすいです。
ひとつ持っておけばさまざまなシチュエーションで使用できます。

ちなみに「スーツに似合う黒リュック」についてはこちらの記事で紹介しています。

 

リュックの選び方

自分に合ったリュック選びにはいくつかのポイントがあります。
まず大前提としてリュックを使用するシチュエーションを想定しておきましょう。

同じ黒リュックでも使用するシチュエーションに合うものを選ばないと、買った後で思わぬ後悔をすることも。
通勤や通学に使うのか、プライベートのお出かけで使うのか、荷物は何を入れるかなどを想定して以下の事を決めていきましょう。

素材

リュックは、ナイロンやレザーで作られていることが多いです。

レザーリュックは高級感があり見た目にもスタイリッシュですが、ナイロンに比べキズがつきやすく価格も高いのが特徴。
ナイロン製は安く機能的ですが、逆に言えば安っぽくも見られてしまいます。

フォーマルな場に使う場合はレザー製、アウトドアにも使う場合はナイロン製などシチュエーションに応じてリュックの素材を選びましょう。

 

デザイン・形

ブランドによって様々なデザインや形のリュックがあります。

一部のデザインは、フォーマルな場でもカジュアルな場でも使い分けられます。
しかし、ランドセルのようなスクエア型や袋型など、極端なデザインのリュックはシチュエーションを考えないとその場の雰囲気に合わないかもしれません。

スクエア型、もしくはスクエア型が若干丸みを帯びたぐらいの形が、色々なシチュエーションで使いやすいのでおすすめです。

 

大きさ・収納

買った後で「仕事で使うノートPCが入らない」「小物が中でぐちゃぐちゃになるからポケットが欲しかった」と後悔しないように、どんな荷物を入れるのかも想定しておきましょう。

PCやA4以上のファイルなどは、実際に店舗で確認したり公式サイトでリュックの外寸や内寸を確認しておくことをおすすめします。

 

ここからは数百のブランドから厳選した黒リュックを紹介していきます!

 

おすすめの黒リュック20選

今回絶対に外さないメンズ向け黒リュックをご紹介するために354種類のリュックを販売しているブランドを調査しました。

それぞれに特色がありますが、多くの人に合うであろうおすすめをなんとか20種類まで厳選しました!

素材や価格別にまとめたので、自分に合った黒リュックを見つける参考にしてください!

 

「レザー」の黒リュック5選

まずはレザー製のリュックから3つ紹介します。
レザーリュックの特徴は、その他の素材に比べ高級感やスタイリッシュさが抜群に際立つことです。

同じ黒リュックでも、レザーならではの光沢や色合いは見る人すべてにスタイリッシュな印象をもたせます。
本革を使ったリュックは金額が少々高いものも多いですが、なにより持っていてかっこいい!もちろん、その金額に見合うだけの機能も持ち合わせています。

 

また、レザーのリュックは素材によってさまざまな種類があります。
レザー製の黒リュックの選び方については「黒リュックに使われるレザーについて」の章で解説しています。

 

1. HushTug / ハッシュタグ

レザーブランド「HushTug」の最高級モンゴル牛革を使った黒リュックです。デザインがシンプルなのでシチュエーションを問わず使用できます。

ノートPCやA4ファイルが入るサイズで、通勤や通学で荷物をたくさん持ち運ぶ方にもおすすめ。内ポケットだけでなく外や背中側にもポケットがついているため機能面も非常に充実しています。
価格は税込で27,500円と素材が全て本革であるリュックの中では、比較的安い商品。原価表示をしており中間マージンを省いているというコスパの良さ、透明性も大きな特徴でしょう。

ブランド/商品名HushTug/レザーリュック ブラック
価格27,500円

 

2. PELLE MORBIDA / ペッレモルビダ

出典:PELLE MORBIDA

すべての商品が日本製のPELLE MORBIDAのリュック。大人のために作られたブランドとあって、高品質かつ落ち着いたデザインが特徴。

革の加工も皮革生産地の姫路松原地区でしているというメイドインジャパンへの徹底ぶり!日本の革職人ならではの丈夫なリュックに仕上がっています。

ブランド/商品名PELLE MORBIDA/MB060-バックパック
価格58,320円

 

3. sot / ソット

出典:楽天市場

メイドインジャパンの財布・バッグなどを扱うsotのバックパックは、独特なボックス型のデザインが個性的なリュックです。

姫路で作られたsotのオリジナルレザー「Luke」を使用しており、革の柔らかさや上質さが楽しめます。ボックス型ならではの収納力も魅力です。

ブランド/商品名sot/LUKEレザーボックスバックパック
価格64,800円
sot(ソット)
¥64,800

 

4. BROSKI AND SUPPLY / ブロスキーアンドサプライ

出典:BROSKI AND SUPPLY

リュックを中心に、独自の「umbrella WATER PROOF LEATHER」というレザーを使った商品を販売しているのがBROSKI AND SUPPLYです。

ショルダー部分がしっかりとした作りになっており、レザー製のリュックながらもアウトドアに使えるほど実用性に優れたリュック。本来雨に弱いはずのレザー製品ですが、独自開発のレザーのおかげで雨の日でも安心して使えます。

ブランド/商品名BROSKI AND SUPPLY/HUB4(BBOM-820)
価格22,680円

5. COACH / コーチ

出典:COACH

多くの人に愛される有名なブランド。高額なイメージはありますが、意外に他のレザーブランドに近い値段でリュックを買うことが出来ます。

デザインも非常にシンプル。ブランドを主張せずに高級感のあるリュックなので、プライベートにも仕事にもぴったりです。

ブランド/商品名COACH/メトロポリタン ソフト バックパック
価格69,120円

 

 

 

黒リュックの中でも多くの人が持っている人気のブランドがいくつか存在します。

どれも、使っている人を見かけたことがあるのではないでしょうか。そんな人気ブランドの黒リュックを5つ紹介します。

 

6. adidas / アディダス

出典:adidas

多くのファンがいるadidas originalsのバックパック。完成されたクラシックなデザインがカジュアルなファッションにぴったりです。

以前人気があった黒×金のカラーは現在取り扱いが無いようですが、その他のカラーバリエーションも多く、好みのカラーを探してみるのも楽しいですよ。

ブランド/商品名adidas/クラシックバックパック
価格3,985円

 

7. THE NORTH FACE / ザ・ノース・フェイス

出典:THE NORTH FACE

THE NORTH FACEのBCヒューズボックスシリーズは、発売からすぐにボックス型のデザインが若者を中心に人気となりました。今でもTHE NORTH FACEのリュックと言えばこれを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

30L入る大容量なので、ちょっとした旅行などにも使える実用性ばっちりのリュックです。

ブランド/商品名THE NORTH FACE/ノベルティBCヒューズボックス
価格19,800円

8. Supreme / シュプリーム

出典:Amazon

ストリートファッション系のブランドで多くの熱狂的なファンを持つSupreme。正規販売品では人気のあまり手に入れることすら難しいほどです。

その影響から多くのコピー品、つまり偽物が出回っていることでも有名です。ネットだけでなく色々なところでかなりの数の偽物Supremeが販売されているようなので注意しましょう。それだけに本物の商品を手に入れたら自慢できますね。

ブランド/商品名Supreme/Supreme Bag Pack Black 18SS
価格25,920円

9. patagonia / パタゴニア

出典:patagonia

アウトドアブランドとして有名なパタゴニアのリュックです。シンプルながらファッション系のブランドには無い機能性が特徴。普段のちょっとしたお出かけだけでなくアウトドアにも最適ですね。

肩への負担も少ないので、普段から重めの荷物を持っている人にもおすすめです。

ブランド/商品名patagonia/パタゴニア
価格12,420円
created by Rinker
パタゴニア(Patagonia)
¥15,000 (2021/04/19 20:04:08時点 Amazon調べ-詳細)

10. OUTDOOR PRODUCTS / アウトドアプロダクツ

OUTDOOR PRODUCTSは豊富なカラーや手に取りやすい価格で有名なブランドです。定番なリュックからカラフルなもの、変わった形のものまで揃っているので、同じ黒リュックでも様々なバリエーションがあります。

スクエアタイプのデイパックは容量も広く、シンプルなデザインで使いやすいので学生の方の通学などにおすすめ。デイパックですがノートPCやタブレットを収納できるパッド入りのスペースもあるので様々な荷物に対応出来ます。

ブランド/商品名OUTDOOR PRODUCTS/モダンプレーンルーフデイパック
価格7,344円
created by Rinker
OUTDOOR PRODUCTS(アウトドアプロダクツ)
¥7,480 (2021/04/19 20:04:09時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

「価格別」の黒リュック5選

ひと口に黒のリュックと言っても、素材やブランドによって価格はさまざまです。
人気ブランドのように同じ素材を使っていても価格が高かったり、その逆で素材の割に安いリュックもあります。

予算別に出来るだけ良い商品を選ぶことが出来るように、ここでは価格帯別に見ていきましょう。

5万円までの予算別におすすめの黒リュックを5つ紹介します。

 

11. sevens / セブンズ 【予算1000円】

出典:SHOPLIST

なんと777円のリュックです。(※2019年に確認)これよりも安いリュックはなかなか見つけることが出来ないのでは?

シンプルデザインでブランドのロゴなども無いので、「自分のコーディネートに合うか試しに黒リュックを買ってみたい」「こだわりは無いのでとにかく安く欲しい」という人には特におすすめです。

ブランド/商品名sevens/ATYW0000827
価格777円
sevens(セブンズ)
¥777

 

12. LARKiNS / ラーキンス【予算10,000円】

1万円以内で購入できるリュックでおすすめなのが、ラーキンスの縦長スクエアリュック。容量の大きさやクッション素材のポケットの収納力が大きいのが特徴です。また、丈夫な作りで実用性にも長けているので、アウトドアにはもちろん普段のお出かけにも役立ちます。

基本的にはシンプルな見た目ですが、リュックの底面にプリントしてあるブランドロゴがちらっと見えるのが洒落ていますね。

ブランド/商品名LARKiNS/リュックサック LKPM-03
価格9,504円

13. Manhattan Portage / マンハッタンポーテージ)【予算20,000円】

出典:Manhattan Portage

人気リュックブランドのManhattan Portage。2万円以下でおすすめなのがロールトップ型のリュックです。

シンプルなデザインに赤のブランドロゴというManhattan Portageらしさはそのままに、特徴的なデザインの開閉口がカジュアルなファッションによく合います。人気の高いブランドということもあり、リュックとしての機能性や耐久性はお墨付きです。

ブランド/商品名Manhattan Portage/Silvercup Backpack JR
価格19,116円
created by Rinker
Manhattan Portage(マンハッタンポーテージ)
¥19,470 (2021/04/19 20:04:10時点 Amazon調べ-詳細)

14. PORTER / ポーター【予算30,000円】

出典:吉田カバン

予算3万円で紹介するのは、言わずと知れた吉田カバンの人気ブランド「PORTER」のデイパックです。

デザインはこれぞリュックサックという基本的な形ですが、だからこそ本当にさまざまな場面で使い回せる実用性が特徴。価格・ブランド・デザインとさまざまな面で「迷ったらこれを買っておけば間違いない」というリュックでは無いでしょうか。

ブランド/商品名PORTER/TANKER DAYPACK
価格28,080円
created by Rinker
PORTER(ポーター)
¥28,600 (2021/04/19 20:04:11時点 Amazon調べ-詳細)

 

15. ESTNATION / エストネーション【〜50,000円】

ファッションブランド「ESTNATION」のゴートレザーバックパックは、その名の通りヤギ革を使ったリュック。鞄やリュックなどの革製品には牛革が使われることが多いですが、ゴートレザーの魅力は牛革以上に薄く柔らかい山羊革素材です。

見た目にも高級感があり、しっとりとした特有の手ざわりを持つゴートレザー。約5万円で購入出来るのでぜひ試してみてください。

(ESTNATIONの子ブランド,TOFF&LOADSTONEで展開されているものです)

ブランド/商品名ESTNATION/TOFF&LOADSTONE / “GOAT BACKPACK” ゴートレザーバックパック
価格49,680円

 

 

 

「大きさ別」の黒リュック2選

リュックの用途は人によってさまざまです。
おしゃれの一部として使う人もいれば、通勤や通学で手持ちの鞄よりも楽だからと選ぶ人もいます。

用途に合わせたサイズのリュックを選ぶことで、荷物の持ち運びに困らないようにしましょう。
ここでは大きさ別で小さいリュックと大きなリュックを1種類ずつ紹介します。

 

16. AGILITY / アジリティ【小さめリュック】

出典:AGILITY

荷物が少なく財布や小物だけ持ち運ぶという方には小さめのリュックがおすすめです。AGILITYのミニリュックは馬革を使っていて高級感があり、小さめながらもスタイリッシュなデザイン。

ベルトの位置を付け替えればボディバッグとしても使える2wayミニリュックです。

ブランド/商品名AGILITY/ペガーズリュックミニ
価格16,200円

17. MISSION WORKSHOP / ミッションワークショップ【大きめリュック】

MISSION WORKSHOPの大型リュック「The Vandal」は30L入るサイズとかなり大きめ。さらに、リュックの収納を拡張する機能を持っており最大で65Lまで入ります。

容量可変型のリュックは旅行やアウトドアにおすすめ。帰りにお土産などで荷物が増えても問題なく持ち運べるのは大きなメリットですね。

ブランド/商品名MISSION WORKSHOP/The Vandal
価格46,440円

 

 

 

「形状別」のリュック3選

以前に比べるとさまざまな形状のリュックを見かけるようになりました。
仕事でも使いやすいスクエア型や、収納力のある袋型など、用途やシチュエーションに合わせた個性的なリュックを選んでみませんか?

ここでは「リュックの形」に焦点を合わせて3つのリュックを紹介します。

 

18. Coleman / コールマン【スクエア型】

近年の流行りでもあるスクエア型のリュック。中でもおすすめなのがColemanのシールドシリーズです。

スクエア(四角形)だからこそ荷物を整頓して入れやすく、かつ容量も多いので機能性はばっちり。シールド25,シールド35と2種類あり、入れる荷物の量によって選ぶことが出来ます。

ブランド/商品名Coleman/シールド35
価格11,586円
created by Rinker
Coleman(コールマン)
¥7,964 (2021/04/19 20:04:13時点 Amazon調べ-詳細)

19. GOLDMEN / ゴールドメン【袋・ナップサック型】

変わり種として、ナップサック型のリュックはどうでしょうか?ナップサックというと子供の時に使っていたような布製のものを思い浮かべますが、GOLDMENのナップサックは本革を使った大人のナップサックです。

フォーマルな場には向きませんが、休日やちょっとしたお出かけの際のゆったりとしたコーディネートにおすすめです。

ブランド/商品名GOLDMEN/サフィアーノ ナップサック
価格16,200円
created by Rinker
GOLD MEN(ゴールドメン)
¥16,500 (2021/04/19 20:04:14時点 Amazon調べ-詳細)

20. cote&ciel / コートエシエル【変わった形??】

出典:cote&ciel

cote&cielの「ISAR」というリュックですが、ねじれたような独特の形をしています。しかしただの変わった形のリュックとも違い、しっかりと高級感やスタイリッシュさを感じますし、実際に使い勝手もかなり良い商品です。

特徴的なフロント部分にも正面からは見えないポケットがついており、デザイン性だけでなく機能性も高いリュックです。

ブランド/商品名cote&ciel/ISAR M
価格52,920円

 

 

◯◯ × 黒リュック おすすめコーディネート集

黒リュックは比較的どんな服装にも合うおすすめのアイテムです。

しかし服装との合わせ方で見る人に与える印象は大きく変わるので、与えたい印象によってリュックとの合わせ方を使い分けると良いですね。

大きめ白Tシャツ × 黒リュック

定番の合わせ方ですが、やはり白Tシャツに黒リュックは相性抜群。スキニーパンツなどと合わせると全体的にラフで若い印象を与えます。

この時のリュックの形状やデザインは、きれいめよりもアウトドアやミリタリーチックなものがおすすめ。服装がすっきりとしすぎる分、存在感のあるリュックを選ぶと良いですね。

きれいめグレージャケット × 黒リュック

ラフなジャケットスタイルに黒リュックも相性が良い組み合わせ。

ジャケットやパンツがきれいめなので、少しラフな黒リュックをあわせることで決まりすぎず自然に着こなせます。

柄シャツ × 黒リュック

柄物に限らず襟付きのシャツに黒リュックもおすすめです。

カジュアルなデザインのリュックでも良いですが、少しフォーマルなものでも案外しっくりきますよ。

グリーンのブルゾン × 黒リュック

カジュアルに着こなす時は、カーキなどグリーン系のジャケットやブルゾンと合わせるのがおすすめ。

色の相性が良いので自然で少しかわいらしい印象になります。

 

 

黒リュックに使われるレザーについて

黒リュックの中でも本革などレザーを使ったものは非常に人気がありますが、レザーリュックを選ぶ時には知っておきたいポイントがいくつかあります。

本革というのは加工方法や素材によって性質が違うものです。
どんな革を選ぶかによってキズや雨への強さなどが変わってきます。

リュックには耐久性のある牛革が選ばれることが多いですが、革の状態や鞣しと呼ばれる加工方法はブランドや商品によって全く違います。

レザーの種類について

革の元となる動物にも種類がありますが、リュックとして加工された革の状態にもいくつか種類があります。

代表的なものが「スムースレザー」「シュリンクレザー」と呼ばれるものです。

 

スムースレザー

スムースレザーはつるつるとした滑らかな革のこと。
革そのものの滑らかな手ざわりを味わうことができ、見た目にも光沢が現れるのが大きな特徴です。

デメリットは、革が滑らかな分キズが目立ちやすいことです。特に固めのスムースレザーの黒リュックはキズが目立ちやすいので、買う時にはキズがつかないよう十分注意しましょう。

シュリンクレザー(シボ革)

シボ(革の表面の皺のこと)が寄るように加工された革のことをいいます。(シュリンクレザーは薬品により革の表面を収縮させたものです。型押しでシボを作ったものはシュリンクレザーではありません)

シュリンクレザーなどのシボ革のメリットは、スムースレザーに比べキズが目立ちにくいことです。加工前の革についているキズだけでなく、新しいキズもつきにくい効果があります。

レザーの加工方法「鞣し」について

「鞣し(なめし)」とは動物の皮から汚れを取り除き、柔らかさを与えることでリュックなどに使われる革へと加工することを言います。

主に2種類の鞣し方法があり、それぞれに特徴があります。
鞣しの方法は価格にも影響が出やすいので、理想の予算内で黒リュックを買うためにも知っておくと役に立つでしょう。

タンニン鞣し

タンニンとは、ミモザの木などの植物に含まれる水溶性の化合物のことです。
タンニン鞣しによって加工された革製品は、「高級感」や「味」を感じさせる仕上がりになります。

また、一番の特徴は長期間使い続けることで経年変化(エイジング)と呼ばれる色や艶の変化を楽しめることです。
(黒リュックの場合は色はあまり変化せず、艶が出ることが多いです)

鞣しの工程に数ヶ月かかることもあり、基本的にタンニン鞣しのリュックはかなり高額なものが多いです。

クロム鞣し

クロム鞣しは化学薬品による革の加工です。
タンニン鞣しに比べ経年変化(エイジング)はほとんどしませんが、その分非常に耐久性があり頑丈です。面倒な革の手入れを頻繁にする必要はありません。

軽く柔らかい革なのでリュックには最適な加工方法です。

タンニン鞣しと比べ比較的安く加工出来るため、商品の価格もタンニン鞣しのものより安いことが多いでしょう。

 

 

あなたに合った黒リュックを!

黒リュックの魅力やおすすめ20選、そしてリュックの選び方について解説しました。

1つあれば色々なファッションに使える黒リュックをこの機会にぜひ買ってみましょう!