HushTug NOTE ファッション サコッシュって正直ダサい。メンズ必見の女子ウケしないカバンの理由

サコッシュって正直ダサい。メンズ必見の女子ウケしないカバンの理由

サコッシュって正直ダサい。メンズ必見の女子ウケしないカバンの理由

2020年10月30日

サコッシュを検索すると引っかかる「ダサい」というワード。「え、買っちゃいけないの?」「マストハブアイテムって聞いていたのに……」と、気になっていた人にとってはまさに青天の霹靂(へきれき)のはず。

そこで本記事では、サコッシュがダサいと言われる理由を徹底調査。あなたの「なぜ?」「どうして?」を解決していきます。ぜひご一読ください。

 

サコッシュはなぜダサいと言われるのか?

本当にダサいのかどうかはさておいても、実際にそういった声も多いサコッシュ。では、なぜそう言われているのでしょうか。早速、その理由を確認してみましょう。

 

オシャレ向けと言うより実用性重視

残念ですが、サコッシュはおしゃれバッグではありません。より正確にいうと、自転車競技の長距離ロードレースで使われるバッグが発祥であり、ファッション目的で作られたものではないということです。

1日に300km弱走ることもある自転車のロードレースでは、なんと食事も自転車の上。サコッシュはそこで、チームスタッフがドリンクと補給食を選手に手渡すために使われています。したがって構造は出し入れしやすいよう至ってシンプルに、素材もコットンやナイロンで簡素に。どこまでも実用性重視で作れています。

 
実は、ファッションブランドのサコッシュがプッシュしたいのはこのスポーティーさ。しかし、これを見誤ってしまった「コーディネートに無頓着な男性」が量産されているのが現状です。

一方で、育児中のママたちにはマザーズバッグのサブアイテムとして大好評。そんなこんなで、一部の女性たちから、サコッシュを持った男性=ファッションに気を遣う必要のなくなった“子供連れのお父さんのイメージ”と言われています。

 

サコッシュはなぜ流行ったのか?

つい最近までは、おしゃれアイテムとして確実に流行っていたサコッシュ。その盛衰をファッションの流れとともに振り返ってみましょう。

  • 2014:「ノームコア」が日本でも大ブームに。究極のシンプルな服に似合う究極のシンプルなバッグとして、サコッシュをはじめとしたコンパクトバッグに光が当たる。またレディースのミニバッグブームが輸入され、メンズファッションでもブレイクする。
  • 2015年:「ミニマリスト」が注目を集め、この年のユーキャン新語・流行語大賞候補に。引き続き、最小限の荷物を持ち歩くためのメンズバッグとして、コンパクトなバッグの人気が継続。
  • 2016年:スポーツウエアを普段着に取り入れた「アスレジャースタイル」が流行。サコッシュの人気は不動のものに。
  • 2018~2019年:「90年代ファッションのリバイバル」到来。コンパクトバッグの中心は、ウエストバッグ(ウエストポーチ/ヒップバッグ)やクラッチバッグへ。サコッシュ人気がほぼ収束する。

ざっとではありますが、サコッシュがなぜ人気となったのか、そしてなぜ今ダサいと言われているのかは、こういった流れによっています。

ついでに触れると、長年のストリート&カジュアルブームにも2019年から変化が。2020年はより顕著に、ファッションはテーラード&エレガントへの回帰を示しており、バッグもそうしたものへと関心が集まっています。

 

結論、オシャレ度合いを求めるならばボディバッグがおすすめ

出典:吉田カバン

サコッシュがダサいと言われる理由をまとめると次のようになります。

  • スポーティーなサコッシュの特性が理解されていない。だからおしゃれなファッションができていない。
  • トレンドが移り変わり、サコッシュは流行遅れのアイテムとなった。

特に「時代遅れ」というワードを見ると、なかなかに手を出しづらくなってくるかと思います。そこで“今”バッグを選ぶなら、サコッシュのようにコンパクト&機能的、なおかつテーラード&エレガントなトレンドコーデにも使える「ボディバッグ」がおすすめです。

素材、カラー、サイズ感をきちんとセレクトすれば、ビジネスカジュアルにもOK。旅行のほか、フェスやお祭りといったイベントにだって大活躍します。シルエットもスマートで女性ウケも◎ もう“子供連れのお父さん”なんて呼ばれません。

 

HushTug NOTEではただ今、おしゃれなボディバッグを大特集中。こちらもぜひチェックしてみてください。

▶メンズボディバッグを失敗せずに選びたいなら。

 

サコッシュを付ける際のポイント

それではサコッシュを敢えて今持つならば、どのように選び、どのように身に付ければ良いのでしょうか。そのポイントは「カラー・サイズ・掛ける位置・防水性」にあります。

 

コーデに合わせたカラーを選択する

ファッションのコーデは2~3色以内、これがおしゃれの基本ルールです。もちろん服だけではなく、バッグもこのレギュレーションに含まれます。

  • 全身ブラックのコーデには、ヌケ感を与えるホワイトベージュやライトグレーのバッグ。
  • ネイビースーツのコーデには、ブラックではなくダークネイビーのバッグでハイセンスに。
  • グレーやホワイトを中心としたコーデには、適度な重さを加えるブラウンのバッグ。

このようにバッグと服のバランスを計算すると、少ない色数でもグッとおしゃれに映ります

とはいえ、そこでビビッドなイエローやレッドのサコッシュを大人の男性が選んでしまっては、子供っぽさや安っぽさの原因に。ストライプやボーダー、迷彩といった柄も同様で、これも例の「ダサい」「パパっぽい」といった印象に繋(つな)がります。おしゃれに自信がなければ、まずはブラック、ブラウン、ネイビー、グレーといった定番のカラーから始めるのがおすすめです。

 

入れる荷物を考えて購入する

どんなにおしゃれなバッグも、荷物でパンパンに膨れてしまってはダサく見えてしまいます。”最小限の荷物だけをコンパクトに持ち歩ける“というスタイリッシュさが売りのサコッシュならばなおさらです。

購入前には、“何を入れて持ち歩くのか”をきちんと把握しておきましょう。財布、スマホ、鍵程度であれば人気のミニサイズでも良いですが、タブレットやペットボトルなどを入れるのであれば必要十分なサイズを選びたいところです。

荷物を偏らせない内ポケットや荷物が増えてもバッグが膨らみにくいマチのあるタイプも、すっきりとした外観を保てるのでおすすめです。ぜひチェックしてみてください。

 

掛ける位置の調整も確実に

サコッシュをおしゃれに持つためには、掛ける位置にも気をつけましょう。ベストポジションは、「へそから少し上」辺り体の真ん中に当たる位置なので、上半身と下半身のバランスが取れてすっきりきれいに映ります。また、バッグを掛けたまま自転車に乗ったり、アウトドア活動を行ったりする際にもバランスが取りやすく、安全面からもベストです。

これが低い位置だと女性のショルダーバッグ風になってしまい、それこそ女子ウケは最悪。ダサいと言われかねません。逆に高い位置は新鮮で悪くありませんが、コーデや体型によっては窮屈に見えてしまうので注意も必要です。

サコッシュを前に掛けるか、後ろに掛けるかでも大きく印象が変わります。しかし、こなれ感の出る持ち方として人気を集めた前掛けスタイルも今や下火。無難ですが、普通に後ろに掛けたほうが周囲からの評判は良いでしょう。

 

使うシーンに合わせて防水性の検討を

コンパクト、両手が空く、体のバランスが取りやすい。そんなサコッシュの特徴を活かしてフェスやアウトドアで使うならば、防水性&撥水性(はっすいせい)にも注目を。水濡(ぬ)れや汚れを心配する必要がなくなり、シーンにより集中することができます

目安となるのは、防水効果のあるGORE-TEXや東レのブリザテックといった生地、または撥水効果のあるウレタンコーティングを使ったアイテム。タブレットなどの電子機器を守るには、全く濡れる心配のない防水タイプを、ちょっとした汚れを防ぐには、撥水タイプを選ぶのがおすすめです。

 

これならば外さない!メンズにおすすめのサコッシュ7選!

ここからはおしゃれなメンズサコッシュを7点ご紹介していきます。いずれも、バッグブランド「HushTug」が見極めたアイテム。これならば、もう“ダサい”なんて言われません!

 

1.吉田カバン/PORTER MUSETTE SACOCH

出典:吉田カバン

まずは「PORTER」から、タブレット&ノートPC用のポケットを装備し、ビジネスシーンにも狙いを定めたサコッシュを。

素材には、フッ素樹脂加工を施したコーデュラポリエステルキャンバスを選択し、高い耐引き裂き性、耐摩耗性、耐退色性を獲得。裏地にはウレタンコーティングも施し、撥水性(はっすいせい)、防汚性までをも備えています。それでいて軽量感もあり、スタイリッシュに活躍できること間違いなし。チープに見えない安定感のある作りにも拍手喝采です。

  • カラー展開:ブラック、カーキ、ネイビー
  • 本体サイズ:H23×W33cm
ブランド/商品名吉田カバン/PORTER MUSETTE SACOCH
価格7,700円
created by Rinker
PORTER(ポーター)
¥7,700 (2020/11/24 21:23:16時点 Amazon調べ-詳細)

 

2.BRIEFING/SACOCHE M SL PACKABLE

出典:BRIEFING

ミルスペックの機能美をテーマに掲げるこちらのブランド。本作では、軽量性・耐久性に秀でた70デニールのリップストップナイロンを用い、パッカブルのサコッシュを実現。デイリーユースにとどまらず、旅行やアウトドアにも重宝する一品に仕上げました。

ビジネスバッグでも人気の「BRIEFING」だけに、ブリーフケースやバックパックに合わせて出張時のサブバッグとして選んで見るのもおしゃれ。個性的な赤ステッチやウェビングテープで流儀を貫けば、“ダサい”ともオサラバです。

  • カラー展開:ブラック、オリーブ、トロピックカモフラージュ
  • 本体サイズ:H23×W31×D3cm
ブランド/商品名BRIEFING/SACOCHE M SL PACKABLE
価格9,900円
created by Rinker
BRIEFING(ブリーフィング)
¥8,800 (2020/11/24 21:23:16時点 Amazon調べ-詳細)

 

3.tk. TAKEO KIKUCHI/【WEB限定】レザー2WAYサコッシュバッグ

出典:TAKEO KIKUCHI

こちらは「tk. TAKEO KIKUCHI」によるフォーマルな素材使いが大人顔のサコッシュ。光沢感を抑えた高級レザーが、ウールにはもちろん、コットンやリネンといったカジュアルアイテムともよく馴染みます。

2WAYを採用しており、シーン毎に持ち方を替えられるのもポイント。ブルゾンスタイル×サコッシュでデートに、スーツスタイル×クラッチバッグでパーティーに。活躍の場は無限に広がります。

  • カラー展開:ブラック、ダークブラウン
  • 本体サイズ:H20.5×W26.5×D3cm
ブランド/商品名tk. TAKEO KIKUCHI/【WEB限定】レザー2WAYサコッシュバッグ
価格7,700円
created by Rinker
tk.TAKEO KIKUCHI(ティーケー タケオキクチ)
¥7,700 (2020/11/24 21:23:17時点 Amazon調べ-詳細)

 

4.MASTER PIECE/Revise サコッシュ

出典:MSPC PRODUCT ONLINE STORE

革の表面を毛羽(けば)立たせたスエードは、適度な光沢感と柔らかな質感でスポーティーなサコッシュをファッショナブルにアップデート。フロントのメタルプレートもハイブランドのような高級感を醸し出しています。

手掛けるのは、1994年にスタートし、今や日本を代表するバッグブランドとなった「MASTER PIECE」。コーディネートに困らないよう多様なカラーリングを用意するなど、オトコのおしゃれを知り尽くした商品展開も魅力的です。

  • カラー展開:ブラック、グレー、ベージュ、キャメル、ワイン、カーキ、ネイビー ほか
  • 本体サイズ:H23×W28×D3cm
ブランド/商品名MASTER PIECE/Revise サコッシュ
価格11,550円

 

5.NEW ERA/SACOCHE2.5L BLACK

出典:NEW ERA JAPAN

Yohji Yamamoto、UNDERCOVER、TAKAHIRO MIYASHITATheSoloist. といったモードファッションともコラボを行う「NEW ERA」は、ストリートの枠にとどまらないアイテムを提案。

アクセントとなるメッシュポケット&ブランドロゴ以外は、サコッシュらしいシンプルなデザインを踏襲。タウンユースでも浮くことのないクールなスタイルを作り上げ、おしゃれバッグとしてまだまだイケることを証明してくれています。手の届きやすいお値段もナイスです。

  • カラー展開:ブラック、ブラック/レッド、ブラック/ミントブルー、カラータイダイ
  • 本体サイズ:H23×W28×D4cm
ブランド/商品名NEW ERA/SACOCHE2.5L BLACK
価格3,960円
created by Rinker
NEW ERA(ニューエラ)
¥3,159 (2020/11/24 21:23:18時点 Amazon調べ-詳細)

 

6.CHROME/MINI SHOULDER BAG MD

出典:CHROME INDUSTRIES JAPAN

自転車と関連の深いサコッシュは、こんなブランドからチョイスしてみるのもおすすめ。コロラド発、メッセンジャーのための「CHROME」は、 完全防水のボディに高耐久のウェビング性ショルダーを備えたハイファンクションなアイテムをリリース。コンクリートジャングルを生き抜くための設計はどこまでもタフで、フェスやお祭りにだって重宝します。

タウンユースでよりモダンに使いたいなら、全てをブラックアウトした「BLCKCHRM」もアリ。コーデもギュッと引き締まります。

  • カラー展開:ブラック
  • 本体サイズ:H27×W36×D1.5cm
ブランド/商品名CHROME/MINI SHOULDER BAG MD
価格6.050円

 

7.GREGORY/CLASSIC SACOCHE M BLACK

出典:GREGORY

おなじみのアウトドアブランド「GREGORY」も要チェック。「CLASSIC SACOCHE」は、定番商品DAY PACKのデザインを踏襲した一品で、斜めに切られたフロントポケット、レザーの引き手などが安心感バツグン。いつものバッグから持ち替えても、全く違和感なくコーディネートを支えてくれます。

サコッシュがダサいと“今”言われていても、ファッションとは常に回るもの。このアイテムを押さえておいて損ということなどありえません。ということで、ぜひ!

  • カラー展開:ブラック、HD Nylon、ツリーバークカモ、ガーデンタペストリー
  • 本体サイズ:H20×W27cm
ブランド/商品名GREGORY/CLASSIC SACOCHE M BLACK
価格5,500円
created by Rinker
GREGORY(グレゴリー)
¥4,351 (2020/11/24 21:23:19時点 Amazon調べ-詳細)

 

まとめ

今回は、“サコッシュがダサい”問題について切り込んでみました。実際に「スポーティー過ぎる・若干の流行遅れ」といったネックはあるものの、コーデや使うシーンさえ間違わなければ、即「ダサい・持っているとかっこ悪い!」とまで断定できるほどでもありません。

しかし、よりオシャレ度合いを気にする場合には、ボディバッグなどを選択したほうが無難なのかもしれませんね。