SLOW(スロウ)の革財布の評判は?手入れ方法やオススメのお財布9選!

質の良い革財布を持つ男性は、それだけでエレガントな印象があります。

あまり目に付かないですが、きちんとした革財布を使って、細かな部分でもおしゃれを楽しみたいですよね。

しかし、「どんな財布を買えばいいのか分からない」という男性もいらっしゃいます。

そんな時におすすめしたいのが、SLOWの革財布です。

大人気の革財布ブランド「SLOW」の魅力と、おすすめの革財布9選をご紹介します。

SLOW(スロウ)ってどんなブランド?

出展:SLOW

SLOWは、2008年に誕生した日本のレザーブランドです。

井野屋(いのや)という会社が手掛けており、主な活動場所は大阪です。

少しずつ活動の幅を広げて、鎌倉や京都、自由が丘を始め、日本の様々な場所にお店があります。

名前の由来、SLOWブランドのテーマとは

出展:SLOW

なぜSLOWというブランド名になったのかと言うと、以下の4単語の頭文字からきています

  • Sports(スポーツ)
  • Luxury(贅沢)
  • Outdoor(外の)
  • Work(作業、働く)

その由来は、「革製品の経年変化(エイジング)を楽しむ」ことにあります。

実際、SLOWのテーマは「移り変わりの激しい時代にも、ゆっくりと創作を追求したい」としています。

出展:SLOW

「革製品のエイジング」と「時代に流されないこと」の要素を結び付けているのです。

そして、「SLOW(ゆったりとしている)」というブランド名にしたことは、とても素敵ですね。

新しい製品も、流行に関係なく、経年変化と共に楽しんでいけるものばかり。

時間とはかけ離れた良さのある、製品が揃(そろ)っています。

SLOW(スロウ)の評判・口コミは?

出典:WEAR

ブランドについて知るには、製品を使った人の「意見・感想」がとても重要です。

SLOWの財布について、SNSを見ると、「かなりいい感じ!」という反応が目立ちました。

中には、「1つ買ってみたらとても良くて、他の製品も買った」という方もいらっしゃいました。

流行に流されない革製品を作るSLOWは、時代や世代を超えて、人を惹(ひ)きつける魅力があるのでしょう。

国内に9店舗を展開”おしゃれな”実店舗にも行ってみよう

出典:SLOW

SLOWは、主な活動場所である「大阪」の他に、国内に9つお店があります。

東でも西でも、場所のバランスが考えられているので、「遠すぎて行けそうにない」こともないかと思います。

そして、SLOWのお店の雰囲気を見てみると、地域性を重んじたショップづくりをしているかが、分かります。

SLOW京都店の外観(がいかん)

slow-shop-kyoto

出典:SLOW公式HP

京都店を見ればわかるように、SLOWは、その場所に馴染(なじ)むような空間づくりをしているのです。

古くからの都(みやこ)の雰囲気や、京都の景色を邪魔しない、日本家屋風の造りとなっています。

悪目立ちせず、かといって埋もれることもなく、SLOWの店舗はその地に静かに存在します。

革が少しずつ馴染んでいくように、それを売るお店も、場所に馴染んでいきたいという想いが感じられますね。

SLOWの革財布の魅力

SLOWの特徴などを知れたところで、SLOWの革財布についても、詳しくご紹介していきます。

SLOWの革財布の魅力に触れることで、きっと気に入るはずです。

1.エイジングを楽しめる革財布

出展:SLOW

買ってから、長い時間を共にする革財布というのは、まさにSLOWのテーマである商品と言えます。

SLOWの革財布は、買った人が革のエイジング(経年変化)を楽しめるように、ヌメ革を多く使っています。

ゆっくりと、財布の風合いの変化を楽しんでいけることが、SLOWの革財布の大きな魅力でしょう。

2.職人技で丁寧に仕上げる”高品質革財布”

出展:SLOW

SLOWの革財布は、自社の工房で働く職人や、ディレクターが協力し合って生まれています。

どんな財布にするか考えるのが「ディレクター」で、製品を作るのが「職人」です。

職人とディレクターは、すぐに連絡や相談ができるよう、同じ工房で働いています。

出展:SLOW

そのチームワークによって、製品のデザインやテーマを、製品に取り入れることができるのです。

ここまで近くで、連絡を取りながらモノづくりをするブランドは、そう多くありません。

革が好きな人たちを魅了するSLOWには、抜かりのない丁寧な仕事があると言えるでしょう。

3.デザインが豊富で多くのラインナップから選べる

出展:SLOW

たくさんのデザインから、自分の好みに合う革財布を選べるのも、SLOWの大きな魅力です。

革財布は使い方が決まっているので、デザインの差をつけるのが難しいジャンルです。

その中にあっても、SLOWが6つのシリーズを出しているのは、まさしく革のスペシャリストだからこそです。

6つあるSLOWの革財布シリーズ

それではここから、SLOWの革財布シリーズの、6つをご紹介します。

1.SADDLE PULL UP(サドル プル アップ)

出典:SLOW

SADDLE PULL UPの「SADDLE(サドル)」は、鞍(くら)という、馬具(ばぐ)のひとつです。

(鞍とは、馬の背中に付ける道具で、人や物を乗せるために使います。)

馬具にも使われる、とても丈夫な”カーフレザー(カーフスキン)”を使ったシリーズとなっています。

そのため、タフな印象がありつつも、SLOW独自の仕上げによって、クリーンさもある物静かな雰囲気となっています。

また、SADDLE PULL UPシリーズには、「PULL UP(プルアップ)」という、独自の加工も特徴です。

この加工によって、革が折れ曲がった時に、中に染み込んだオイルが移動し、革の色合いが変化する効果あります。

つまり、使うたびにオイルが動いて、少しずつ風合いを変えていくため、使う人で違ったエイジングを楽しめるのです。

2.HERBIE(ハービー)

出展:SLOW

HERBIEレザーは、1911年に生まれた老舗「三陽社」の、フルベジタブルタンニンレザーを使ったモデルです。

北アメリカ産の、ミモザというマメ科の花から取り出したタンニンで、時間をかけて鞣(なめ)されています。

軽いながらも、丈夫さは優(すぐ)れた仕上がりとなっています。

テラテラした輝きはなく、どちらかというとツヤを抑えてあるため、かなり大人っぽい上品なシリーズです。

使っていくうちに少しずつツヤが加わって、独特のエイジングを遂(と)げていきます。

ちょっと男らしい、スマートな印象の革財布が欲しい方には、相性の良いモデルです。

3.CORDOVAN(コードバン)

出典:SLOW

CORDOVANは、新喜皮革という会社が作った「コードバン」という革を、表面に使ったモデルです。

コードバンは「革のダイヤモンド」と言われ、選び抜かれた馬の皮から取ったものです。

ツヤ感やきキメ細やかな質感は、シリーズでも特別で、その高級感に心が惹(ひ)かれてしまいます。

また、CORDOVANは、内装にベビーカーフレザーを使っているのも特徴です。

赤ん坊の牛の皮からしか取れない、さらりとした滑(なめ)らかさは、手触りや使い心地がとても良いのです。

4.KUDU(クーズー)

出展:SLOW

KUDUは、アフリカ大陸のみに住む、「クーズー」という動物の革を使ったシリーズ。

クーズーは、日本で1頭も飼われていない、とても珍しい動物です。

牛革の「強さ」と、そしてカモシカ革の「しなやかさ」の、両面を持っていることが特徴となっています。

ワックスで仕上げられており、表面のシマ模様や風合いが1つ1つ違います。

シワや凹凸が出す表情には、スマートさがありながらも、硬すぎる印象はありません。

5.INGRASAT(イングラサット)

出展:SLOW

INGRASATは、トスカーナ地方のタンナーによって鞣された、フルベジタブルタンニンレザーを使ったシリーズです。

ベリーという牛の脇腹の皮を使い、やすりなどで磨いて、傷や汚れを消す加工をします。

そのため、ツヤはほとんどなく、乾いた見た目となっているのが特徴です。

しかし、使っていくうちに、表面の質感が大きく変わります。

ツヤのないマットな質感に、艶(つや)やかな表情がプラスされていくため、使い込んでいく楽しみは充分です。

6.SIGMA(シグマ)

出典:SLOW

SIGMAは、トスカーナ州サンタクローチェの「ロ・スティバーレ」という、タンナー(革を作る人)が仕上げています。

そのタンナーの、バケッタレザー(タンニンレザー)を使ったシリーズです。

素材には、ヨーロッパ産の牛の肩部分を使っており、イタリアならではのこだわりが、詰まっています。

縦横にくっきりと表れているスジ模様は、革でありながら、涼し気な表情です。

すっきりとしたデザインは、どこか日本らしい和の雰囲気もあって、安心感がありますね。

SLOWの革財布の手入れ方法

出展:Amazon

革製品を持つ時に、一緒に買ってほしいのがお手入れ道具です。

汚れを取ったり、革の乾燥を防いだりして、SLOWの革財布の良さをキープしていきましょう。

毎日の手入れ

革にホコリが付くと、革の水分や油分を吸ってしまうので、乾きやすくなります。

汚れもそのままにしておくと、栄養クリームが革に入りづらくなるのです。

そうならないために、毎日、馬毛ブラシでブラッシングするのが理想です。

クロス(または柔らかい布)で、乾拭きでもOKですが、細かい部分まで届く馬毛ブラシの方がオススメです。

革が乾燥してきたと思ったら

革のしっとり感が無く、見た目もカサカサしているようなら、乾燥が進んでいるサインです。

栄養クリームを使えば、革の柔らかさ・ツヤを取り戻すことができます。

ただ、革はデリケートなので、栄養クリームの中にも「専用」がある場合も。

まず、自分の革財布の素材を確認して、使えるかどうかチェックしてくださいね。

汚れが目立ってきたら

手垢・レシートのインク汚れなど、なるべく早めに落とします。

小銭入れも、コインに付いた汚れが移って、黒ずみになることも。

毎日のブラッシングをする時に、変わったところが無いか、注意しながらやると良いですね。

もし、ほつれや破れを見つけた時は、革の修理店に相談してみましょう。

もっとスッキリさせたいなら、革財布を丸洗いする方法もあります。

しかし、革に水は弱点と言われており、正しいやり方でないとトラブルの原因になります。

下の記事にまとめてありますので、道具や方法を参考になさってくださいね。

SLOWのおすすめ革財布9選!

今度は、オススメのSLOWの革財布を、製品ごとに見ていきましょう。

1.SLOW/saddle pull up-Lzip mini wallet-

出典:le souhait

まずご紹介したいのは、saddle pull upのエルジップミニウォレットです。

先にご紹介した通り、素材には馬の鞍に使われるほどの、丈夫でしなやかなカーフレザーを使用。

ハリのある質感には、力強さがあります。

ミニマルなデザインながら、お札入れが2つ、小銭入れが1つ、カード室が8つあります。

出展:le souhait

最低限のものは持ち運べるスペースを作ってあるため、ちょっとしたお出かけから買い物までOK。

幅広いシチュエーションでも使える、使いやすさも魅力ですね。

革の中のオイルが移動することで、風合いを変化させるPULL UP加工でどう育つを楽しむことができます。

革好きなら、1つ持っておきたいミニウォレットです。

ブランド/商品名 SLOW/saddle pull up-Lzip mini wallet-
価格 19,800円

買いたい方は、残り少ないのでお早めに!→こちらから。

2.SLOW/herbie- round long wallet-

出典:SLOW

続いてご紹介するのは、herbieのロングウォレットです。

じっくりと鞣されたタンニンレザーは、マットな質感に仕上がっており、上品な印象です。

革財布のギラギラした感じが嫌い、という方でも使っていけるモデルではないでしょうか。

もちろん、使用していくうちに自然とツヤが出てきますので、じっくり使い込んで育てたい方にもオススメ。

出展:SLOW

また、収納が18室と大容量なのも、魅力の一つです。

革財布でありながら、ここまで収納があるのは、SLOWの技術力だからこそですね。

「革も楽しみたいけど、ちゃんと使える長財布が欲しい!」そんな方にオススメです。

ブランド/商品名 SLOW/herbie round long wallet
価格 31,900円
created by Rinker
SLOW(スロウ)
¥31,900 (2022/05/19 19:37:25時点 Amazon調べ-詳細)

3.SLOW/kudu Lzip long wallet

出典:SLOW

先ほども書いた通り、kuduシリーズは「クーズー」という珍しい動物の皮革を使ったモデルです。

ワイルドでスマートな印象ながらも、細かな凹凸やシワ感には、キメの細やかさがしっかりと表れています。

男らしさが前に出過ぎない、絶妙なテイストがありますね。

血筋やシワ感は、クーズーごとに違いがあるため、一つとして同じ表情の財布はありません。

出展:SLOW

そして、エイジングを楽しむことも出来るため、「自分だけの革財布」をお探しの方には、相性バッチリです。

L字ジップにデザインされた収納も、10室以上の量となっているため、物が入りきらない心配もありません。

フリースペースなどもあるため、レシートや領収書などをまとめておけるのは、嬉しいポイントです。

ブランド/商品名 SLOW/kudu Lzip long wallet
価格 30,800円
created by Rinker
SLOW(スロウ)
¥31,900 (2022/05/19 19:37:25時点 Amazon調べ-詳細)

4.SLOW/CORDVAN short wallet

出典:SLOW

CORDOVANのショートウォレットは、高級感のある革財布をお探しの方には、ピッタリのモデルです。

上質で、珍しい馬革には上品なツヤがあり、革好きなら思わず見とれてしまうはず。

こだわりは表面だけでなく、内側も牛の赤ちゃんの革を使っています。

そのため、ずっと触っていたくなるような滑(なめ)らかさ、柔らかさがあります。

出典:SLOW

また、革の中にはオイルがしっかり染み込んでいるため、エイジングも楽しめるのが魅力です。

コバ(革の切り口)の処理は、職人の手で整えられているため、遠目に見ても美しい形。

「とにかく美しい革財布」そんな品をお探しの方は、CORDOVANのショートウォレットを!

ブランド/商品名 SLOW/CORDOVAN short wallet
価格 59,400円

買いたい方は、残り少ないのでお早めに!→こちらから。

5.SLOW/bono-smart long wallet-

出展:le souhait

bono(ボーノ)は、SLOWの中でも、栃木レザー株式会社のヌメ革を使ったシリーズです。

中でも、ご紹介するロングウォレットは、ヌメ革の質感が最大限に押し出されています。

ヌメ革の柔らかな質感、そして凹凸がくっきりと見せるツヤ感は、ヌメ革好きにはたまらないポイント。

出展:le souhait

もちろん、使えば使うほどに、風合い・色合いが変わっていくため、1日1日と変化を楽しんでいけるアイテムです。

ボタン式ではなく、L字式ジップで開閉をするため、使いやすい面でも大人の男性にぴったりの長財布となっていますよ。

ブランド/商品名 SLOW/bono long wallet
価格 25,300円

買いたい方は、こちらから。

6.SLOW/double oil long wallet

出典:Amazon

double oil(ダブルオイル)は、SLOWと栃木レザー株式会社で作りあげた、オリジナルのヌメ革を使っています。

2社で作った「ダブルオイルレザー」は、加工する時にプレスをかけているため、表面にツヤが出ます。

それが、革ならではの”重さ”が感じられる、仕上がりになっているのです。

出展:Amazon

こちらのロングウォレットは、肉厚な見た目が特徴的。

使い込んでいくことで、色が深まるエイジングを、好きなだけ楽しむことができます。

「重量感のある革の長財布を、ガンガン使い込んでいきたい」そんな方にオススメですね。

ブランド/商品名 SLOW/double oil long wallet
価格 28,600円

7.SLOW/INGRASAT mini wallet

出典:SLOW

INGRASATは、トスカーナ地方のタンナーが鞣した、ベリー(牛の脇腹の皮)を使ったシリーズです。

表面は銀擦りで仕上げられているため、SLOWのシリーズ中でも、一番ツヤが抑えられた仕上がりになっています。

乾いた質感の、革小物などが好きな方には、たまらないシリーズではないでしょうか。

出展:SLOW

買い物やお出かけのお供には小さいですが、ちょっとした外出で持ち歩くには、ぴったりのサイズ感です。

ざらざらとした革の表面は、使えば使うほど質感を変えるため、ツヤのある革とは違ったエイジングを楽めます。

ブランド/商品名 SLOW/INGRASAT mini wallet
価格 23,100円

買いたい方は、残り少ないのでお早めに!→こちらから。

8.SLOW/SIGMA long wallet

出典:SLOW

SIGMAは、縦横にスジ模様が入ったシリーズです。

日本には存在しないレザーが使われている革財布は、独特の雰囲気がありますね。

スマートさが前面に出るというよりは、上品さ、優雅(ゆうが)さが強調されています。

出展:SLOW

ご紹介するロングウォレットも、長財布の形状でより筋目が強調されており、大人っぽい仕上がりに。

革財布の荒々しい印象が苦手、という方でも使えるモデルですね。

「エレガントな革財布を探している」という場合には、要チェックです。

ブランド/商品名 SLOW/SIGMA long wallet
価格 35,200円

買いたい方は、残り少ないのでお早めに!→こちらから。

9.SLOW/herbie round short wallet

出展:楽天市場

最後は、herbieのショートウォレット版をご紹介していきます。

お財布の好みは、人それぞれですよね。

ヒップポケットに入れるのが嫌だったり、かさばるのが嫌でショートウォレットが好き、という方もいます。

出展:楽天市場

herbieのショートウォレットは、革の仕上げがマットな質感で、上品な雰囲気があるモデルです。

中でも、ショートウォレットは、長財布よりもミニマルで、あかぬけた雰囲気があります。

いつも、フォーマル寄りの服を好む方は、ロングよりショートウォレットが合うかもしれないですよ。

ブランド/商品名 SLOW/herbie round short wallet
価格 24,200円
created by Rinker
SLOW(スロウ)
¥24,200 (2022/05/19 19:37:27時点 Amazon調べ-詳細)

SLOWのおしゃれな革財布でエイジングを楽しもう!

出展:SLOW

今回はSLOWというレザーブランドについてと、おすすめの革財布10選をご紹介しました。

SLOWの革財布は種類が多いので、どれがいいのか迷うかと思います。

使いやすさ・サイズ感・収納量・形のデザインなど、製品ごとの魅力を確認しながら探してみましょう。

今回の記事を参考にすれば、使いたいと思える、SLOWの革財布がきっと見つかりますよ。