スタジャンは洗濯できるの?洗濯時の注意と普段の手入れについて

寒くなって防寒着が手放せない季節がやってきました。防寒着の定番といえば、スタジャンことスタジアムジャンパーです。しかし、このスタジャン。特徴的な素材ゆえ、お手入れが結構難しいんです。
今回はスタジャンの素材、洗濯の仕方や手入れ・保存の方法についてご紹介します。

スタジャンとは?

出典:ZOZOTOWN

スタジャンとは、スタジアムジャンパーの略で、元々は野球選手がベンチでユニフォームの上に着る防寒具として誕生したものです。カジュアルの代表的なアウターで、胸や背中にチームのイニシャルロゴなどが入ったりしています。(スタジャンは和製英語で、発祥の地アメリカではアワードジャケット、ヴァーシティージャケットなどと呼ばれています。)

スタジャンの素材の種類

出典:楽天市場

スタジャンの身頃はメルトンウール、袖は革が基本です。この特徴的な仕様により保温性が高まり、選手が体を冷やさないという目的を果たしています。袖部分に使用される革は牛皮が多いようですが、鹿皮、合革も見られます。袖まで全てメルトンを使用したものや、メルトンの代わりにフリースを使用したものなど仕様は様々です。

スタジャンは家で洗えるの?

メルトンウールは普通のウールと異なり、密度を高める工夫がされ、フェルトのような質感なのが特徴です。重厚感があり、保温性にも優れていますが、安易に水洗いすると、固くゴワゴワした風合いになり本来の質感を損ないかねません。基本はドライクリーニングが適した手入れ方法です。

本革は風を通さないので、保温性が高く強度も強いというメリットがあります。革の洗濯も、非常に難しい部類に入ります。また、ドライクリーニングでは革の油分が除去されて硬化する可能性があり、水洗いでは収縮のおそれがあります。

いずれにしても家で洗うにはひと工夫が必要です。

素材違いのスタジャンの洗い方

このように異なる素材で作られているスタジャンは、手入れが難しい部類の衣類です。洗い方には細心の注意が必要です。

1 洗濯タグを確認しよう

洗濯タグをきちんと確認して、水洗い可能かどうかを判断しましょう。「水洗い不可」(おけに×の表示)の場合は、クリーニング店に依頼します。(クリーニング店では、水を使わないドライクリーニングが可能です。)

2 水洗い可能の場合

洗濯タグが水洗い可能なマークの場合は、家庭で水洗い可能です。タグに洗濯の温度(上限)、洗濯の強さが付記されているので確認します*。

洗濯機で洗う場合は強さが弱いドライコースや手洗いコースでやさしく洗います。ただし、最近の洗濯機も性能が上がっているとはいえ、洗濯に失敗してからでは後戻りできませんので、手洗いを選択した方が、素材にはやさしく、スタジャンが長持ちします。洗浄(押し洗い)⇒濯ぎ⇒脱水⇒乾燥の流れで、手洗いします。

*洗濯タグの表記は、ファッションのグローバル化を背景に国際規格に合わせた新しい表記になっていますので、タグの意味が分からない場合はホームページ等で確認しましょう。

洗浄液には注意をしましょう!

ウールの質感や革の油分を除去してしまわないよう、中性洗剤を使用しましょう。

負荷を掛けないようやさしく洗おう!

特にウール部分は擦ったり揉んだりして質感を損なわないよう、やさしく押し洗いしましょう。

脱水、乾燥の際には型崩れに注意!

洗浄で革部分が相当重くなっているので、型崩れに気を付けて、脱水、乾燥させましょう。

スタジャンの毎日のケア・保存方法

スタジャンを清潔で長持ちさせるには、日頃の手入れが重要です。

1 つるして湿気を取り除く。

湿気などでカビが発生しないよう、部屋に吊るして湿気を取り除くようにしましょう。

2 革の部分のホコリを取る

きれいな布やタオルなどで「から拭き」を行い、ほこりや汚れを取り除きましょう。

革の部分の汚れは、専用のレザークリーナーを使ってケアしましょう。艶が消えたり、色落ちする特殊な革もあるので、目立たないところでテストしてから使いましょう。また、光沢がある革の場合は、光沢を出すため専用クリームで油分を補います。

3 革以外の部分は水拭きで汚れを拭き取る

おしゃれ着用洗剤(アクロン)を薄めた洗剤液をタオルなどに含ませ、かたく絞って汚れを拭き取ります。その後、水で濡らしたタオルをかたく絞り、洗剤を拭き取ります。水拭きは2回行うのがベターです。

水拭きが終わったら、ハンガーにかけ自然乾燥させましょう。

*皮革素材にとって水分は天敵です。雨で濡れたときは、水滴を払い落とした後、乾いたタオルでたたくようにして水分を十分に取り除き、風通しの良いところで陰干ししてください。

スタジャンを洗濯して清潔に保とう(まとめ)

出典:WEAR

今回は、スタジャンの素材、洗濯の仕方や手入れ・保存の仕方を説明しました。清潔なスタジャンを着るのは、やはり気持ちのいいものです。

洗濯できるのか、クリーニング店に出すのかは、素材や洗濯機の機能によって異なりますが、日々のお手入れ・保存はこまめに行いましょう