ストールとスカーフの違いは?それぞれの特徴と使い方を紹介!

みなさん、お出かけの際に首元が寒いな、またはコーディネートで寂しいなと思うことはないですか?そんなときに持っておきたいアイテムといえば、ストールとスカーフです。肌寒いときに持っておくとどちらも便利ですよね。

今回は、首元に暖かさと華やかさをくれるストールとスカーフの違いとその使い方について紹介します。

 

ストールとは

出典:WEAR

ストールとは長方形の細長い肩掛けのこと。形はマフラーととても類似しています。

元々は肩掛けとして利用されており、素材はマフラーよりも薄いのが特徴です。
肌寒いオフィスなどでは、ひざ掛けとして利用されている方もいますね。

さまざまな素材や種類があり、コットン素材やウールやカシミヤなど、季節に合わせて選ぶことができます。
そのため、季節に合った素材を選べばオールシーズン利用可能なアイテムです。

 

ストールは防寒アイテムとしても使えます。

夏場でも冷房が効いていて寒いこともありますよね。そんな時にストール1枚あればとても便利です。

薄いのでそこまでかさばらず持ち運びしやすいのもおすすめポイント!温度調節したい時に利用してみてください。

 

軽いのに暖かく手触りのいいカシミアは特に人気も高く、ひとつは持っておきたいと考える方も多いでしょう。

カシミア素材のおすすめブランドはこちらからです。

 

スカーフとは

出典:WEAR

スカーフとは正方形の薄手の布のこと。ハンカチを大きくしたようなものを想像すると分かりやすいのではないでしょうか。

ストールと違い防寒用途にするには薄手なものが多いですが、頭を覆ったり、首に巻くなどファッションアイテムとして使用することの多いものです。また、バックなどに飾りとしてつけることもありますね。

スカーフを1枚取り入れるだけでコーデの雰囲気をガラリと変えることができ、一気におしゃれ度が増すアイテム

最近は女性だけではなく、男性の利用も増えてきています。

素材は薄手の生地で、シルクやコットン、化学繊維などの薄手のものが多く、カラフルな柄でファッション性に富んでいます。

ストールとスカーフの違い

上記にて、ストールとスカーフの特徴を紹介しました。その違いをさらに比較してみましょう。

出典:WEAR

こちらが一般的なストールです。長方形が多く、さまざまな素材のものがあります、写真はウール100%です。

出典:WEAR

こちらは一般的なスカーフです。スカーフの形は正方形で、素材は薄手のものが一般的です。

 

一番大きな違いは形と素材

素材
ストール長方形厚手も薄手のものもあり
スカーフ正方形薄手のもののみ

ストールは長方形、スカーフは正方形なのが一般的。ストールは厚手の素材も薄手の素材もありますが、スカーフは薄手のもののみです。そのため、ストールは防寒具としても利用できますが、スカーフは防寒用には適しません。しかし、スカーフは首元はもちろんベルトとして利用したり、バックに巻いて飾りにしたりと、さまざまな使い方できる優秀なアイテムです。

ストールの使い方3選

ストールとスカーフの違いについての理解を深められたと思います。

続いて、ストールの使い方を具体的に見ていきましょう。

  • 首に巻く
  • 肩に羽織る
  • カーディガン風

ストールには大きく分けて上記の3パターンの活用方法があります。
では、順にご説明していきます。

①首に巻く

 

冬場には暖かい首もとの防寒具として利用できます。

単に首に巻くと言っても、さまざまな巻き方がありますが、スカーフとの一番の違いは、やはりボリューム感でしょう。

マフラーよりもボリュームが出るため、顔が少し埋まるシルエットにするのがかわいらしいポイントです!

②肩に羽織る

春先や秋口など「アウターまではいらないな…」という季節にぴったりの活用法です。

難しい巻き方などはなく、ただふわっと肩から羽織るだけなのでストールの柄や色がとても映えます。

③カーディガン風

こちらは大きいサイズ(大判)のストールをカーディガンのように活用する方法です。

まず、肩にストールを羽織り、前側の端を後ろに回して結びます。そして形を整えると完成です。

カーディガンとはまた違って後ろ姿がふんわりするため、ポンチョのような雰囲気もあり、とてもかわいらしいシルエットです。

スカーフの使い方3選

次はスカーフの使い方を紹介していきましょう。

大きく分けてこちらの3つの活用方法があります。

  • 首に巻く
  • 頭に巻く
  • 小物として活用する

それぞれを具体的に見ていきましょう。

①首に巻く

スカーフを首に巻くと、エレガントな雰囲気になります。また、柄や色を変えるだけで簡単にイメージチェンジをすることも可能です。

首に巻いてひとつ結ぶだけでも簡単ですが、大きさによっては二重に巻いて結んだり結び目を横や後ろに垂らしたりと、ストールと同じく、さまざまな巻き方があるのでご自身のお気に入りをみつけてみてください。

②頭に巻く

これはストールではできない活用法ですね。

柄の見せ方はもちろん、頭の上で結ぶのか後ろで結ぶのか、スカーフの大きさによって幅広いコーディネートが可能。

ワンポイントにもコーデのアクセントとしてもとても優秀な使い方です。

③小物として活用する

「普段使っているお気に入りのバックをもっと華やかにしたい!」場合に特にオススメな使い方。その日の気分によって、色や柄を変えることもできるので素敵ですね。

商品として、元々バックにスカーフのようなモチーフが付いているものもありますよ。

スカーフでカバンをアレンジする方法は、こちらでも紹介しています。

 

他にも、ウエストベルトとして活用する方法やブレスレットにする方法もあります。

出典:楽天市場

細く折りたたんで腰に巻いたスカーフをひと結びやリボン結びにするだけで、いつものコーデの雰囲気を変えてくれる便利なアイテムです。

 

 

男性でも似合うスカーフの使い方を知りたい方はこちらの記事もおすすめです。

ストールとスカーフを使い分けてオシャレになろう

今回はストールとスカーフの違い、そして活用法方について紹介しました。

スカーフは、いつものコーデに一枚取り入れるだけでファッションの雰囲気をガラリと変えてくれます。また、ストールはファッションとしてはもちろん防寒としても役に立つアイテム。肌寒い季節には一枚持っておくと、肩に掛けたりひざ掛けにしたりと便利に使えます。

寒い冬から暖かい季節まで、スカーフとストールをうまくファッションに取り入れてみましょう。自分のお気に入りの一枚を見つける参考にしてください。