異動する人へのプレゼントは必要?予算相場や相手別におすすめを紹介

会社員として働いていると、部署や支店間での異動は避けられません。自分自身はもちろん、上司や同僚の異動の場面に立ち会うこともあるでしょう。

異動する方がお世話になった相手であれば、感謝の気持ちを込めてプレゼントを贈りたいですよね。そんな時に「一般的にプレゼントは贈るものなのか」「一体どんなものがいいのか」と迷っていませんか?

今回は、異動する方に贈るプレゼントについて、ご紹介します。

異動する方へのプレゼントは必要?

そもそも異動する方へのプレゼントは必要なのか気になっていませんか?結論から言えば、プレゼントはあった方が良いでしょう。

一般的に異動する方や退社する方に贈る「お別れの金品やはなむけ」は「お餞別」と呼びます。

あなたも、これまでにお餞別をいただいたことはないでしょうか?お餞別には、これまでお世話になった感謝の気持ちやこれからもお元気でといった激励のメッセージが込められています。異動するのが関わりのある方であれば、ぜひ贈りましょう。

せっかく贈る物ですから、お餞別の意味をしっかり理解して相手に喜ばれるような物を選んでくださいね。

 

異動する方へのプレゼントの予算相場は?

プレゼントの予算相場は、連名で贈る場合と個人で贈る場合で違ってきます。

目安の金額をご紹介しますので、参考にしてください。

【連名で贈る場合】

  • 1人当たり1,000円~3,000円程度

【個人で贈る場合】

  • 同僚へのプレゼント 3,000円~5,000円程度
  • 上司へのプレゼント 5,000円~8,000円程度

だいたいの相場は上記程度です。厳密にいくら位という決まりはありませんが、あまり高額だと贈った相手にかえって気を使わせてしまうことにもなりかねません。受け取りやすい金額におさめるのが良いでしょう。

出典:Flowershop Avail

また、プレゼントの他に花束を贈る場合もあります。連名で贈る場合は集めた金額で花束も用意するのか、花束は別にするのかなども予め決めておくとスムーズです。花束は意外と金額がかかるので、予算配分には十分注意しましょう。

異動時に渡すプレゼントの選び方

さっそくプレゼントを選んでいきましょう。

まずは、選ぶ際に気を付けるべきポイントについて紹介します。

異動時に渡すプレゼントの選び方覚えておくと助かるマナーも合わせてご説明しましょう。

上司に個人で現金を贈るのはNG

好みに合わない品物を贈ると迷惑では?と思い、現金をお餞別にしようと考える方も多いでしょう。

しかし、ここで注意が必要なのは贈る相手が誰かという点です。一般的に目上の人に個人名で現金を包むのは失礼とされています。現金を贈りたい場合は、同僚と一緒に連名で包んだり、商品券やギフト券にするなど、ひと工夫が必要です。

かさばらない物にする

プレゼントにするものは、大きすぎないかさばらないサイズのものがおすすめです。

基本的にプレゼントを渡す日は最終出勤日である場合が多いはず。私物を持ち帰ったり、他の人からもプレゼントを貰ったりと荷物が多くなることが予想されます。

ここで大きな物をプレゼントしてしまうと非常に負担になりかねませんので、持ち運びしやすいサイズの物を選ぶのが良いでしょう。

相手の好みに合わせたものを選ぶ

当たり前のことですが、贈る相手の好みがわかるようであれば、可能な限り好みに合った物を選びましょう。相手にも、より喜んでもらえます。

例えば「ハンカチ」を贈るにしても、好きなブランド、カラー、素材など選択肢はたくさんあります。そういった多くの選択肢の中からより相手の好みに合ったものを選べるように、ある程度のリサーチもしておくと良いでしょう。

好きなスポーツチームがある方なら、チームカラーに合わせるのもオススメです。

上司に贈る衣類・服飾小物は要注意

出典:楽天市場

一見、喜ばれそうな衣類や服飾小物関係ですが、実は目上の人に贈ると失礼になるものがあります。

例えば肌着や靴下。日常使いできて便利なものですが「服の下に着ける物」「足で踏みつける物」として相手を下に見ているという意味合いがあると言われています。また、ベルトは「気を引き締めなさい」という意味合いがあります。

このように、贈る物自体に意味があることもあります。特に年配の方は気にしやすいため注意が必要です。

男性が異動する時のおすすめプレゼント3選

実際にどのようなギフトがよいのかおすすめをご紹介していきます。まずは男性が異動する時におすすめのプレゼントです。

ボールペン・万年筆

異動祝いには、仕事でもすぐに使えるボールペンや万年筆が喜ばれます。普段、自分ではなかなか購入しないブランドなど、少し高級感のあるものを選ぶと良いでしょう。特別感のあるプレゼントになります。物によっては、印鑑がついたものや名入れができるものもあります。日数を確認しながら、相手の用途に合ったものを選ぶとよいでしょう。

ブランドネクタイ

出典:楽天市場

スーツで出勤される方であれば、基本的に毎日ネクタイを着用しています。通常の業務時、取引先との打ち合わせ、会食など様々な場面で活躍するネクタイは何本あっても困らないものでしょう。異動のお祝いとしてなら、おしゃれなブランドのネクタイがおすすめです。

例えば、男性に人気のポールスミスやアルマーニなどのブランドなら1本10,000~13,000円程度で購入できます。複数人で共同購入する場合なら価格的にもちょうどよいプレゼントです。

お酒

「祝杯」という言葉があるように、「お酒」のプレゼントは縁起がよいとされています。異動という門出を迎えた男性にはぴったりですので、相手がお酒好きであるならぜひおすすめしたいプレゼントです。

お酒の種類は特に指定はありません。ビール、ワイン、日本酒、焼酎など相手の好みに合わせて選びましょう。10,000円前後の予算を見込んでおけばそれなりに良いお酒が購入できますが、予算が足りないという場合にはミニボトルという選択肢もありますよ。

created by Rinker
サントリー
¥26,000 (2021/12/07 10:34:48時点 Amazon調べ-詳細)

女性が異動する時のおすすめプレゼント3選

続いて女性が移動する時におすすめのプレゼントをご紹介します。

リラックスグッズ

出典:キッチン用品・雑貨のハウスかねき

会社でバリバリ仕事をこなす女性にこそ、自宅でホッと一息つけるようなリラックスグッズを贈ってみてはいかがでしょうか?

例えば「バスギフト」「アロマグッズ」「マッサージグッズ」など。最近は見た目も可愛らしく、カラフルな商品がたくさんありますので見映えもよくおすすめです。

また、価格も低価格のものからちょっと高級なものまで幅広く品揃えがあります。単独のプレゼントでも共同購入にも対応しやすいのもポイントです。

【ギフトボックス&ギフト袋付き】ナチュラシック バス&ハンドケア ギフトキットa(オーガニックアロマバスソルトFY 250g&ナチュラルアロマハンドソープNB 250mL)[天然由来成分100%]
NATURASSIC(ナチュラシック)

ポーチ

出典:Amazon

女性ならではのプレゼントとも言えるのがポーチです。女性の鞄の中には化粧品や小物、時にはお菓子を入れるために必ずと言っていいほどポーチが入っています。様々なシーンで活躍するポーチは何個あっても嬉しいものです。

オフィスでも使いやすいように、ブランドのものや上品なデザインを選ぶと良いでしょう。

ハンカチ

出典:Yahoo!Japanショッピング

実はハンカチも「手切れ」「別れ」をイメージさせるものとして贈り物にはふさわしくないとされてきました。

しかし、最近ではそこまでこだわる人は少なくなっています。年配の方や上司に贈る物としては避けた方がよいものですが、同僚に贈るものとしては手頃でかさ張らず非常におすすめです。貰う側も気後れせず貰いやすいものと言えるでしょう。

予算によっては複数枚の詰め合わせにするのもありです。

上司が異動する時のおすすめプレゼント3選

上司が異動する時におすすめのプレゼントをご紹介します。

名刺入れ


出典:井澤屋

ビジネスの場に欠かせない名刺入れ。仕事のできるビジネスマンほど小物にまで気を配ります。

お世話になった上司に贈るにあたっては上質なレザー素材のものなど、シックで長く使えるものを選んでみてはいかがでしょうか。緊張する商談の場でもふと目に入り緊張をほぐしてくれるような贈り物になるはずです。

フォトフレーム

出典:Amazon

長く一緒に働いてきた上司とは数多くの思い出があることでしょう。そんな思い出の写真や家族の写真を飾ってもらえるフォトフレームは上司に贈るプレゼントの定番です。送別会などで集合写真をとっていっしょに渡すのもいいでしょう。

created by Rinker
ラドンナ
¥2,381 (2021/12/07 10:34:50時点 Amazon調べ-詳細)

お取り寄せスイーツ

ちょっと意外なプレゼントがお取り寄せスイーツです。最近ではスイーツ男子などの言葉も流行し、甘いものが好きなのは女性だけではありません。ご家族みんなで食べてもらえるようなものを贈るのもいいのではないでしょうか。

また、お取り寄せスイーツの届け先をあらかじめ上司の自宅にしておけば、持ち帰りにかさ張ることも、保冷剤などの心配も不要です。

異動する方へのプレゼントに添えるメッセージの書き方は?


プレゼントにはこれまでの感謝の気持ちを込めてメッセージを添えたいという方もいるでしょう。

いざメッセージを書こうとすると、どんな事を書けばいいだろうと悩んでしまいますよね。

続いては、プレゼントに添えるメッセージの書き方をご紹介します。

 

メッセージは構成で考えると書きやすい

メッセージの構成は大きく分けると3つに分けることができます。

  1. 冒頭の挨拶
  2. お世話になったエピソードや印象に残っていること
  3. 締めの挨拶

このようにイメージすると非常に書きやすくなりますよ。それでは、具体的にどのような事なのかご説明していきます。

1.冒頭の挨拶

まずは冒頭の挨拶です。冒頭の挨拶と言うとなんだか堅苦しく見えますが、実際は難しいものではありません。

  • 〇〇部長、このたびはご栄転おめでとうございます。
  • 〇〇課長、昇進のお話し伺いました。おめでとうございます。
  • 〇〇さん、これまで大変お世話になりました。

このようなイメージです。今回の異動にあたっての挨拶を簡単に述べましょう。

2.お世話になったエピソードや印象に残っていること

ここでは、その通りこれまでいっしょに仕事をしてきたエピソードなどを書きます。具体的なエピソードがあるほど貰った方も「そういえば、こんな事があったなあ」とあなたとの思い出を振り返ることができるでしょう。

仕事に限らずプライベートでも親しくしている方には、共通の趣味にまつわるエピソードでもよいでしょう。

3.締めの挨拶

最後は締めの挨拶です。冒頭の挨拶同様、ある程度の定番がありますので参考にしながら書いてみましょう。

  • お体に気をつけて、新しい職場でも更なるご活躍をお祈り申し上げます。
  • 働く場所が変わっても今後とも宜しくお願い致します。ありがとうございました。

このように構成のポイントを押さえてしまえば、あとは自分なりにアレンジするだけです。

心のこもった手書きのメッセージは、やっぱり特別な嬉しさがあります。普段なかなか伝えられない気持ちをぜひメッセージにしてみてはいかがでしょうか。

異動する方には素敵なプレゼントで感謝を伝えよう

今回は異動する方に贈るプレゼントについてご紹介しました。異動する方に、気持ちよく次の職場に移ってもらえるように、プレゼント選びにも気を遣うかもしれません。

今回ご紹介したおすすめプレゼントやマナーなどを参考にしながら、喜んでもらえるプレゼントを選んでみてください。