ビニールレザーの手入れ方法と長持ちさせるための注意点

一般的に、天然皮革よりも安価で扱いやすいビニールレザーは、ソファや車のシート、カバンや靴や財布など、多岐にわたって活用されています。

今回は、そんなビニールレザーの特徴と日々のお手入れについてご紹介します。

 

ビニールレザーの種類

ビニールレザーとは人工的に作られた皮素材のことで、大きく分けてPUレザーとPVCレザーの2種類があります。

PUレザー(合成皮革、人工皮革)

PUレザーは、基布の表面にポリウレタン樹脂を使用して作られたものです。

織物などを基布として作られたものを合成皮革、不燃布を基布として作られたものを人工皮革と呼ばれます。

 

PVCレザー(塩ビレザー)

PVCレザーは塩化ビニール樹脂を使用したものです。基布の表面に塩化ビニール樹脂を塗布して作られます。

 

ビニールレザーを手入れする前に準備するもの

ビニールレザーの普段のお手入れは乾拭きや水拭きなどが基本になるので、乾いた柔らかい布は用意しておきましょう。

また、靴の場合は靴ブラシや靴クリーナーなど、そのアイテムに応じて必要なものを用意しておきます。

created by Rinker
columbus(コロンブス)
¥550 (2022/05/19 18:19:49時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
アイフィット
¥749 (2022/05/19 09:15:20時点 Amazon調べ-詳細)

ビニールレザーの手入れ方法

普段のお手入れ

ソファなど身体が触れるものは、汗や皮脂などが付着することで汚れが溜まりやすくなります。日頃からこまめに乾拭きをするのが一番のお手入れです。

ゴミやほこりや軽い汚れなど、乾いた柔らかい布で乾拭きをして拭き取りましょう。

靴の場合は、靴ブラシでホコリを落とし、固く絞った柔らかい布で軽く水拭きします。

飲み物など液体をこぼしてしまったら

液体がついたことに気がついたら、すぐに布やテッシュで拭き取りましょう。その後、ぬるま湯で濡らしてしっかりと絞った布で水拭きをします。最後に乾いた布で乾拭きをしてしっかりと乾燥させましょう。

ビニールレザーは液体が染み込みにくい素材ですが、時間が経つとシミの原因になります。気が付いたらすぐに対処することが大切です。

それでも汚れが落ちない時

中性洗剤をぬるま湯で薄めたもので水拭きをします。その後、洗剤が残らないように必ず水拭きをしてください。更に乾いた布で乾拭きをしてしっかりと乾燥させます。

洗剤が残ったままだと変色や劣化の原因となりますので、洗剤を使ったあとは必ず水拭きを行ってください。

 

ビニールレザーを長く使う為に注意すること

ビニールレザーを少しでも長く愛用するために、日頃から注意しておくことがいくつかあります。

 

  • 直射日光には当てないこと
  • ストーブやエアコンの風が直接当たらないようにする
  • カバーやシートをかける

 

ビニールレザーは紫外線や熱に弱いため、直射日光の当たる場所は避けましょう。また、ストーブやエアコンなどの熱風も劣化の原因となりうるので、直接当たらないように気をつけましょう。

表面が傷んできたらカバーやシートをかけるなどして、それ以上痛みがひどくならない様にする工夫も必要です。

 

ビニールレザーを定期的に手入れして長く使おう

ビニールレザーは天然皮革に比べて安価な反面、経年劣化もしやすい素材です。

そのため長く愛用するためには、日頃から乾拭きなど定期的にお手入れをしていくことが大切です。

日々のお手入れでビニールレザーを長く使っていきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください