財布についてしまうカード跡は防ぐ事ができる!原因と対策を解説

お金やクレジットカードをしまっておく財布。

クーポンや会員カードなどもあっていつもお財布はパンパン!なんて方も多いのではないでしょうか。

そんな時、ふと気づいたらお気に入りの財布にカードの跡がついてしまっていた事ありませんか?革の財布を持っている方なら一度は経験していると思います。

今回はそんな「財布にカードの跡」がついてしまった時の対処法を、革財布にフォーカスを当ててご紹介していきたいと思います。

財布にカード跡が残ってしまう原因

 

まずなぜカードの跡がついてしまうのか?という原因から解決していきましょう。

そこには2つの原因が考えられます。

原因1 新品の革財布なのに、たくさん入れてしまった

 

多分一番多い原因だと思います。

以前の財布から新しい財布に買い替えをすると、まずする事は財布の中身のお引越しです。デザインや容量が違う財布から移し替えた時に、ついついいつもの感覚で新品の財布に入れてしまうものです

しかし、これはNGなんです!

新品の革財布はまだ革自体が硬く、伸びがありません。そんな状態でいつものように使用したり、たくさんの物を入れてしまうと、革の硬さで財布自体を圧迫してしまうのです。

それが原因でカードなどの型がしっかりとついてしまいます。

原因2 水分に弱い革財布なのに、お手入れをしなかった

 

革製品は想像以上に水分に弱い物です

しかし、毎日はお手入れが出来ないし、別に濡らしたわけじゃないから。とついお手入れをサボってしまいます。

ですが、やはりお気に入りの財布を長く愛用する為にはお手入れが必要なのです。

また、男性でパンツの後ろポケットに財布を入れている方もいると思いますが、長時間人間の体温や蒸気を浴びたその財布も、見た目では分からないほど水分を貰っています

姿勢によっては圧迫もされるので、カードなどの跡も付きやすい状況になってしまっているという事です。

財布にカード跡が残らない為の予防方法

では、その原因を踏まえて今からできる予防方法や、対処法をご紹介していきたいと思います。

カードを入れすぎない

 

まずは、新品の財布にカードを入れすぎない事です

前の財布からの移行時に整理をしたと思いますが、今一度使っていない会員カードやクーポンを見直してみてください。意外と要らないものが多いのも財布です。

もしもどうしても減らせない場合は、カードケースやコインケースを買ってみるのも良いのではないでしょうか。

カードケースはブランドに拘らなければ安く手に入りますし、小銭だけでも無くすとかなりスッキリすると思います。

財布の革が慣れてきた頃や、少し伸びてきたタイミングで少し増やしていくのも良いと思います。

財布をバックポケットに入れない

 

こちらは男性が主になりますが、財布をパンツのバックポケットに入れないようにしましょう

鞄を持ち歩く習慣がない方はすぐには厳しいかもしれませんが、防犯面でも財布は鞄に入れて持ち歩くことをオススメします

鞄を持ち歩かない方にオススメのバッグも少しご紹介しておきますので、参考にしてください!

今流行りのサコッシュならスタイリッシュに持ち運べる!

 

最近流行っているサコッシュです

コンパクトな上に販売しているブランドが多いので、お気に入りの1つが見つかりやすいと思います!

レザーサコッシュのおすすめはこちらから。

ショルダーバッグorウエストポーチ

 

男性で持っている方も多いと思います。収納力もあり、革製品も多いので年齢問わず使えるのではないでしょうか。

また、ウエストポーチも一昔前の腰に巻く使い方ではなく、それをあえて肩に掛けたり、たすき掛けのようにして持ち運ぶスタイルも流行っているので、試す価値はあると思います!

デザインの幅もあるので簡単にオシャレが出来るのも嬉しいところです。

ショルダーバッグのおすすめはこちら。

こまめなお手入れをする

革製品を使う時はやはりこまめなお手入れが必要になってきます

靴ほどしっかりメンテナンスをする必要はないので、革用のクリームを使ったお手入れをするとより長持ちをさせる事が出来ます。

簡単に手順を紹介します。

  1. 財布の中身を事前に全部出して、余計な湿気を乾燥させます。
  2. 乾燥後、クリームを塗布していきます。

 

このように適量手に取ったクリームを財布に塗布して、満遍なく塗り広げるだけで簡単にお手入れができます。

たったこれだけで大事な革財布が綺麗な状態を保つ事ができますので、是非お試しください!

created by Rinker
M.MOWBRAY(M.モゥブレィ)
¥1,100 (2021/12/06 18:20:16時点 Amazon調べ-詳細)

財布にカード跡が残らないように注意しよう

今回は財布についたカードの跡の予防策と対策をいくつかご紹介しました。

大切なお金をしまうのもだからこそ、大事にしていきたいものです。紹介した方法は簡単に改善ができ、効果も期待できるものだったと思います。

是非試してみてください。