財布の掃除をしよう!お掃除方法とすぐできるコツを紹介

日常的に触るものだからこそ、財布はキレイに、清潔に保ちたいですよね。財布は日々の生活の中でどんどん汚れてしまいます。落ちないと諦めてしまった汚れ、ありませんか。

今回は、財布の掃除方法を紹介します。

※財布の素材によってはシミなどの原因になってしまう恐れがあるので、必ず目立たない部分でテストしてから行ってください。

財布の掃除をする前に汚れの種類を確認

財布の汚れの種類は様々。代表的なものとしては、手垢の蓄積などによる黒ずみ、汗や雨などの水分によるシミ、湿気によるカビの発生、インクの付着などのうっかり汚れです。当てはまった汚れはありましたか。

汚れの種類によって、掃除方法も様々です。

財布の黒ずみの掃除方法

手垢の蓄積による黒ずみ汚れ。手垢の主な成分は油分なので、黒ずみには中性洗剤が効果的です。中性洗剤を薄めた水で柔らかい布を濡らし、固く絞ったら、優しく財布をふき取りましょう。表面に洗剤が残らないように最後に水拭きしましょう。

 

財布のシミの掃除方法

シミは水分が原因で起こります。シミだけを取り除くことは難しいので、シミの境目を目立たなくさせるお手入れを行います。

①固く絞った柔らかい布で全体を湿らせる

②シミを周りの色と馴染ませるイメージで、擦らずに優しく叩くようにする

水以外の液体(コーヒーやジュースなど)で出来てしまった場合のシミは、ぬるま湯で濡らした布を絞り、シミ部分を押すように叩きます。何度か繰り返してシミが薄くなったら、水シミと同じように境目を目立たなくさせるお手入れをしましょう。

 

財布のカビの掃除方法

カビには消毒用エタノールが効果的です。すでに出来てしまったカビの他に、新たなカビの発生を抑える効果もあります。ただし、色落ちしやすいので注意が必要です。

①乾いた柔らかい布に消毒用エタノールを含ませる

②カビを拭き取る

拭き取りでは落とせない深い黒カビは、自分で落とすことは難しいので、どうしても落としたい時はプロに頼みましょう。

 

財布についたインク類の掃除方法

 

インク汚れは、消しゴムで落とすことが出来ます。消しゴムが鉛筆などで汚れていると色が移ってしまうことがあるので、キレイな面を使いましょう。

①財布を乾いた状態にする

②消しゴムで優しく汚れ部分を擦る

頑固な汚れになる前なら、固く絞った布で表面を拭いてあげるだけで十分キレイになりますよ。

 

財布を定期的に掃除しよう

定期的に財布の掃除をすれば、日常的な汚れの蓄積を防ぐことが出来ます。革製品は、最後に必ず乾燥させましょう。クリームや防水スプレーなどの使用も汚れ予防に効果的です。