財布を長持ちさせる方法とは?ポイントとオススメブランドを紹介

ボロボロの財布は見た目の印象もよくない上に、金運的にも問題があると言われています。財布を長くきれいに使いこなし、見た目も金運も上々といきたいところです。

そこで、今回は財布を長持ちさせるポイントや方法、おすすめブランドについてご紹介します。

財布がボロボロになる理由!長持ちしないのには訳がある

「なぜ財布がボロボロになるのか」ポイントがありますので、ひとつずつ確認していきましょう。

ズボンのポケットに入れている

出展:Creema

男性はバッグを持たずにヒップポケットに財布を入れる人が多いですね。

ただ、収納場所としてはあまり良くない場所で、型崩れや傷が付きやすいため財布にダメージを与えてしまいます。落としやすい・スリに合いやすいなどのデメリットも。

財布以外にスマホやワイヤレスイヤホンといった小物もありますし、やはりバッグを利用する方が良いでしょう。

ヒップポケットから出し入れする際の摩擦や着席時の圧力もなくなり、劣化スピードを抑えることができます

財布の素材が悪い

革質の悪いものや、縫製が不十分なものなどは、使っているうちにすぐボロボロになってきます。これらは価格の安い財布にありがちです。

人気ブランドであればそのブランド自体の価値で値段が上がることがありますが、品質が悪いものはまれです。

コストと品質はほぼ比例しており、良い素材を使えば価格も上がります。もし良質な革でしたら、縫製が不十分でも修理業者に依頼すれば解決します。

扱いが雑

財布の素材は悪くないものの使い方が悪いという場合です。

財布は使用頻度も高く、人によっては毎日持ち歩いていて、出したりしまったりするもの。どうしても財布に負荷がかかってしまいボロボロになりがちです。

小銭やカードで膨らんだ財布も劣化が早いです。パンパンな状態にならないようキャッシュレス化するとスッキリできますよ。

注意点として、カード払いオンリーだと現金が必要になった時困りますので、時々財布の中身を確認してお札と小銭をチェックしてみてください。

つまり、財布を長持ちさせようと思ったら、いい素材の財布を選ぶことと、使い方や使った後のメンテナンスに気をつけることが重要になるのです。

財布を長持ちさせるのにはコツがある!長持ちさせるポイント6選

出典:Amazon

財布を長持ちさせるにはコツがあります。いい素材の革財布を選ぶのが理想ですが、値段もその分張りますので、ここではこれ以外の長持ちさせるポイントについてご紹介します。

財布は長財布が理想

出典:LOHACO

長財布をおススメする理由はいくつかありますが、二つ折りの財布と比較して財布にかかる負荷が少ないことが挙げられます。

二つ折りの財布は、ポンと棚に投げて置いたりなど雑に扱うことができますが、長財布だとそのような使い方は減るでしょう。

財布を持ち歩く頻度も減る分、二つ折りよりも財布に係る負荷が少ないと言えます。

また、長財布はお金を折ることもなくお金にとっても居心地がいいので、金運的にも長財布が理想だという説もあります。お金は居心地の悪いところにはやってこないというわけです。

ヒップポケットに入れない

財布をポケットに入れていて、満員電車の中で他人とぶつかり合ったりなどすれば、当然財布に負荷がかかり、財布が傷つきやすくなっていきます。

前述の通りヒップポケットに入れると、座るだけでも革の痛みの原因となります。着席時のバランスが悪くなり体のゆがみを引き起こすリスクも増えます。

出来ることなら、財布はいつでもバッグの中に持ち歩いてることが好ましいです。メンズ向きですが、薄い財布ならジャケットの内ポケットに入れても膨らみません。

カードや小銭は別にする

出典:Creema

財布を長持ちさせたいなら、財布と小銭入れ、カードケースは使い分ける方が好ましいです。これらを使い分けることで、財布が膨らむのを回避できますし、見た目もスマートです。

ただし、面倒で使い勝手がよいとは言えません。3つ持つのは非効率であるという方には、お札とカードは長財布、小銭は小銭入れにするという方法があります。

同じく、財布が膨らむのを避けるという意味では、レシートや領収書など余計なものを財布に入れないようにしましょう。

日々のお手入れをこまめに

出展:楽天市場

革の財布を長持ちさせるには、日々お手入れをすることが重要になります。財布は常に綺麗な手で触っているとは限りません。

メンテナンスをしないと、細かい汚れや脂、ほこりなどが付着したままということになります。

天然素材の柔らかい布や山羊の起毛ブラシなどを用いて、表面の汚れやほこりを優しく払い落とすだけでも、確実に長持ちさせることにつながります。

革財布はレザー用のクリームを

出展:Amazon

革財布の場合は、レザー用のクリームを定期的に塗ることにより、革の繊維がリフレッシュし、艶などがよみがえってきます。

まずクリーナーで古い油分や汚れを拭き取ってから、新しい革用クリームを塗ることで光沢が出てきます。

1か月に1回または革が乾燥してきた時は、このように汚れをとってから財布にクリームを塗って新しい栄養を与えてください

created by Rinker
Collonil(コロニル)
¥2,280 (2021/12/06 22:39:18時点 Amazon調べ-詳細)

なお、クリーナーやクリームは必ず自分の財布の素材を確認し、それに合うものを用いるようにしましょう。保革クリームの代用品についての記事はこちらから。

そもそも長持ちする財布を選ぼう!おすすめブランド5選

1.Paul Smith(ポールスミス)

出展:Amazon

Paul Smith(ポールスミス)は、イギリス発祥のブランドで、大胆なカラーリングと個性的なデザインが大きな特徴です。

虹の様なカラフルなストライプを全面にあしらったものから、大人の魅力を感じさせるシックなものまで、様々なアイテムが用意されています。

また、デザインだけでなく、素材や生地も質を追究し、使い勝手と高級感を損なわないようになっていて、ビジネスでもカジュアルでも使える、センスあるアイテムが多い点も魅力です。

価格帯も2万円~4万円くらいとなっており、お手頃感があるのもグッドです。

2.Salvatore Ferragamo(サルバトーレ・フェラガモ)

出展:Yahoo!JAPANショッピング

Salvatore Ferragamo(サルバトーレ・フェラガモ)はイタリア発祥のブランドで、「スター御用達の靴屋」として有名です。

デザインの種類はあまり多くないですが、落ち着いた印象のデザインは、ビジネスマンに定評があります。

レザー素材の耐久性がある一方、「高級ブランド」といういやらしい印象は与えず、男性へのプレゼントにも喜んでもらえるアイテムです。

created by Rinker
SALVATORE FERRAGAMO
¥75,240 (2021/12/07 13:19:46時点 Amazon調べ-詳細)

3.GUCCI(グッチ)

出展:Yahoo!JAPANショッピング

GUCCI(グッチ)も、イタリアで誕生した知る人ぞ知る超有名ブランドです。GUCCIのGを2つ(片方は反転)並べたGGマークが高級感を感じさせます。

高価格帯の商品が多く、財布の場合は二つ折りなら5万円以上、長財布なら10万円程度の予算が必要です。

高級な素材で、耐久性や機能性の良さは言うに及ばず。資金に余裕がある人は一生モノとして購入してみるのもよいでしょう。

4.Armani(アルマーニ)

出展:Amazon

アルマーニは、イタリアで創立されたファッションブランドです。アルマーニといえば、スーツと答える男性サラリーマンも多いと思います。

財布のアルマーニは、シンプルなデザインで大人らしさを感じさせる作りになっています。

ブランドの知名度は高い一方、価格自体は手頃となっているので、高級ブランドの財布を持ちたいという人にはお勧めです。

created by Rinker
EMPORIO ARMANI(エンポリオアルマーニ)
¥10,800 (2021/12/07 13:19:48時点 Amazon調べ-詳細)

5.Cocomeister(ココマイスター)

出典:ココマイスター

Cocomeister(ココマイスター)は、創業からそれほど経っていないブランドですが、欧州伝統の最高級皮革を日本の伝統職人が手作業で縫製している極上の革製品だけあって、革マニアからの評価も高く、耐久力の優れた製品が多いのが特徴です。

価格も3万円前後から購入可能で、革好きはぜひ購入しておきたい一品です。

ココマイスター
¥45,000

お気に入りの財布を長く使おう

出展:ポルコロッソ

財布を長く使うポイント、おススメのブランドについて紹介しました。

財布を長持ちさせるためには、その財布の特徴をよく知り、適切なお手入れを行うことが大切です。財布を綺麗に使って、見た目も金運もUPさせていきましょう。