[白い革]バッグや財布の汚れは落ちるの?汚れの種類と手入れ方法をご紹介!

白い革のバッグや財布は、神秘的で素敵ですよね。

しかし、白は「汚れが目立つ色」でもあります。

せっかくキレイな白い革も、使っていくうちに、黒ずみなどによって魅力が損なわれがちに。

では、白い革のバッグや財布をキレイに保つには、どのような方法があるのでしょうか?

今回は、白い革の汚れに合った手入れ方法について、汚れの種類別にご紹介します。

これから白いバッグや財布を買う予定の方も、必見です。

 

【白い革】汚れ別の落とし方

早速、汚れの落とし方を確認しましょう。

ある程度の汚れは自分で落とせるので、定期的に汚れのチェックをして白さをキープできます。

では、汚れの種類ごとに、キレイにする方法を5つご紹介します。

 

1.黒ずみ汚れの落とし方

出展:Creema

黒ずみは、白い革にとって印象を大きく左右するものと言えます。

バッグや財布は、手に触れる機会が多い分、黒ずみ汚れが目立ちやすいです。

なぜ黒ずみが付くのかというと、革の内部に手垢・油分・埃などの蓄積が原因とされています。

使用するうちに革表面のワックスが落ちて、保護力が落ちることも関わっているのです。

また、革の汚れを落とすには、汚れを拭き取る布選びもポイント。

革用の布は”クロス”と呼ばれ、汚れ落とし・クリームを伸ばす・磨き上げなど用途が広いです。

その中で、汚れ落とし専用とされているのが「リムーバークロス」。

出展:amazon

目が粗めの生地になっています。見た目も触り心地も、ザラっとしているのが特徴です。

この粗さが、革の表面の汚れをひっかいて取りやすくしてくれます。

粗いとはいえ、革を傷つけるほどではないのでご安心ください。

付いたばかりの汚れなら、水気を硬く絞った清潔なクロスで、拭きあげるだけでもキレイになります

作業後は風通しの良い日陰で乾かし、革がカサついているようなら、薄く保革クリームを塗りましょう。

リムーバークロスを持っていない方は、使い古したTシャツでも代用可能です。

注意点として、革製品は水に弱い点が挙げられます。

水が革にしみ込んでしまうと、シミや色ムラになる原因になるため、水拭きだけとはいえサッと済ませましょう。

 

2.黄ばみ汚れの落とし方

黄ばみ汚れが出てくるのは、手から移った汗に含まれる皮脂が原因です。

汗は無色で目に見えませんが、皮脂が酸化すると黄色くなって汚れとして現れます。

注意したいのが、黄ばみ汚れは「脂溶性」であるということです。

脂溶性の汚れは水に溶けにくいため、水拭きだけでは落ちません

汗が革の内部まで浸透していなければ、皮革専用のクリーナーで落とすことができます。

ここでは、汚れ落としで定評のある、ステインリムーバーを使った落とし方をご説明します。

 

準備するもの
  • 馬毛ブラシ
  • ステインリムーバー(クリーナー)
  • 保革クリーム
  • 防水スプレー
  • クロス(布)を数枚

防水スプレーは、水汚れ以外に、手垢・ホコリなども付着しにくくする効果があります

必須ではありませんが、するとしないとでは大きく差が出ますので、使用をおすすめします。

 

白い革の黄ばみ汚れを落とす手順

出展:Amazon

手入れの前に、革製品の中身をすべて取り出しておきましょう。

  1. 馬毛ブラシで、丁寧にブラッシングします。
  2. 水につけたクロスを固く絞り、そこへステインリムーバーを少量付けて、黄ばみ部分を優しく拭きます。
  3. 汚れが取れたら、表面が乾くまで少し待ちます。
  4. 少量の保革クリームをクロスに取り、ムラなく塗り広げてください。
  5. 清潔なクロスで乾拭きして、防水スプレーを30㎝離れたところから噴霧します。
  6. 通気性の良い日陰に置いておき、乾いたら完了です。

汚れと共に革の油分も少し取れるので、栄養クリームも必要になります。

栄養クリームを塗りすぎるとカビの原因になるので、べたつかないよう、少しずつ様子を見ながら行いましょう。

 

3.インク汚れの落とし方

出展:HIRAMEKI.

レシートのインク、バッグに入れておいたボールペンなど、インク汚れも白い革につきやすいものです。

何のインクかにもよりますが、ボールペンのインクであれば、革用の消しゴムを使用すれば、キレイに落ちることがあります。

場所を取らないコンパクトな消しゴムは、バッグの中に常備しても邪魔にならず、安い物なら300円ちょっと(高くても1,000円以内)で買えます。

ただ、手軽に落とせる反面、摩擦で落とすので革にダメージを与えやすい方法です。

革靴用のツヤ出しスポンジも、同じような分類ですね(詳しく知りたい方は以下の記事から)。

そのため、手入れする時間がなかったり、汚れに気が付いたのが外出先だったりした時にのみ、限定的に使うことをおすすめします。

研磨剤が入っていると、力加減や、デリケートな革は傷になるので、気を付けてくださいね。

※革用には研磨剤が入っていないものが多いですが、ガンコ汚れ用に研磨剤が含まれている消しゴムもあります。

他には、保革クリームを使った方法もあります。

 

白い革のインク汚れ:保革クリームを使った落とし方

出展:Amazon

使用する道具は2つだけです。保革クリームとクロスを準備してください。

  1. インク部分にクリームが馴染むように、クロスで塗っていきます。
  2. 汚れが浮き出てくるまで、しばらく放置します。
  3. 清潔なクロスで、クリームを拭き取ったら完了です。

インクが革の奥まで入り込んでいなければ、保革クリームで落とすことができます。

汚れが落ちなければ、2~4を繰り返します。

コツは、力を入れずに拭くことです。強くこするとインク汚れが広がってしまうかもしれません。

少し多めにクリームを塗るので、拭き残しがないよう気をつけましょう。

また、インクの汚れは黒ずみになりやすいです。

 

白い革のインク汚れ:合成皮革の落とし方

合皮素材であれば、黒ずみになる前に、クレンジングクリームの使用がオススメですよ。

準備するものは、綿棒・クレンジングオイル(メイク落とし溶液)・オイルを入れる小さい容器・クロスです。

小さい容器は、ペットボトルのフタなどでも構いません。

  1. 容器にクレンジングオイルを入れ、綿棒に付けます。
  2. クレンジングオイルが付いた綿棒を、インク汚れに塗ります。
  3. クロスでインクを拭き取ります。汚れが落ちなければ、2~3を繰り返して完了です。

トラブルを防ぐために、まずは目立たない場所でテストしてください。

消毒用エタノールを使用する例もありますが、素材にダメージを与える可能性があるため、あまりオススメはできません

 

4.カビ汚れの落とし方

初期のカビなのか、全体に広がったカビなのか、状態によって対処法も異なります。

それぞれのカビを見つけたときの、手入れ方法を2つご説明します。

 

①水拭きする

出展:グリーンショップ

水に濡らした布をしっかりと絞って拭きあげることで、初期のカビを落とすことができます。

擦(こす)らず、拭き取る程度にすることがポイントです。

水拭きの後は、乾拭きで残った水分を拭き取り、風通しの良い日陰で乾かしてください。

乾かした時に、カビ臭さがなくなっていれば、お手入れ完了です。

 

②専用クリーナーで落とす

出展:amazon

水拭きで落ちなかったら、この方法です。

定期的なケアで、他の汚れと一緒にキレイにします。

汚れ落としから保革までしっかり行うので、革に栄養と油分が行き渡り、保護してくれますよ。

以上の方法を試しても自身で取りきれないカビは、奥深く根付いている可能性が高いです。

無理はせず、プロのクリーニングにお願いしましょう。

  • うさちゃんクリーニング 店舗数が多いので、利用しやすいです。
  • KOBA 取り扱いブランドが多く、見積もりが簡単で、郵送の依頼もできます。
  • 革水 ウイルス除去や独自のレザーサプリメントなど、アフターケアもバッチリです。

一部の業者ですが、クリーニングの参考になさってくださいね。

 

馬毛ブラシはカビを広げる?

出展:Ganzo

ブラッシングでも、初期のカビを落とすことができます。

しかし、カビの胞子が舞ってしまうため、人や物に悪い影響を与えるリスクがあるのです。

人が吸うと、気管支喘息や鼻炎になる可能性があり、物に付くと、湿度などの環境が整えばカビが生えてきます。

ネットで調べると、馬毛ブラシでカビを落とす方法が書かれていますが、なるべく避けた方がいいでしょう。

ベランダや庭でやるにしても、隣人の洗濯物に付くと、近所迷惑になってしまいます。

ブラッシングのタイミングは、水拭きまたは専用のクリーナーでカビを除去した後、仕上げとして使うなら問題ありません。

 

5.手垢汚れの落とし方

出展:Creema

手垢がひどくなると、黒ずみの原因になります。

インク汚れと同じく、付いて間もない汚れなら、保革クリームで落とすができます。

準備するものは、馬毛ブラシ・クロスを数枚・保革クリーム・防水スプレーです。

  1. 丁寧にブラッシングし、クロスに保革クリームを少量取って、手垢汚れの目立つ部分に塗り広げます。
  2. クリームが革に馴染むまで、風通しの良い日陰で、30分くらい寝かせます。
  3. 清潔なクロスで乾拭きし、皮革専用の防水スプレーを噴霧します。
  4. 30分放置し、乾拭きしたら完了です。

防水スプレーが乾くまでの時間は、早いもので20分くらい、長いものだと何時間か置く必要がありますので、注意書きを確認してください。

軽い汚れであれば、消しゴムで落とす方法もおすすめ。

防水スプレーは、革から30㎝以上離れた場所から、全体に噴霧しましょう

 

【白い革】基本の手入れ方法

出展:Rakuten

白い革の汚れは、たくさん種類がありますね。

では、白い革をキレイにするためには、どのようなお手入れが必要なのでしょうか。

「汚れたら洗えば良い」ではなく、「日々キレイを保つ」ことがとても重要になります。

準備するものは、革用消しゴム、デリケートクリーム、クロス(または清潔な布)を数枚です。

白い革を水たまりに落としたり、べったり汚れを付けてしまわない限り、保革クリームもクリーナーも出番はありません。

毎日の手入れは、ブラッシングや乾拭きだけで十分です。

逆に、手をかけ過ぎると革にダメージを与えてしいます。

出展:楽天市場

定期的な手入れをするタイミングは、先ほどお伝えした「目立つ汚れがあるとき」と、「革の乾燥がみられたとき」です。

カサカサしている・しっとり感がない・小さなヒビのようなものが増えてきたら、クリームを使った手入れを行いましょう。

  1. 汚れを消しゴムで落とします。(無理に擦ると革を傷めてしまうため、優しく。)
  2. クロスまたは清潔な布に、少しだけデリケートクリームをつけて、拭きあげます。
  3. 乾いた布で、ムラや拭き残しがないように、拭きあげます。
  4. 風通しの良い日陰で、しっかりと乾かしたら完了です。

汚れが目立ってから行うと、自身では取りきれない汚れとなってしまいます。

手間がかかっても、キレイな財布を保つために、ご紹介した手入れを行ってみてください。

 

【白い革】汚れをつけないための予防法

出展:C COMPANY

白い革は、清潔な印象を与えるので、できるだけキレイさを保ちたいですよね。

では、汚れをつけないために、気をつけるポイントをご紹介します。

 

①鞄の中に定位置をつくる

出展:Amazon

小物の白い革の場合、バッグに入れて持ち歩くだけでも、かなり汚れを防ぐことができます。

防犯面も考慮し、メイン収納にあるジッパーポケットを財布専用にするなど、決まったところに財布を収納しましょう。

他の物と擦れづらくなるので、汚れが付きにいだけでなく、四隅の色落ちやボロボロになるのも防げます。

定位置を決めるのは実用性もあって、探すことなくサッと取り出せるのも利点ですね。

収納が増えるバッグインバッグや、中身が見えるクリアポーチを使うと、一目で分かるので時短になります。

 

②直射日光を避ける

直射日光が当たると、革が傷むスピードが早まるので、白い革が黄ばむ原因になります。

このように、黄ばみの原因には「皮脂汚れ」の他に、「劣化(れっか)」も該当するのです。

皮脂汚れとの大きな違いは、クリーナーでは落ちないこと。

革自体がダメージを受けて変色しているので、新品と同じ色に戻すのはほぼ不可能です。

別の色に塗り直す方法がないこともないですが、白い革は染め方の特徴から、塗り直すのが困難な色とも言われています。

合皮なら、寿命が短いので思い切って買い替えるか、本革なら、専門の業者さんに相談してみましょう。

白だと黄ばみが目立って、革製品の味が損なわれ、見た目の印象が悪いです。

なるべく傷まないように、クリームを使った手入れや、保管場所に注意しましょう。

 

③防水スプレーを使用する

出展:Amazon

白い革の製品を購入したら、使い始める前に防水スプレーをかけましょう。

スプレーは近づけすぎず、ムラがないよう全体に吹きかけてください。

また、白い革の素材によって使い分けるものがあります。

  • スエードやヌバックなどの、起毛皮革。
  • クロコダイル(ワニ革)やパイソン(ヘビ革)などの、爬虫類皮革といったデリケートな革。

これらは、専用を使用しなければなりません。

手入れ後の仕上げに使用するにしても、素材に適しているかどうか確認しましょう。

こちらの記事では、防水スプレーの使い方や、ポイントなど詳しい内容がまとめてあります。

 

白い革の汚れを落としてキレイを取り戻そう!

出展:RyuRyumall

「白=汚れが目立つ色」で、なかなか手にしない方もいらっしゃるかと思います。

しかし、白は気品があって素敵な色ですし、金運がアップする縁起の良い色でもあります。

日々のお手入れや汚れの落とし方を知れば、お気に入りになること間違いなしですよ。

ぜひ、あなたも白いお財布を手にとってみてくださいね。