服の選び方とは?オススメの着こなし術とオススメアイテムをご紹介

新年会、デート、親戚の集まり、友人との外出etc…

様々なシーンであなたの着ている服(=ファッション)は人の目に触れます。すなわちファッションとはセンスの善し悪しを写す鏡となるわけです。

今回は“万人から評価されやすい”ファッションに絞り、具体例を交えてながらご紹介します。

服選びで失敗する3つのNGファッション

サイズ感が合っていない

最も多いのは、パンツやトップスの袖がダボダボな状態。

特にパンツは見る人にだらしない印象を与え、相手からファッションに疎い人といったイメージを与えやすいアイテムです。

例えばパンツをダボダボにするならトップスはタイトにまとめるなど、全体でバランスがどうかを検証しながら選ぶことも重要です。

ちょっとしたデザイン・柄が入っている

デザインや柄は見る人から「子供っぽい」印象を与えます。

中高生はデザイン入りを好んで着る傾向があるため、極力装飾を省いたアイテムを多く取り入れることが「大人っぽい」イメージ作りへの近道になります。

色の組み合わせが派手

色数が3色以上使われた組み合わせは見る人から「奇抜」と見なされるようです。

特に原色(発色の良い)を取り入れる時は要注意です。

1アイテムのみおしゃれのアクセントで取り入れるのは良いですが、2色以上原色を取り入れる事は避ける様にしましょう。

服選びで失敗しない基本の合わせ方

服選びで失敗しない様合わせる為には

  • サイズをあったものを着る
  • 極力柄の入ってないものを選ぶ
  • 2色までの色を使う事を意識する

この3点に気を付ける様にしましょう。

特にサイズ感は重要です。どんなに気に入ったデザインでもサイズが合わなければ台無しです。

サイズが合ったものがなければ少しお金がかかってもお直しをするなど細かい事に気を付けましょう。

服選びはシンプルが一番絶対に持っておいたほうがいいアイテム3選

ユニクロのカシミヤセーター

 

コスパ、素材共に最高◎です。色違いで何色か買う事もお薦めです。

 

タイトな白か黒のパンツ

 

足首にかけて締まったパンツを履くとかなりスタイルが良く見えます。

高級感のある革のスニーカー

 

スポーツブランドのスニーカーも良いですが、ブランドが分かりにくいシンプル革のスニーカーがあるとオシャレ度がグンと上がります。

 

服選びの基本を抑えてシンプルに着こなそう

こんな事でいいの?と思うかもしれませんがシンプルなものを上手く合わせる事が1番簡単にオシャレに見える近道です。

もちろん、派手な色が好きな方は全てを派手にするのではなく、足下だけや鞄だけなどワンポイントで取り入れる様にしましょう。